手形・有価証券記事一覧

手形2枚による支払いを受けたときに人によっては領収書1枚でいいという方もいます。ただ、経理の人などに聞いても2枚切ったほうがいいという人もいて特に経理にまだ不慣れな新人さんだと大丈夫か?どちらが正しいのか?と迷うこともあるでしょう。大丈夫か?と思っているのも嫌なことなので大丈夫か?ダメなのか?明らかにしましょう。手形を2枚受け取った場合の領収書は1枚?2枚?手形を2枚受け取った場合、領収書も2枚必...

経理や銀行などの仕事をしない限り手形が落ちない・落ちるなどの話をすることはないと思いますが、手形が落ちない・落ちるというのはどんな意味があるのでしょう。支払いを手形で受けた際には落ちない・落ちるということが非常に大きな意味を持つので知識を持つべきです。手形が落ちない・落ちるとはどんな意味があるのか企業の支払いには小切手や手形がよく利用されますが、これが支払い期日に落ちないとなったら「不渡り」という...

支払いが手形によるものだと受け取った企業は期日まで入金されないので資金繰りに困ることがあります。その場合、資金をやりくりするためにいくつかの方法がありますが、手形割引を利用するほうが借入金を準備するよりもリスクが低いといわれています。なぜリスクが低くなるのか理由を理解しましょう。受取手形で資金繰りが悪化しないようにするためには受取手形は入金までに時間がかかり、1か月先ということもありますし2か月と...

社会に出る前に学校で様々なことを勉強していきますが、実際に仕事をしてみないとわからないことがたくさんありますし、これって大丈夫か?と思うことも多々あります。企業に入社し思いもかけず経理になってしまったという人もいるかと思いますが、その場合、手形について、印紙などについても知識が必要です。手形に印紙を貼るとき、2枚でも大丈夫か?など不安なこともあるでしょう。手形に印紙が必要な理由手形や小切手など経理...

領収書などにも貼付する印紙は仕事をするようになると目にする機会も多く、実際に経理に配属されれば利用する機会も多くなるでしょう。しかし知らなかった・・・では済まないことになるので何事も対処方法を知っておくことが経理の仕事ともいえます。手形などについても理解が必要なのです。印紙がなし・・・という場合の対処方法なども知識を持っておくべきです。印紙は税金を納めるためのもの領収書などに貼付する必要があること...

手形や小切手を受け取って処理する、経理ではこうした仕事が多いので大丈夫かなと思うよりもこれから事務系や経理に配属される可能性がある方や、そうした仕事に就きたいと思う方はある程度知識を持っておくべきです。仕事をしていく中でこれは大丈夫か?と思うことも出てきます。例えば、約束手形の印紙に振出人の割印がないなどの場合です。約束手形の収入印紙・割印は振出人が行うこと支払いを約束手形で受けることもありますし...

手形には印紙を貼付しますがこの時に気になるのが消費税のことです。領収書や契約書に関しては消費税抜きの金額に対して印紙を貼る事になりますが、手形の場合はどうなるのでしょうか。手形は額面通りの金額に対して印紙を添付する消費税が含まれる金額の手形に対して領収書を発行する時には消費税抜きの金額に対して印紙を貼付します。しかし、本体価格のみで印税額を決める文書に手形は含まれないため、額面通りの印税額となりま...

経理の仕事をしていると資金繰表の中でこれは何だ?と思う言葉も出てきます。経理の仕事に就いたばかりという人は余計にわからない言葉が多いと思います。経理では特殊な言葉がたくさん利用されますが、例えば手形落ち込みという言葉、これはどのような意味があるか、経理の仕事に就いたばかりの人は分からないと思います。分からない言葉をそのままにしておくと全く違う事としてとられてしまう事もあるので、明らかにしておく方が...

手形をもらってから振出人企業の中で変更が起こる事もあります。裏書きに記載されている企業の代表者変更となると経理としては請求できるか?と不安を持ちます。また振出人の企業が不渡りなどを起こした時など、代表者変更されている場合請求できるかという事も気になります。手形記載の代表者が「代表者変更」となった場合手形を受け取ってから記載されている代表者名が代表者変更となったとき、これは新しいものに交換したほうが...

遠方の取引先から手形を郵送してもらうという事もあります。この時、手形などの有価証券に関しては現金などとは違い内国郵便約款によって定められていません。普通郵便でも書留でもかまいませんが、経理として気になるのはこの時の郵送料の対応です。通常は集金に伺う事が必要だと思いますが、郵送してもらうにあたりどのような対応が必要なのでしょう。手形には郵送の取り決めがない小切手は現金と同じとされますが、手形は有価証...

取引先が遠方で手形の支払いや領収書のやりとりに郵送を利用するという事も多いです。その場合、あやふやになりがちなのが郵送料です。切手代の処理に関して領収書にどのような記載をすべきか、その対応方法を理解しましょう。手形の郵送の切手代・・・対応方法とは手形を取引先が郵送してくれた場合は、本来集金に行くべきところを郵送してくれたのですから、一般的には領収書と一緒にかかった切手代として同じ額面の切手を同封す...

経理の仕事に就いた人の中にはまだ慣れておらず領収書の日付に戸惑う事も多いでしょう。小切手や現金の場合は受け取った日を記載すればいいのですが、手形の場合はいつがいいのか判断がつかないという事もあります。手形の領収書に記載する日付に対しても知識を持ちましょう。手形の振出日と領収書の日付はいつがいいのか?手形の振出日と受け取った日が同じであれば領収書の日付に迷う事は無いと思いますが、遠方で郵送されてきた...

手形にしても小切手にしても支払いを受けた場合には領収書を発行します。ただこの時に消費税についての対応方法を考える必要があります。手形については額面についての金額で印紙を貼付する必要がありますが、領収書は「書き方」によって印税額が変わってきます。手形の印税と領収書の印税が違う事を理解しよう消費税については、消費税部分が区分して記載されている場合、「記載金額としない」事になります。領収書のほかに不動産...

遠方の取引先から手形を送ってもらったときの対応方法は会社によって異なります。郵送してもらった時にどのようにして領収書を送ることが望ましいのか、これから経理として仕事をする人などその方法を理解しておけば安心です。手形と一緒に添え状を読むこと取引先が遠方の場合や集金にいくことができない場合、手形を送ってもらう事もあります。そのときに添え状などがあると思いますが、その文章をよく確認すべきです。取引先によ...

約束手形は以前よく見ましたが現在はその流通量が減っているという事で扱いがわからないという方も多いようです。経営者の方も手形の支払いに戸惑う事もあり、ある程度知識をもっておくことが望まれます。支払い期日が休日の場合はその前に引き落としとなるのか、後に引き落としとなるのか、休日の前後のいつなるのかなどの知識をもっておくべきです。手形を支払う期日ってどういうこと?小切手などとは違い手形には支払い期日があ...

手形での決済は最近では少なくなりましたが、決済を先延ばししたい場合など意外と使い勝手がよいものです。ただそれを使うには正しい知識が必要となります。細かなルールもありますし、間違った場合、決済ができないことにもつながりますのでしっかりと理解しましょう。小切手との違い会社で他の業者と取引がある場合、その決済には振り込みや現金の他に手形による決済があります。これは取引先と支払いに関して交わす証書で、請求...

会社の帳簿には損益計算書や貸借対照表の他にキャッシュフロー計算書があります。最近ではより現金の流れを重視する傾向があり、PLやBSよりもCFに重きを置く企業が多くなっているのです。会社にとっても、今どれくらいの現金が会社にあるのかを把握できるというメリットがあります。手形の取引には調整が必要企業の運営活動において、必ず取引というものが発生します。その時、買掛金や売掛金と同様な意味を持つ手形というも...

取引先からの報酬支払の際、会社によっては明細などに現金30%、手形70%にて支払というように記入されている場合もあります。これらは一体どういう意味なのか、それぞれの単語の意味を分かりやすく解説します。そもそも手形とはどういう意味?手形とは現金がその場に無くとも支払を確約する機能のある紙のことで、支払期日や支払金額などが記載されています。紙と言っても法的効力のある有価証券ですので無碍にはできません。...

手形を期日より前に引き落としする際には、手形の割引で保証債務や保証債務費用が発生します。ある程度手数料がかかるのは分かりますが、どうして保証債務費用がかかるのか、その理由はこちらがあげられます。手形の割引は期日より早くお金をもらえるシステム手形は基本的に記入されている支払期日になれば銀行から記載金額をもらえるシステムですが、手形の割引システムを使えば、支払期日よりも早く現金化することが可能です。こ...

手形を利用した際に帳簿をつける上で困ってしまう方も多いのが、売上割引や手形売却損の項目です。こちらは総額法の意味を理解していないと非常に難しいため、一つ一つの意味を理解した上でしっかり記入するようにしましょう。売上割引や手形売却損など単語の意味手形を利用した際には帳簿の付け方なども特殊な方法が必要となります。関係する単語の意味を理解しておくと間違えなくつけられますのでチェックしておくと安心です。ま...

手形等を扱っていると、受け取った取引先から組戻しの依頼されることがあります。「組み戻し」「組戻」と記載される事もありますが、その意味をきちんと理解できていない人も多いようです。実行する為には金融機関にて手続きが必要になりますので、言葉の意味と対象、その仕組みについて確認しておきましょう。組戻しの意味組戻しとは、振込等の手続きにおいて、取組みが行われた後になってミスや訂正事項が発覚したり、依頼人都合...

個人事業主で事業を行っている人が資金繰りで困った場合には事業者ローン以外に手形発行という方法があります。発行した経験のない人には自分にできるのかと不安に思うものです。そこでここでは書き方や裏書など知っておきたい基本情報を紹介します。手形の利用方法手形というのは将来の期日に一定の場所で一定額を支払うことを約束できる証券です。決済の手段として、現金の代わりとして、商品代金の支払いとして用いることができ...

取引先と契約する場合には、決済時の手形についての条件や約束、起算日等の取り決めを行います。契約の意味が曖昧、または解釈が異なるとトラブルの元になる可能性がありますので、潤滑な運営を行う意味でも注意点を含めきちんと理解しておく事が大切です。企業間取引きにおける取り決めと手形を使う意味個人で買い物をする場合、商品やサービスを購入した時に決済を行い対価を支払いますが、企業間の取引きにおいては取り決めを行...

有価証券に関する情報は似たような名称が多くわかりにくいです。有価証券売却損と投資有価証券売却損は似ているようで違うものです。両者はどのような点に違いがあるのでしょう。有価証券とはそもそも有価証券というのは会社法や刑法、税法、金融商品取引法などで定義がされていて種類も多くあります。一般の会社にとって一般的に有価証券の対象となるものは金融商品取引法で規定される株式や国際、投資信託が当てはまります。会計...

投資の用語は難しい項目がたくさんありますが、中でも有価証券売却益と有価証券評価益は名前が似ているためわかりにくいです。両者にはどのような違いがあるのでしょう。有価証券の種類有価証券は売却目的有価証券、満期保有目的債権、子会社関連会社株式、その他の有価証券という4種類に分類をすることができます。その中でも売買目的有価証券とそれ以外の3つは特性が違います。売却目的有価証券というのは、有価証券の価値が変...