応対記事一覧

ビジネスシーンでは、電話を使ってお客様に応対する場面が多くあります。一見単純そうに思えるこの電話応対ですが、実際は応対する人によって相槌の打ち方や話し方に差があり、それが電話先の相手に与える印象にも影響します。例えば、皆さんは電話応対中に「うん」「ええ」「なるほど」といった日常会話のような相槌を使っていませんか。「うん」「ええ」「なるほど」といった相槌は相手にどのような印象を与えるのか、相手にとっ...

ビジネスシーンでは、お客様や社外関係者に電話応対する場面が多くあります。社外の相手と電話をする際は敬語を使うのがマナーですが、自分が正しい敬語を使えているか、自信がない方もいらっしゃるのではないでしょうか。「承ります」「申し訳ございません」「左様でございますか」など、適切な敬語とそのよくある間違い例を知り、正解と間違いの理由まで理解することで、敬語のマナーを定着させることができます。電話応対におけ...

電話応対中に取り次ぎを頼まれたものの、社内の担当者が離席中ですぐには取り次げないという場面は、オフィスワーカーなら一度は経験したことがあるのではないでしょうか。「ただ今担当者はいません」と相手に伝えたい時、正しい応対用語を使うとどのような表現になるのでしょうか。基本である敬語の種類と原則を理解すれば、とっさの場面でも焦ることなく、正しい応対用語が使えるようになります。敬語における3つの種類敬語は尊...

休み中の担当者宛にクライアントから電話がかかってくることもあります。もしも社内の担当者が半休を取っている場合、どのように電話応対すればよいのでしょうか。担当者の状況を分かりやすくクライアントに伝え、今後の対応まで明確にしておくことが望ましいです。担当者が午前半休で、午後から出社予定の場合の電話応対担当者が午前休を取っている間に電話がかかってきた場合は、出勤後に担当者から折り返し連絡をするか、午後以...

「電話応対中に取り次ぎを頼まれたものの、電話相手の名前を忘れてしまった…」という経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。相手が分からないと社内の誰に取り次いでよいのかが分からず、電話の用件も想像できません。再度尋ねるのは手間もかかり、場合によっては相手に不快感を抱かせてしまう恐れもあります。そうならないためにも、相手の名前を忘れることのないように工夫し、万が一忘れてしまった場合の対処を知ってお...

電話応対中には、電話を取り次ぎたい社内の担当者が、別のお客様の対応中で取り次げないという場面があります。この場合、電話の相手には「ただ今来客中です」あるいは「ただ今接客中です」のどちらの言い方で伝える方が適切なのでしょうか。一見よく似た言葉ですが、厳密にはそれぞれ意味が異なります。それぞれの用語の意味と使うべき場面を理解しておくと、場面に合わせて適切かつスムーズな電話応対ができるようになります。「...

テレフォンオペレーターの経歴をお持ちの方は、その経験について履歴書に書くことができます。しかし、履歴書で「電話対応」と「電話応対」のどちらを使えばよいのでしょうか。どちらも同じ漢字の組み合わせで、意味も同じように思えますが、厳密には意味の違いが存在します。ご自身の職務経歴に合わせて、履歴書に書く際には正しい用語を使いましょう。「電話応対」は、行為の対象が「人」「応対」という言葉は、相手に応じて受け...

新人として会社に入社した時、社会人マナーとして、電話応対はまず押さえておきたいポイントです。本来ならば先輩からの指導や研修があるものですが、会社によっては「これくらいは出来るだろう」と判断されたり、うっかり研修での教え漏れなどで、新人であっても無知識のまま、即電話応対を求められる事もあります。特に少人数のオフィスでは先輩が誰も居ない、自分しか連絡をする人間が居ない、というケースもありがちです。会社...

ビジネスコミュニケーションにおいては丁寧語、敬語、謙譲語を使い分けて、相手を立てる言い回しを使うシーンが多くあります。しかし普段何気なく使いがちな言葉が、ふと「これって合ってるのかな?」と思う瞬間はありませんか?周りが使っているからそのまま使っている言葉や言い回しも、そう気になった瞬間に調べてみると思わぬ発見があったり、新人や部下に聞かれた時に的確な受け答えが出来るようになります。例えば、「応対に...