贈呈の類語で反対語は?

贈呈という言葉がありますが、この贈呈という言葉の類語の反対語は何?と気になっている人は多いのではないでしょうか。

 

贈呈という言葉の持つ意味合いと、類語の反対語について紹介します。

贈呈の意味は?

贈呈という言葉がありますがこの言葉の意味は、物を差し上げるという意味合いがあります。

 

贈り物を差し上げるというもので、よく似た類義語、反対語もあるのが大きな特徴です。

 

贈呈品は、贈り物、貰い物・到来物・弊物・賜物・いただきもの、他にもギフトという意味合いがあります。

 

こちらは、贈呈品の意味で少し異なるのです。

類語・反対語は何?

贈呈という言葉の類語・反対語ですが、どのようなものがあるのでしょうか。類語・反対語は何?ですが、進呈があります。

 

この進呈という言葉は、よく似た言葉です。こちらの言葉の意味ですが、どちらも微妙に異なってきます。

 

進呈は、粗品進呈といったあまり重たくない気持ちでの受け渡しに使われるのです。

 

贈呈は、金メダルの贈呈といった具合に形式のある重要なものの贈り物に使われています。

 

類語・反対語は何?と気になっている人も多いですが、このような意味があります。

 

反対語の類語である進呈は、目下から目上の人に贈るというものがあります。

 

贈呈は何かと言うと、逆に目上の人が目下の人に贈るものがあります。

類語と反対語に献上もあるの?

類語と反対語に献上もあるの?何?と気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

進呈も献上もどちらも物を贈る、差し上げるの意味合いがあります。

 

献上は、自分より上位の相手に物を差し上げるという意味があるのです。

 

たとえば、天皇陛下、皇族、総理大臣といったお偉いさんに向けて贈る時によく使われています。

 

謹呈というものがあります。

 

謹呈って何?という人も多いのではないでしょうか。

 

謹呈も類語と反対語の一つです。

 

どういう意味なの?というと、謹んで贈ることの意味です。

 

礼儀正しく、かしこまって贈るというもので、謹んで贈るというニュアンスもあります。

 

類語と反対語にいろいろな言葉があります。

 

どれも似ている類語と感じる人も多いでしょう。

 

微妙に異なってきます。

 

似たような意味合いのある言葉は多岐にわたります。

 

どれも似ているので、何が違うの?同じ?と感じる人も多いのではないでしょうか。

 

意味合いは、どれも違っているので知っておくことが大事です。

 

目下の人に使う言葉もあれば、目上の人に使う言葉もあります。

 

意味は何なのか?使い方を知って、効果的に使っていきたいです。