小切手記事一覧

最近は個人事業主となって自分で起業し仕事をしている人も多くなりました。企業で仕事をしている中で集金等行い小切手を受け取っても、会社の経理にもっていけばそちらで処理してくれます。しかし、個人で小切手による支払いを受けた場合は自分で銀行に持って行き必要な物を提示し換金、現金・入金しなければなりません。入金の仕方や手数料、必要なものについて理解しておくほうがいいでしょう。小切手の換金・入金の仕方と必要な...

小切手は通常チェックライターによって金額を記載します。この時には普段使っている数字ではなく漢数字で記載することになっていますが、なぜ漢数字を利用することが必要なのか、また書き方など理解して利用している人は少ないようです。小切手に利用される漢数字は大字と呼ばれるもの普段の生活の中で現代はほとんど利用しませんが、小切手などに利用される漢数字は大字(だいじ)と呼ばれるものです。一などの通常利用する漢字を...

経理は小切手を振り出すこともあるので書き方などもよく理解されていると思いますが、営業の方も集金などで扱うことがあります。ただ銀行などに持って行って現金化するというのは経理の方、もしくは経営者以外行うことがないので、換金期間があるということや換金期間の10日を過ぎたらどうなるのか?対処方法を知らないという人も多いです。換金期間が過ぎたらどうなるのか?また対処法についても知っておくほうがいいでしょう。...

普段の日常生活の中で小切手を利用する機会はあまりありませんが、仕事の中では扱うこともあります。経理以外、営業の方も集金で預かってくることもあるので取り扱いなども心得ておくことが必要です。小切手はいくらから発行できるのか?などある程度知識を持つほうが安心でしょう。小切手は当座預金という特別な口座が必要通常企業間の取引で利用することが多い小切手は当座預金と呼ばれる利息が付かない、支払いや口座振替などに...

手形の不渡りというのはよく耳にしますが、小切手の不渡りもあります。この時、企業・経理としては小切手の額面を現金で支払ってもらうように対応しますが、経理上の仕訳方法はどのようになるのか?よくわからないという人のほうが多いようです。小切手が不渡りになった場合は?手形ではなく小切手が不渡りになったということは、当座預金に額面金額が残っていないということになります。考えられることは2つ、1つは経理が資金の...

社会人になって経理に所属されると小切手の振出や仕訳など扱うことになります。簿記の勉強をしてきても実際に企業で経理の仕事に就くと、あれ?これはどうしたらいいのだろう?と思うことも出てきます。会社によって仕訳の仕方が違うこともありますが、仕訳のタイミングはいつがいいのか?なども疑問に思うことが出てくるでしょう。企業間で利用される小切手の取引個人でも小切手を利用することがありますが、やはり企業間で利用さ...

経理などで小切手を扱うようになったら現金と同じ扱いになりますので、意味をよく理解し注意して扱う必要があります。分からないことはどんどん上の人に聞くことも必要です。ただ、ごく当たり前のように行われていることをいまさら聞くのも恥ずかしい・・・ということもあります。例えば控えとの境目に割印をするのはなぜか?どんな意味があるのか?など、疑問に思ってもなかなか聞けないものです。小切手の大切な部分をまず覚えて...

小切手を扱い慣れている人にとってはそこに書かれている振出日がいつであっても大丈夫か?と考えることは少ないでしょう。しかし小切手を扱い慣れていない人は、振出日を休日にしてもいいのか気になるものです。振出の日程などについてもこれから経理を担当する人などは理解しておく必要があります。小切手の振出日は重要小切手には様々なことが書かれています。銀行名や振り出す業者名、小切手ナンバーなどいろいろ書かれています...

小切手は現金と同じ、だからこそ知識を持っていないとトラブルが発生する可能性も秘めています。経理以外、集金などで携わることがあるならある程度知識を持っておく必要があります。小切手の振出日の訂正方法についても理解しておきましょう。小切手は現金の代わりの支払い手段高額な支払いがあるときに現金を用意するのは大変ですし、受け取るほうも多額の現金を集金し銀行に持っていくのは危険です。特に遠隔地の方に支払いをす...

銀行渡りの小切手と言われても、こうしたことに詳しくない方は意味が分からないと思います。社会人になって現金や小切手を扱うようになったら経理以外であってもこうした知識を持っておく必要があります。銀行渡りの書き方とコツ、なぜその記載が必要なのか知っておくほうがいいでしょう。銀行渡りはどんな意味がある?小切手を銀行渡りにするのは振出人から銀行に対して、「身元を確認できない人には現金を渡さないでください」と...

小切手は現金同様、しっかり入金する必要がありますが、中にはうっかり忘れて入金せず長い時間が経ってしまうこともあります。小切手の有効期限は6ヶ月ですがこれを過ぎるとどうなるのでしょう。小切手の振出期限「呈示期限は10日間」小切手には振出日が記載されていますが、この振出日から10日目までが呈示期間となるため、この期間の間に換金することが必要です。10日間の間に銀行の休業日が含まれていても10日に含まれ...

小切手もそうですが領収書などでもたまに漢数字で表記されていることがあります。普段利用している数字や漢字ではなく、漢数字を利用するのはどのような理由があるのか、また1億はどのように表記すればいいのか?書き方についても紹介します。なぜ?漢数字で書く必要があるのか?小切手や領収書などに漢数字、壱、弐、参などの「大字」が利用される理由は改竄されないようにという意味を持っています。例えば一と書いた場合、傍線...

小切手の取り扱いは種類によって異なります。経理でこうした扱いに慣れている人は種類によってどうすればいいか判断できますが、普段取り扱っていない人にとって例えば他支店で現金化できないか?など疑問に思うことが多いでしょう。小切手を他支店に持っていった場合は現金化できないか?について理解しておきましょう。現金化できないか?この条件は小切手によって異なる小切手も銀行渡りだったり特定銀行渡りとされている事もあ...

小切手を線引き小切手にするということには意味があります。現金と同じように扱われる小切手を不正に扱われないようにするために線引きします。線の位置はどこにすればいいのかなどよく理解して扱う必要があるのです。線引きする目的とは現金と同じように扱われる小切手は不正に取得して現金化されたり入金されないようにしなければなりません。信頼できる相手が受取人だとしても、紛失したり盗まれたりした場合、その取得者に支払...

裏判とは何かしっかり理解していればその重要性もわかっていると思います。小切手に慣れている人はどんな目的で使うのか、押し方なども理解しているのでいいのですが、慣れていない人は裏判とは何か?裏書ってどういうこと?と迷うこともあると思います。裏判とは何か、どんな目的があるのか、押し方なども含めて理解しておきましょう。裏判とは何か小切手の裏判とは、受取人もしくは振出人が押印する横判などを指します。企業で利...

小切手には裏判を押印することがありますが、裏判というのがどのようなものであり、押し方や訂正方法まで把握していないと正しく使うことができません。小切手を用いる際には事前に細かなルールまで把握しておきましょう。裏判とは振出人が裏判を押すのは持出人に対して支払ってくださいという意味があります。この場合は受け取った人が支払銀行に持っていくことで現金にすることができます。受取人が裏判を押すことは、企業や個人...

小切手は万が一紛失した際のことを考えて、銀行渡り印が押されています。利用する際にトラブルにならないように、事前によく確認しておきましょう。銀行渡り印を押す場所はどこなのか、小切手にまつわる印鑑に関してご説明します。正式なものかよく確認を現金の代わりとして利用される有価証券の1つに小切手があります。こちらはその場で現金が無くとも、受取人に対してすぐに額面通りの金額を渡せるもので、ほぼ現金と同じように...

現金で支払いを受けた場合の領収書の書き方は理解していても、小切手の場合はどのように対処するべきか知っているという方は意外に少ないようです。現金でも、小切手でも、領収書は金銭授受における大切な証拠書類となりますので、領収書の書き方のポイントについてきちんと理解しておくようにしましょう。小切手の仕組み小切手の領収書の書き方を知る前に、まずはその仕組みから理解する必要があります。小切手とは現金に代わる有...

小切手にも種類があり、中には「銀行渡り」と記載されているものもあります。銀行渡りの意味とは何なのか、また通常の場合と換金方法や有効期限に違いはあるのでしょうか。小切手はどれでもすぐに換金できると思っていると、知らずに恥をかいてしまう事もありますので、銀行渡りの意味についてきちんと理解しておきましょう。すぐ現金化できる?できない?違いを見極める方法小切手は現金と同じ扱いで、所有者が持ち込めば誰でもす...

小切手は振出日が記載されているのが基本ですが、物によっては空欄になっていることもあります。空欄だと使えないという事はありませんがトラブルになるケースもあるので要注意です。例えばこのような部分が注意点としてあげられます。小切手の振出日について有価証券の1つである小切手には、振出日と呼ばれる項目が記載されています。小切手の場合は振出日までに取引先銀行に呈示することで効果を発揮し、振出日を過ぎてしまうと...

小切手の中には銀行渡りなしのタイプもありますが、こちらの場合はどこで換金をすれば良いのでしょうか。銀行渡りなしの小切手を受け取った際、具体的な受け取り先やどこで手続きをすれば良いかなどをご説明します。銀行渡りなしの小切手は記入された銀行で取引を小切手の多くが銀行渡り印が押されており、どこの銀行から手続きをしても必ず指定した口座に振込がされるようになっています。ですが中には銀行渡りなしの小切手もあり...

小切手と一口に言っても、他店振出か当店振出かによっても勘定科目が異なります。現金勘定にするべきか、当座預金勘定にするべきかをはじめ、どうしてその科目にするのかの理由と合わせてご説明します。小切手がどちらの種類か理解する小切手に関する取引を帳簿に記入する際は大きく分けて、他店振出か当店振出の2種類に分けられます。他店振出は他人振出とも呼ばれるタイプで、銀行に行けばすぐさま換金してもらえるタイプです。...

企業間の取り引きにおいて、現金以外の支払い方法によく小切手が利用されます。振り出しの際には銀行の届出印を押印する必要がありますが、時には文字が潰れたりかすれる等不鮮明になる事もあるでしょう。どの程度まで不鮮明でも大丈夫か不安に感じる方の為にも、押印に失敗した時の対処法を含め紹介します。小切手の基本的情報は知っておこう近年はネットバンクの普及により、小切手での企業間取り引きも減少傾向にあります。もち...

小切手の安全性を高める線引き小切手ですが、振込までに手間がかかるのも難点です。取引先の希望にもよりますが、裏判を押すかどうかを検討してみるといいでしょう。小切手の裏判の仕組みはこちらです。線引き小切手の仕組みについて小切手の中でも線引き小切手の場合、万が一の紛失盗難に備えて表面に2本線が引いてあり、指定された取引銀行で、指定された受取人のみ換金が可能です。手形交換所で取引依頼をしないといけないため...

名作と言われる海外ドラマや映画を見ていると、小切手を使用するシーンが幾度となくあります。ですが、よく考えてみると日本のドラマや映画で登場する事はほとんどありません。日本で小切手をあまり使わないのは何故なのでしょうか。その理由について考えてみましょう。海外におけるキャッシュレス事情アメリカをはじめ、ヨーロッパでも小切手は広く普及しており、少額であっても気軽に使用する習慣があります。特にアメリカでの普...

外国ではチェックと呼ばれる小切手ですが、日本と外国では書き方がいくつか異なる部分があります。小数点や余白部分の対処法など、気をつけないといけないことが多々ありますので、記入前によく確認しておきましょう。外国の小切手はチェックと呼ばれる外国では小切手のことをチェックと呼び、小切手帳のことはチェックブックと呼ばれています。日本国内に比べるとチェックは一般家庭にも拡がっている文化で、車など高い買い物をし...

小切手に関して帳簿をつける際には、現金勘定なのか当座預金勘定なのか混乱してしまう方が多いです。それぞれの違いが分かると勘定科目が簡単になりますので、まずは一つ一つチェックしてみると良いでしょう。小切手の勘定科目について小切手の取扱も帳簿記入が必須です。勘定科目を現金にするべきか、当座預金にするべきか悩んでしまっている方も少なくありません。それぞれの違いがよく分からないと、そもそもどうやってつければ...

小切手をまとめる小切手帳には、耳と呼ばれる部分があります。こちらの正式名称は何なのかをはじめ、小切手の耳はそもそもどうしてついているのかなど確認しておきたい気になる部分をご説明します。小切手の耳はどこのこと?小切手をまとめる小切手帳には、耳と呼ばれる部分があります。こちらは振出しをする際に冊子の端に付いたままになっている部分のことで、正式名称として控えと呼ばれることが多いですが、実は正式名称として...

小切手振出しの際に控えとして重宝する耳の部分ですが、つい記入方法を間違えてしまった場合。正しく訂正して保管に支障を出さないようにしましょう。誤って記載してしまった場合の訂正方法についてご説明します。小切手の耳は訂正が必要?小切手の耳はあくまで控えの部分のため、訂正が要らないのでは無いかと思う方も少なくありません。ですが間違いを直さずにそのままにしてしまうと、いざと言う時に小切手本体との照合が取れな...

本人が平日に銀行に行けないため、小切手を親族の代理人として受け取りを依頼されるケースは少なくありません。受け取る方法が分からずに困惑してしまう前に、代理での受け取りをお願いされたらこのような準備をしましょう。代理人でも受け取り可能小切手は用紙に記入されている本人だけではなく、その家族など代理人でも受け取りが可能です。受け取りの際には身分証明書など必要書類を提示し、本人同様銀行窓口にて手続きする方法...

企業間取引においては、現金の代わりに小切手が頻繁に利用されています。便利な反面、内容に不備があるとただの紙切れとなり換金できませんので注意が必要です。例えば割印を忘れて割印なしのものを取引先に渡してしまった、あるいは受け取ってしまった場合、扱いはどうなるのでしょうか。割印の役割や規定を踏まえて考えてみましょう。小切手を利用するメリット小切手を利用するには、まず金融機関で当座預金口座を開設し、発行し...

小切手の割印をする際に失敗してしまい、上手く押印ができなかったとしても慌てることはありません。適切に対処すればすぐさま解決できます。小切手の割印に失敗した時の対処方法や、印に関する考え方をご説明します。小切手の割印の失敗は気にしないで大丈夫小切手にはそもそも割印という概念が無く、例え押印に失敗したとしても何の問題もありません。綺麗に半分ずつ押せなかったとしても、印鑑が滲んでしまったとしても失敗では...

手書きの小切手を書き損じた場合、どのように対処すべきかご存知でしょうか。通常書類のように横線を引いて訂正できるかという問いに、自信を持って答えられる人は意外に少ないものです。いざという時にスムーズに対処できるよう、横線で訂正できるかどうか、また訂正時の注意点等も確認しておきましょう。小切手の振り出しについてネットバンキングが普及している現代社会においても、企業間取引の決済方法に小切手が利用される事...

領収書の内訳には現金と小切手、手形などの科目が記載されています。領収書を書く機会が多い方は、書き方のポイントを抑えて正しく発行できるようにしましょう。最低限抑えておきたい書き方をご紹介します。領収書の内訳について領収書の内訳には現金と小切手をはじめ、手形などいくつか種類があります。こちらは支払をされた方法に○印をつけるだけでOKですので簡単です。現金と小切手などどの部分の項目で支払をされたか確認し...

オーストラリアをはじめ諸外国でワーカホリック経験がある方を対象に、支払が小切手でされるケースは少なくありません。取引方法や有効期限がいつなのかをはじめ、諸外国での小切手事情についてご説明します。基本は有効期限がないとされているオーストラリアをはじめとした諸外国で、ワーカホリックなどの支払に小切手が用いられることは少なくありません。オーストラリアなど諸外国で発行された小切手には基本、有効期限が無いと...

現金と同じように使用する事ができて便利な小切手ですが、日本において一般のお店で小切手を使う機会はほとんどないのが現状です。どんな場所で使われる事が多いのか、またお店で使おうとした際に、お店側が受取拒否できるのかどうか等、小切手に関する疑問について解説します。現金と同じ役割を担う小切手何もかも現金で支払おうとすると、金融機関で現金を用意しかさばるお金を鞄に入れて持ち歩く等色々と不便が生じます。また多...

小切手支払時には取引先銀行や金額によって支払手数料が発生する場合があります。こうした費用がかかった際には勘定科目はどこに分類すれば良いのか、小切手の手数料に関する勘定科目についてご説明します。小切手にまつわる手数料について銀行などによっては小切手を入金する際に別途費用が発生する場合があります。こちらは支払手数料、または雑費の勘定科目として帳簿に記入されることがほとんどです。銀行取引が多い方は管理が...

様々な決済方法が選べる現代においても、小切手は企業間取引の代金支払いに用いられています。若い世代には馴染みがないかもしれませんが、古い企業との取引に利用される事も多いため、取引をスムーズにする為にもそのメリットやデメリットについてきちんと理解しておきましょう。小切手の種類小切手とは、金額と必要事項を書き込む事で、現金と同じ役割を果たす便利な有価証券です。まず銀行で当座預金口座を開設し、有料で用紙を...

小切手は発行する国に合わせて言語と数字を使い分け正しい書き方で記入する必要があります。小切手にフランス語で記入する際にはどうすれば良いのか、基本の書き方や最低限抑えておくべきポイントをご説明します。フランス語を使った小切手の書き方小切手はその国に合わせた書き方をして発行する必要があります。日本国内のように数字だけ書けば良い国もあれば、フランスのように数字とフランス語表記を合わせて書く国も少なくあり...

アメリカで発行された小切手を換金しようと思ったら期限切れで手続きができなかったという場合。振出日が書かれてないのにどうして換金できないのかと嘆く必要はありません。まずはこれらの対処方法を用いて取引できるか確認しましょう。アメリカで発行された小切手の有効期限は?アメリカで発行された小切手に振出日が書いておらず、換金しようとしたら期限切れと言われてしまったと言うケースは珍しくありません。これはアメリカ...

銀行渡りの小切手を利用する際には通帳がないと現金化出来ないという話があります。実際の所、通帳が無くとも換金はできるかどうかをはじめ、小切手の通帳に関するよくある悩みにお答えします。銀行渡りの小切手の仕組み小切手は銀行窓口に持参することで手続きをしてもらえる有価証券です。ただし一口に小切手と言えどもいくつか種類があります。表面に銀行渡りと書いた斜め線が引かれている小切手の場合は、直接換金できるかとい...

銀行渡りの小切手は銀行だけではなく郵便局でも利用できるかどうか気になる方は少なくありません。そもそも郵便局で現金化できるかどうかなど、郵便局と小切手の関係性について良くある疑問をご紹介します。郵便局でも小切手の取扱はある小切手というと銀行というイメージがある方は多いですが、郵便局でも取扱はあります。ゆうちょ銀行などお金に関する機能も持ち合わせていますので当然と言えば当然でしょう。小切手帳の発行も行...

小切手や領収書などのように金額を記載して発行する用紙は数多くありますが、物によって書き方に違いがあります。アラビア数字や漢数字で表記をする際にも注意点があるため、発行前に事前に確認しておきましょう。小切手はアラビア数字の手書きNG小切手はそのまま現金として扱える有価証券ですので、記載の際にも何かと制約があります。特に手書きの場合、金額は漢数字のみに制限されておりアラビア数字での記入は受け付けてもら...

多種多様な決済方法選べる現代においても、企業間取引で小切手が利用されるケースは少なくありません。そんな小切手には、1枚ずつ番号が振られている事をご存知でしょうか。問い合わせ時やどこ宛に振り出したか確認する際に必要となりますので、紙面のどこに記載されているのか今一度確認しておきましょう。小切手はどこで入手できるのか小切手番号について触れる前に、まずは小切手について説明します。小切手に金額を書き入れる...

小切手を目にする機会は年々減りつつありますので、若い世代の方は小切手の扱いに不慣れな方も多いでしょう。中でも小切手用紙に記載されている小切手番号について、どんな意味があるのかと疑問に思った事はありませんか?小切手番号にはどんな意味があるのか、小切手の様式や特徴と合わせて紹介します。小切手はどこで売ってるの?インターネットバンキングや電子マネー等様々な決済システムが利用できる現在、小切手を扱う機会は...

小切手は使い慣れていない人も多く、取り扱いが難しいです。振出には銀行振出と個人振出がありますが、どのような違いがあるのでしょう。小切手の振出とは振出というのは小切手や手形を発行することです。発行する人のことを振出人と言います。振出をするためには振出人が支払期日や金額といった情報を書き入れ、さらに署名をすることが必要です。金額の記入方法は手書きとチェックライターという機械での方法があります。手書きの...

ネットバンクが普及したこともあり、小切手が使われる場面はどんどんと減っています。テレビでやり取りを目にすることがあるものですが、事業をする際には仕組みは知っておくべきです。特に受領した際の取り扱いや領収書の発行が必要かどうかは、やり取りをする前に確認しておきましょう。小切手とは何か小切手というのは有価証券のことで、記載している金額の支払を指定の口座から行うことができます。当座預金の銀行から用紙の発...