伝票記事一覧

会社における印刷代は、いったいどのような勘定科目を使うべきなのでしょうか。これはどのような目的での印刷代なのかによって変わってきます。その中でも、伝票を印刷した際の勘定科目について、気になる人はぜひ参考にしてください。色々とある印刷代の勘定科目仕事をしていると色々な印刷代が発生します。デジタルで処理できるものも増えましたが、それでも紙を出して処理しなければならない場面は多く、経理の処理をするときに...

伝票処理をしているときに目にする「帳合」は「ちょうあい」と呼びます。これはどのような意味の用語なのでしょうか。単語自体は複数の意味を持っていますが、まずは基本的な意味から確認していきましょう。帳簿を合わせるから帳合、その意味は?帳合という文字だけ見ると「ちょうごう」と読んでしまいそうになりますが、これは「ちょうあい」と読みます。その意味は「帳」簿を「合」わせるというものです。この帳簿を合わせる行為...

伝票整理などを行う事務職への就職・転職などをする際には、志望動機をどう書けば良いのか迷ってしまう人は多いです。何故その仕事を選ぶのか、これまでにどのようなことをしてきたのかを盛り込むコツや注意点など、その書き方について知りたい人はぜひ参考にしてください。志望動機を書くためには、まず仕事のことを知る何故その職種を志望したのかという志望動機は、就職活動において必ず聞かれるといってよい質問です。そこを重...

事務系の仕事募集している時に、伝票整理と伝票処理の2種類を見ることがあります。一見すると同じように見える単語ですが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの単語が持つ意味によって仕事の内容も変わってくるので、間違えないように覚えておきましょう。伝票整理の意味は伝票整理の意味は、本当にそのままです。処理された伝票をその種類や取引先に分けて、ファイルに綴じる作業になります。業務上で発生...

事務の仕事は黙々と書類や数字を取り扱う仕事なので、隠れた人気があります。大きな仕事へやりがいを持つ人もいますが、営業など人と接することが苦手な人の中には、事務職を希望する人も多いです。そんな事務の仕事の中でも代表的なのが伝票整理なのですが、果たしてこれは難しい仕事なのか、気になる人はぜひチェックしてみてください。伝票整理は簡単な作業に分類される事務職の求人では総合的に事務の仕事をすることになります...

伝票の訂正をするときには二重線を引いてから訂正印を押す方法が一般的ですが、その際に使用するペンの色には決まりがあるのでしょうか。どんな色を使えば良いのか、そして使ってはいけない色はあるのかについて、確認しておきましょう。伝票の訂正は基本的に黒色伝票の間違いを直すときに使うペンは黒色を使うことになっています。これは法律で定められているとかではなく、あくまでも昔からそう続けられているものなので、強制力...

会計処理の中には色々な専門用語が出てくるのですが、その中には赤黒処理と呼ばれているものがあります。厳密に言えば赤伝票と黒伝票を使ったものなのですが、これは一体どのような処理で、どんなときに使うものなのでしょうか。会計データを修正するときに使う赤黒処理伝票で計上した際に間違いが見つかり、それを修正する必要が出てくる場合があります。その際の処理方法として、代表的なのが赤黒処理です。この名前の由来はとて...

お金の処理をする際には領収書が必要になりますが、中には領収書が存在しないものもあります。従業員や取引先を相手にジュースをおごった場合などがそれに当たりますが、その場合は経費として落とせないのでしょうか。そこで使われるのが出金伝票です。その出金伝票の書き方について見ていきましょう。出金伝票はどんなときに使うのかスーパーやコンビニなどでジュースを買ったときは領収書が出るのでジュース代を経費にできるけど...

伝票起票において、未払金はどのように扱えば良いのか、迷うことがあります。同じような勘定科目があることから混乱してしまう人もいますが、実際にはそう難しく考える必要はありません。どんな方法で起票するのか、基本を押さえておけば、意外と簡単なことだと気づけます。そもそも未払金とは何か?基本的なことですが、そもそも未払金とは何なのかという問題があります。これは貸借対照表において負債に分類されるもので、決算日...

会社の売り上げが立った時や売掛金が入った時、材料の仕入れや出張費・営業活動費などの出費が生じた時など、会社の資金が動く場合、会計では仕訳伝票を切る作業を行います。社用でお金を負担した会社員が領収書を切ることがありますが、それと伝票を切ることを混同することもあるかもしれません。しかし、両者は全く意味が違います。では、この伝票を切るとはどういう意味なのでしょうか?伝票を切ることの意味とは会社の会計処理...

忙しいときに限って伝票の入力ミス…。誰しもそんな経験はないでしょうか。うっかりミスなども発生しやすいですよね。今回はそんな伝票の入力ミスを防ぐ対策をご紹介します。手入力を避ける人間はその日の体調や精神状態によって、間違いを犯しやすいものです。伝票入力でミスが出やすいのは、手入力があるからです。できるだけ、数字や明細のデータをコピーして、ペーストで貼り付け、手入力を避けましょう。また、入力をする際に...

伝票の購入には文房具店という印象が強いですが、現在では様々な場所で購入することができるようになりました。ここでは伝票を売ってる場所はどこなのかを紹介します。伝票の種類事務用品の伝票の主なものに、入金伝票・出金伝票等々いろいろな種類があり、事務用品メーカーから販売されています。また、納品伝票(納品書)には「連続複写式伝票」と言う形式で、請求伝票(請求書)も含めて、数枚綴りで複写になっているものを会社...

伝票差しと言われるものはいろいろあるので、日常では混同しがちです。ここでは、どれが正式名称なのかを見ていきます。伝票差しはどんなもの?毎日の日常の業務の中で、商品等と一緒に送られてくる納品書といった伝票の整理は大変な作業です。来たもの順でいっとき伝票類を保存できるものが必要になるでしょう。例えば、商品の入庫の時の入力に使われる伝票は一定期間保存されます。何か問題が発生して在庫数が合わなくなったとき...

伝票と納品書は同じでしょうか?日常の業務で混同することも多いかもしれません。ここでは伝票と納品書の違いを見ていきます。納品書は伝票の一部カテゴリー別の分け方では、いろいろな種類の伝票の中の一つが納品書であると言えます。ですが、普通の伝票と納品書の用途の違いは明らかです。普通の伝票は、会社・お店などで金銭と商品の出し入れや取引の内容などを記録し、帳簿につけるときに使用する、それぞれの業務に特化したフ...

手書きで伝票を作成しているのは、習慣的なものがあるようです。長年振替伝票等を手書きでやっているので、訂正や破棄も自分にとってやりやすいし、確実でミスも少ないと言う意見の手書き派を、ここでは、どのようにパソコン入力に変えさせるかを見ていきます。手書き派の本音手書きで伝票を作成している理由はいろいろあるようです。例えば、パソコン上にデータが無いのでウィルスやハッカーによる被害を心配しなくてよいと言うご...

日常の業務で使用する伝票はいろいろありますので、どのように使えば良いのか、また正しく使えているのか不安に思うこともあるでしょう。ここでは、具体的にどんなものかをわかりやすく説明していきます。伝票とは伝票をわかりやすく説明すると、お金の出納(出入)と取引の明細などを書き記し、経理上の仕訳をする決まった様式の「紙」と言うことができます。すべての取引において、その責任を明らかにし、問題が発生したときに証...

「伝票を切る」という言葉がありますが、なぜ伝票を「書く」ではなく「切る」と言うのでしょうか?ここでは、「伝票を切る」と言う理由を見ていきます。手書きの伝票は切り離して使うから?「伝票を切る」とよく言いますが、なぜ「切る」と言うのでしょうか?この「切る」の類似の用法で「小切手を切る」と言うのがあります。伝票も小切手も手書きのものは冊子になっていて、書いたら切り離して使うので、「伝票を切る」の語源はこ...

ビジネスの場面で使うことが多い「伝票を切る」の敬語表現にはどんなものがあるのでしょうか?ここでは「伝票を切る」の敬語表現について見ていきます。ビジネス編ビジネス関係でお互いに敬語を使うのは日常的ですが、買い手にあたる物を買うお客に対して売り手側が意識して使う場合には、「伝票を切る」の敬語表現は、次のようなものが挙げられます。「伝票をお切りなられる」、「伝票を切っていただく」、「伝票を切らせていただ...

経理でよく使われる「伝票を切る」には、似たような言い回しや同じ意味を持つ言葉があります。ここではどんな類語があるのかをご紹介します。類語はあるか?「伝票を切る」の類語はいくつかあります。よく使用される最も有力なものは、「伝票を起こす」、「伝票に書き起こす」、「起票」で、「伝票」に対して「起こす」と言う行為を行うパターンが類語となっています。もう一つは「伝票を発行する」で、これもよく使用される類語で...

伝票とレシートの違いは何でしょうか、と言われて正しく答えられるか不安な方もいらっしゃるでしょう。ここではその違いについて詳しく見ていきます。伝票って何? レシートって何? 違いは?伝票はご承知の通り、会社やお店などでお金の出納があったときや、取引があったときの明細を記入する決まった書式の「紙」です。帳簿に記入するための覚え書の役割があり、あとから証明に使われることもあります。では、レシートはどんな...

法人、個人事業主などの事業者は、お金の流れを明確にするために出金伝票を使います。現金で備品を購入する、交際費として現金で飲食店の支払いをするなどの、現金が出て行く取引が発生した場合に使われるのが出金伝票です。現金でアルバイト代を支払う際に出金伝票を使って大丈夫か、注意点はあるのかなどをくわしく解説していきます。アルバイト代を手渡しする場合の注意点まず前提として、アルバイト代の支払いとして現金を使う...

出金伝票のフォーマットは法律で定められているわけではありませんが、市販のものは概ね同じような形で販売されています。中央から下には勘定科目や金額などを記すスペースが、そして右上には承認印と係印という印鑑を押すためのスペースがあるのが一般的です。出金伝票の印鑑を誰が押すのか、どんな意味があるのかについて確認していきましょう。出金伝票の押印の意味はまず、右上にある承認印と係印を押すためのスペースは必ず使...

銀行で出金伝票を提出する際、パソコンでの印字はNGだと言われるケースは珍しくはありません。しっかりと位置をあわせて作成したとしても、印刷したものは認められない可能性が高く、やや不便なのが実情です。どうして印刷の出金伝票をNGにしているところが多いのか、どう対処すればよいかを見ていきましょう。出金伝票の印刷がNGな理由銀行は出金と入金の手続きのうち出金の方を警戒する傾向があり、入金に関しては細かい手...

銀行の窓口で出金、振込の手続きをする場合に必要なのが出金伝票です。利用する銀行によって細かい手続きは異なりますが、出金伝票と振込伝票の2通の作成が求められる場合があります。両方記載することは正しいのか、書き方で注意すべき点はあるのか、今回の記事はこの疑問を解決する上で役立つはずです。銀行の2つの手続きネット銀行、メガバンクや地方銀行などのインターネットバンキングが普及したことにより、店舗を訪れるこ...

営業先、取引先に自動車で向かう場合など、駐車場代が発生する場面は珍しくはありません。自動車の使用頻度にもよりますが、駐車場代を管理するために出金伝票がよく作られるものです。出金伝票の書き方、駐車場代をどう処理するかは経理の仕事でつまずきやすいポイントですので、ぜひこの記事を参考にしてください。複数の領収書がある場合の出金伝票駐車場代の処理で困りやすいのが、駐車券と領収書が一体化したものなど、駐車場...

誰しも人生の中で何度かは葬儀に参列することがあるでしょう。親族や友人といった個人的な人の葬儀もあれば、仕事上のお付き合いで参列することもあります。ビジネス関連の葬儀で香典を渡した場合、領収書を受け取ることはできないものの経費として計上することができます。しかしながら出金伝票の書き方にはルールがあるので、注意が必要です。香典の支払先によって勘定科目が変わるのです。自社の従業員やその家族の場合 香典を...

仕事で移動する際に車をメインに使っているという人であっても、時には複数の公共交通機関を利用することがあるでしょう。いつも使うわけではないバスや電車などで、領収書が手元に残らない形の交通費を支払うことがあります。そうした費用を経費として計上するために伝票処理が必要になるのですが、出金伝票を作る際に疑問になるのが書き方です。特に一日の内にバスや電車など、複数の支払先に対して費用が発生した場合です。提出...

多くの会社の会計処理で一般的に導入されている制度のひとつに、伝票制があります。お金の出入りなど、取引が発生すると内容を伝票に記録して、後に伝票を集めて帳簿に転記する方法です。作業を分担したり、入出金を整理しながら処理できるといったメリットがあります。代表的な伝票には仕入伝票と売上伝票、入金伝票と出金伝票といったように内容が対になっているものから、振替伝票といったものもあります。現金でお金が入った時...

業務に関係する細かな経費をどの勘定科目で分類するかは、大抵の内容であれば深く考えることなく思いつくでしょう。しかしながら、頻繁には発生しない内容で支払いが発生した場合、出金伝票の勘定科目をどうすればよいか迷うことがあります。例えば、会社の備品をクリーニングするのにかかった費用です。クリーニング代は経費計上できる基本的に事業に関わる物品のクリーニング代は経費として計上できます。しかしながら勘定科目は...