得意先・仕入先・納入先記事一覧

人から怒られるのは嫌なものです。特に仕事先だとつらいでしょう。そこで、仕事で得意先に怒られないための対策や怒られるときの対処方法を考えてみました。困っている人は参考になさってください。皆さまのお役に立てれば幸いです。得意先に怒られるのはどんな時か得意先に怒られるのは仕事のミスをしたときでしょう。また、相手は怒っているつもりでなくても、言葉の端々に嫌味っぽいことがあれば、聞いていてつらいです。謝って...

働き方改革が推進されるこのご時勢、休暇中は一切の業務連絡を遮断してしっかりリフレッシュするという風潮があります。それ以外でも体調不良など、急なお休みをする場合もあります。その際には、後々トラブルの原因とならぬよう、休暇中の対応方法などを事前にしっかりと伝えておく必要がありますよね。今回は、得意先への休暇連絡する際のメールの書き方をご紹介します。休みの連絡メールの書き方メールの件名は、見てすぐに休み...

ビジネスシーンでよく使われる言葉に、得意先と納入先があります。これらの言葉にさしたる違いはなく、同じ意味としてとらえている人は多いのですが、厳密に言うと違う意味になります。普段、あまり気にせずに同じ言葉として使っていると、場合によっては社会人としての資質を問われかねません。ややこしいこれら二つの違いをきちんと理解すれば、社会人としての自信につながり、いろいろな場面での強みになります。得意先とは企業...

ビジネスのなかでよく使われるお得意様とお得意先様という言葉がありますが、これらはどのような違いがあり、どのように使い分けるのでしょうか。今回は言葉の意味と使い方についてご説明してみたいと思います。お得意様とはお得意様とは、利用頻度の高い顧客や利用額の大きい、大口の顧客を示す言葉です。本来ならば、このようにひいきにしてくれる客など馴染みの深い常連客や上客を表す言葉として使われてきました。しかし、現在...

仕事の際などに使用される呼び方には色んな種類があるため時に複数の呼び方が混同してしまうこともあります。今日は仕入先の反対はどのような言い方をするのか、混同しがちな呼び方と一緒にご紹介していきます。仕入先とは?まずは仕入先の反対の言い方を知る上で重要となるのが、仕入先とはどのような存在を指す言葉であるのかという点です。仕入先というのは、販売をするための商品を購入する取引先のことを指す言葉です。特に仕...

仕事の関係で挨拶文を書かなければいけない機会もあるでしょう。仕事に関する手紙に関しては出す相手に失礼な内容を書くことは許されません。今回は仕入先への挨拶文の書き方についてご紹介するので、参考に書いてみましょう。季節の言葉を取り入れる挨拶を入れよう仕入先への挨拶文を書き方のポイントの1つ目は、最初は季節の言葉を取り入れた挨拶から書き始める書き方が一般的です。季節の言葉は手紙を書く季節によって全然違っ...

普段聞きなれないワードが出てくると、意味が分からず困ってしまうものです。そんなことにならないためにはその言葉にどんな意味があるのか知っておくことが大切です。今回は仕入先指図得意先宛為替手形をはじめ為替手形に関する情報をご紹介します。為替手形とはなに?手形のには2種類あります。それが約束手形と為替手形です。基本的に、何かのお金を支払う時には支払う側と受け取る側の2者間での金銭のやりとりが一般的です。...

何か商品を仕入れる時には仕入れ業者やメーカー等を利用しますが、商社と問屋の違いは何だかおわかりでしょうか?日頃当たり前のように使い分けていても、明確にどう違うのか説明しづらいものです。ビジネスマンであれば知っているべき基礎知識となりますので、今一度商社と問屋の違いについて確認しておきましょう。商品の売買の流れを作るのが商社商社とは、卸売業者の類に属し、国内外から商品や原料の買い付けを行い、業者に販...

商品物流の仕事をしていると、仕入先、納入先、得意先、取引先といったビジネス用語を多用します。似たような言葉も沢山ありますので、ニュアンスでなんとなく理解しているというビジネスパーソンも多いでしょう。仕事上きちんと理解しておく為にも、ここでは納入先という言葉にフォーカスし、その意味や対義語について確認しておきましょう。納入先とは?納入先とは、依頼があった商品やサービス、お金等を収める相手、場所を指す...