内訳記事一覧

■内訳とは何か?内訳は一般的な生活の中でも、ビジネスの場でもよく使われる言葉です。この内訳の意味は、金額や物などの全体の量がどのような内容のもので構成されているのか、項目ごとに分けたものを指します。例えば、ビジネスの場では見積書を作成します。その見積書の中ではその見積金額の合計が○○万円の材料Aが10個と○○円の材料B10個の合計であると示されているはずですが、そのような金額の構成を説明するのがま...

■保険料控除申告書とはこの保険料控除申告書とは、会社員など企業から給与を受ける人たちが年末調整を行う際に、その年に支払った分の生命保険料や地震保険料などの保険料の控除を受けるための申告書のことです。年末調整を行う必要がない人や申請する保険料を支払っていない方は提出する必要はありませんが、該当する場合には提出するべきだと言えます。なぜなら提出しなければ、控除を受けられず余分に保険料を支払う可能性があ...

■領収書の書き方を知ることが重要な理由領収書は比較的に多く触れる機会がある文書の1つですが、この領収書を発行する人、そして受け取る人のどちらも正しい書き方を知ることはとても大事です。例えば、発行する人については正しい書き方を知っていないと重要な役割や効果がある領収書を発行することができません。また受け取る人も同様に正しい書き方を知っていないと間違った領収書を受け取ってしまい、その後の納税や税務調査...

■内訳科目はどんな意味を持つ?活用法は?内訳科目は簿記などで目にする言葉です。この内訳科目の意味は、文字からもわかる通り、勘定科目の内訳となる科目のことを指します。ただ、実際には内訳科目という言葉よりは補助科目と呼ばれることのほうが多いです。内訳科目の具体例を挙げると、普通預金の総額はいわゆる勘定科目に分類されます。そしてその総額の内、どの銀行にいくらの金額が預金されているのか、ということを詳しく...

■そもそも請求書とは?領収書とは違うのか請求書は知識があまりない人からすると領収書と同じような意味合いを持つと考えられがちな文書ですが、明確に違いがあります。請求書とはサービスや商品の代金を支払ってもらうための文書です。そのため一般的にこの請求書というのは支払いのために必要な情報として合計金額や注文内容、支払先、支払い期日などが記載されています。一方で領収書というのはサービスや商品の代金の支払いが...

■領収書の内訳に送料は含まれるのか通販などで商品を販売している場合では、販売代金に加えて送料が発生します。そのような場合、発行する領収書の内訳に書く金額には送料は含まれるか悩む人が多くいます。そんな疑問の答えについては、基本として送料を負担するのがどちらなのかによって変わるため注意が必要です。例えば、送料を領収書を発行する側が負担する、いわゆる元払いの場合は送料を含めた合計の金額を発行します。一方...

■値引きや返金がある時の領収書や内訳の書き方について取引の際、まとめて発注などを行ったことで値引きしたり、何かのミスがあって返金などを行うことはよくあります。この値引きや返金は取引上では単純にマイナスの金額になるのですが、書き方には気をつけなければいけません。まず金額の書き方については、単純にマイナスの記号を金額の最初に書いても良いのですが、領収書などの文書では三角形や色を塗った黒い三角形をマイナ...

■内訳の読み方は「うちわけ」で「ないやく」ではない内訳は「うちわけ」とも「ないやく」とも読めますが、正しい読み方は「うちわけ」です。一方で「ないやく」というのは正しくは内約という漢字を当てます。この2つはそれぞれ同じ読み方ができ、また共通する文字も使われているのですが、実際には大きな違う意味を持ちます。内訳は主に領収書などの文書に使われる言葉で、取引で支払った金額や提供した物品の合計の内容を細かく...

■領収書の内訳にある振込料の記入欄とは?書き方は?全ての領収書ではありませんが、一部の領収書では内訳に振込料を書き込むための記入欄が用意されていることがあります。一般的に領収書というのは現金払いで、それを証明するために発行されることが多いので、この振込料の記入欄は何のために存在するのか疑問に持つ人もいます。ただ、支払いは全て現金を手渡しして行うわけではなく、時には銀行振込で行うこともあります。この...