但し書き記事一覧

飲食代を経費で落としたい場合に気を付けたいのが、税務に関することです。経費として落とす場合、勘定科目上の名目をどうするかといったことが大切になります。例えば食事代と一口で言っても、形式はさまざまで、3人で会議を行いながら食事をとって領収書を受け取った場合、経費としては会議費として勘定科目に載せることが可能です。もちろん接待費として計上することもできます。この場合に気を付けたいのが、接待費と会議費の...

年末年始の時期になると、取引先への年賀状の送付やお年賀の準備など、何かと忙しくなる時期です。年末年始の贈り物などは自社をアピールするだけでなく、日ごろからお世話になっているお客様、お取引先へのご挨拶にもなるため、欠かせない習慣になっています。ところで、これらの費用を業務上の経費として計上することで、税額控除が受けられますが、それぞれのルールをしっかり押さえておくことが大切です。贈答品の但し書きお年...

領収書の但し書きは経費として計上する際に必要な情報です。これがないと経費として認められません。お勤めの方が立て替え払いした場合、この部分がないと、経理担当者から経費として認めることができないので、払い戻しできないと言われてしまうこともあります。領収書を切ってもらい場合には、この部分に十分気をつけることが大切になります。お食事代と勘定科目なぜ飲食に関する科目に注意する必要があるのかというと、経費とし...

普段の生活で何気なく受け取っているレシートですが、レシートは購買を証明するものとして重要な役割を果たします。中でも領収書はとても重要な書類で、確定申告や経費の申請などの際に必要不可欠な証明書です。もしあなたが領収書を発行する側だとしたら、どんなことに気をつける必要があるのでしょうか。受け取る側としても覚えておくと良いことがあるので、しっかり理解しておきたいものです。領収書にはルールがある領収書の書...

小学生の憧れの職業ランキングでYouTuberが上位にくるなど、多種多様な働き方が選べる時代になりました。「ネットショップを開業したい」「フリーランスのライターになりたい」など、自由に働きたいと考えている人は少なくありません。起業、フリーランスなど個人事業主となる人は、確定申告を毎年行わなければなりません。どんなものを経費として計上できるのでしょうか。ガムテープも経費になる?個人事業主になったとき...

領収書は商品や何らかのサービスを受けて支払いが発生したことを証明するためのものです。特に自営業の方やフリーランスで仕事をしている個人事業主にとっては、税務調査が入った際などに領収書がない経費は認められないことがあるため重要です。また、領収書には、すでに支払ったため再度請求を受けないということを保証する役割もあります。但し書きが重要なのはなぜか?領収書には、宛名、日付、金額のほか、但し書きという項目...

領収書を作成する際に悩むのが、但し書きの部分でしょう。領収書の但し書きとは、どんな商品またはサービスを購入したのかを明確にする大切な部分です。何に対して支払いしたかを明確にするのに必要です。事務所の合鍵を経費として落としたい場合事務所や店舗を借りた際に、あるいは従業員に渡すために合鍵を作るというケースは珍しくありません。事務所や店舗の合鍵を作ったら領収書を発行してもらい、経費として計上できます。そ...

信用取引の一つに掛け売りという方法があります。これは商品やサービスを先に相手が受領し、代金は後払いすることを指します。売掛金を処理するにあたって問題になるのが領収書の発行です。領収書を発行する際には、発行目的として但し書きを記入するのが通例ですが、売掛金の場合、金銭を後から受け取ることになるため、実際の金銭授受がない場合にも領収書を出せるのかという問題が発生します。この場合、いくつかの方法がありま...

領収書を発行する際には、必ず内訳を記入することが求められます。これは税務調査の際に、どこでどのような目的でモノやサービスを購入したかを証明する手立てになるからです。税務署は企業や個人の金銭のやり取りをチェックする際に、この部分を特に重視します。例えば事務所用に設備を導入した場合、どんな設備を導入したのかを分かるようにしておくことが求められます。その理由として、使途があいまいだと、いわゆる申告をごま...

一年の締めくくりといえば忘年会ですが、最近はいわゆる会費制で参加するケースが増えているようです。参加者が会費を出し合うという性質からか、気軽に参加できるようになったという人も多いです。もちろん会社によっては個人ではなく、会社持ちで実施するところもあります。その場合、経費として計上したいと思うのは当然ですが、経費にはそれぞれ上限が定められているので、どのくらいまでを目安に取り決めたらいいか知っておき...

仕事上どうしても必要なものには、オフィスで使用する物品以外にスーツやビジネスシューズ、バッグなどが含まれると思います。着るものは仕事上どうしても必要不可欠なものですから、必要経費として参入できるなら、節税になるので、そうしたいと思うのは当然です。もちろん業務と関係があるものであれば、経費として算入できるものもあるのですが、必ずしもすべてが算入できるわけではありません。着るものやアクセサリーなどの身...

オフィスに必要なものに家具があります。引き出しやデスク、書棚、テーブル、ソファなど種類はたくさんありますが、これらの物品の購入費用を経費として算入することは果たして可能なのでしょうか。家具などの物品は経費として一括で処理するか、減価償却で処理するかを考える事になります。前者であれば領収書を発行してもらい、その年の経費として参入しますが、減価償却の場合は、耐用年数に従って毎年一定額を償却することにな...

アーティストにとって仕事上必要なものは多岐に渡ります。例えば華道家であれば華道に必要な材料を購入することになりますし、デザイナーであればデザイン関連の道具や材料を揃えなければ仕事になりません。ところでこれらの専門職の人が業務上必要な物品を購入する場合、経費参入は可能なのでしょうか。これらの材料は消耗品費として税法上計上することができるので、経費として算入することが可能です。材料費は税法上消耗品もし...

消耗品を購入した場合、領収書の但し書きになんと書いてもらえばよいのでしょうか。今さら人に聞けない、でも社会人として知らないと困る、領収書の但し書きの注意点をまとめました。お品代ではだめな理由以前は領収書の但し書きの部分に「お品代」と記載してもらうことが少なくありませんでした。ですが、何を買ったのかが具体的に分からなければ経費として認められませんので、現在では「お品代」という書き方はせず、代金を支払...

もし領収書を記入する際に、間違えてしまったらどうすればよいのでしょうか。たかが書き間違いと思うかもしれませんが、ビジネスマナー違反になったり、税務処理上認められなくなってしまうケースもあるので、正しい訂正方法を知っておきましょう。領収書の書き間違いを訂正する方法領収書にはお客様の宛名、金額、但し書き、日付を記入します。もし、書き間違いをしたら新しい領収書を新たに書き直すのがベストです。ですが、軽度...

気持ちの良い接客をするためには、適切な言葉使いが大切です。接客七大用語を言えるというだけでは不十分。たとえアルバイトやパートであっても、接客業をするならばプロとして正しい敬語を話すことが求められます。そこで、お客様から領収書を求められた際に必要な、正しい言い回しを復習しておきましょう。「領収書ください」と言われたらお客様に聞くべきこと領収証を希望されるお客様には、宛名と但し書きをお客様に伺わなくて...