前任者・後任者・担当者記事一覧

ビジネスメールのやり取りの中で、CCのついたメールをやり取りする場合があります。本来CCで送られてきたメールに返信する必要はありません。返信が必要な場合はそのまま残して返信するのがマナーです。しかしメールの内容によっては返信の方法も変わってきます。たとえば担当者変更などのメールには違った気遣いがあるといいいでしょう。メールのCCとはメールで使うCCとは宛先の設定の種類です。他には「TO」や「BCC...

ビジネスシーンで担当者名は聞いたが漢字がわからない、メールを送らなくてはいけないけれど失礼にあたらないように書くにはどうしたらいいかわからない、などという局面に遭遇することがあります。きちんと名前を聞ける環境ばかりとは限らないので、名前や漢字を聞き損ねたときの対応等も覚えておくといいですね。名前の漢字が分からないときの宛名ビジネスメールでは顔も知らないさまざまな相手にメールを送るシーンがあります。...

美容院でその日しか予定が組めない場合、予約しようと思った日に髪を切ってほしい担当者が休みなんてこともあります。そんな担当者が休みの時、当日の担当者が違ってもその美容院に行くのか迷いますね。自分の予定を変更出来ない場合の対処方法を考えましょう。美容院の対応予約の際に切ってもらいたい担当者が休みなことを知った時、予約を変更しなくても施術内容によってはそんなに困ることはありません。美容院には技術カルテと...

ビジネスシーンにおいてはさまざまな敬称が存在しますが、なんでも敬称を付ければいいというものではありません。敬語を使わなくてはと気を遣うあまり敬称を付けすぎて二重敬称になってしまう場合もあります。たとえば「ご担当者の方」も敬語を使って良さそうですが、実は正しい敬称の使い方ではないのです。「ご担当者の方」の正しい言い方、正しい敬語を知って恥をかかないようにしましょう。正しい敬称敬称にはいろいろなパター...

ビジネスの世界において取引先との連絡手段としてメールは欠かせません。資料の送付など幅広く利用します。メールの冒頭には、誰に宛てたものかを明確にするための宛名を記載する必要があります。ビジネスシーンでは、名前の分からない担当者宛てにメールを送ることも珍しくありません。担当者宛てのメールのあて名書きはどのように記載するのが好ましいのでしょうか。担当者殿の正しい使い方そもそも「ご担当者殿」などに使用する...

人生でそう何度も頻繁には車を乗り換えないという人も多いと思います。金額も決して安くはない車ですから、簡単に買い替えができないものです。車を購入する際、信頼できるディーラーの担当者はとても頼りになる存在です。車を購入するにあたってアドバイスをくれたり、要望を叶えてくれたりする担当者が理想です。どんな営業マンが担当者になるかによって、気持ちよく車を購入できるかどうかを左右することもあるかもしれません。...

ディーラーで新車を購入する際には必ず担当営業が見積もりやオプションなど、さまざまなことを対応してくれます。契約してから納車までの間の経過報告をくれるのも担当の営業マンです。無事に車が納車されて問題なく稼働しているかを点検するために行うのが1ヶ月点検です。1ヶ月点検の知らせはどのようなかたちであるものなのでしょうか。万が一、1ヶ月点検の通知や知らせがない場合にはどのように対処したら良いのでしょうか。...

近年ビジネスシーンでは「〇〇ベース」という言葉が使われるようになってきました。この〇〇ベースという表現は、あるテレビ番組の中でビジネスマン向けの企画で取り上げられたことで話題になり、ビジネスマン達に広まったとされています。〇〇ベースという表現で使われる「担当者ベース」とは、どのような意味なのでしょうか。またどんなシーンで使われているのでしょうか。さまざまな〇〇ベースという表現についても併せて紹介し...

車を購入すると、新しい車に早く乗りたいと落ち着かない人も多いでしょう。車が引き渡される記念すべき納車日は、誰もが心待ちにしているイベントです。納車日が確定し、担当者からの案内があると、最短の日にちを希望する人も多いのではないでしょうか。希望する納車日が担当者の休日の場合、日にちを変更してほしいと言われることがあります。担当者が不在の休みの日に車の引き渡しはできないのでしょうか。担当者の休みと納車日...

ビジネスシーンで、メールを送るときの宛名書きは意外と頭を悩ませます。担当者が複数の場合などにどのような順番で記載をすれば良いかが分からずに困った経験のある人も多いのではないでしょうか。名前の分からない担当者宛てのメールや複数人に宛てたメールなど、正しい使い方をすることが社会人にとってのビジネスマナーです。ビジネスメールを送るときの宛名の書き方や連名で送る際の順番、注意点、と基本的なマナーを覚えてお...

現在勤めている職場を辞めたいと決断した場合には、きちんと退職の手続きをしなければなりません。その際には、派遣先と派遣元の両方での手続きや事務処理が必要となる場合が一般的です。退職理由は人それぞれですが、病気などで急を要する場合には、定められた日程での退職手続きを望む人がほとんどでしょう。手続きをするためにはまず担当者へ連絡をします。その際に万が一派遣元の担当者と連絡がつかない場合には、どのような対...

ビジネスの世界では商談や打ち合わせなど、担当者と直接アポイントをとって訪問する機会が頻繁にあります。事前に訪問時間などの確認を行うことは、ビジネスマナーの基本です。改めて先方の担当者の都合を確認し、当日にきちんと訪問する旨を伝えます。その際に、先方へ伝えるための敬語表現として「伺います」や「参ります」を使います。この場合、どちらの表現が適切なのでしょうか。取引先などに恥ずかしくない対応ができるよう...

職場を退職する際の挨拶は、ビジネスマナーにおいてとても大切です。お世話になった取引先に退職の挨拶をすることはビジネスマンとしての基本です。後任者の紹介や引き継ぎを行うことも重要になります。前任者から引き継いだ業務を、後任者が責任をもって継続させるためでもあります。きちんとした引継ぎがなく、取引先から急なメールが送られてきた場合、後任者は困惑してしまいます。自分が後任者となった際、前任者が退職の挨拶...

職場で上司や同僚などが退職する場合、後任者として自身が業務を引き継ぐことになるかもしれません。これから新たな環境で挑戦しようとする同僚の門出や、これまでお世話になった上司の定年退職を労うためのお祝いです。相手に喜んでもらえるプレゼントを贈りたいと考える人もいるでしょう。何を贈ると喜ばれるかが分からず、プレゼント選びに迷ってしまうこともあります。退職する前任者への喜ばれるプレゼントにはどんなものがあ...

退職した元の会社から在職中の案件でトラブルが発生しているので対応するように求められることもあります。また、顧客が前任者の個人の携帯に電話をかけてくることもあります。そのような場合にはどのように対処すればいいでしょうか。1.元の会社から電話がかかってくる場合の対処法在職中のミスによってトラブルが生じているので対応してほしいと、元の会社が前任者に繰り返し電話をかけてくることがあります。そのような場合で...

前任者がまだ同じ部署にいる場合や、社内の他の部署に異動になった場合、前任者が仕事について口出しをしてくることがあります。そんな時には、口出しをしたくなる心理を理解し、それにうまく対処していく必要があります。1.前任者が口出しをする理由後任者が経験不足であると、何とか助けなければと親切心で口を出すことがあります。また、後任者が経験がある場合でも、自分のやり方が正しいと思っていて、それと違うやり方をし...

後任者としては引継ぎをきちんとしてもらいたいものですが、引継ぎがいい加減でストレスになることがあります。前任者がいい加減な引継ぎをする原因、そのような状況にどう対処すればいいのかを考えます。1.引継ぎがいい加減になる原因引継ぎがいい加減になりがちなのは、前任者の心の中にもう自分はここを離れるのだから、後がどうなっても関係ないという気持ちが起きるからです。もちろん、使命感、責任感が強く、会社や後任者...

派遣社員として新たな職場で働くときには、前任者の退職理由が気になることがあります。退職理由はどのような機会に聞けるのでしょうか。また、聞く時にはどんな点に注意すればいいでしょうか。退職する理由退職理由には、期間が満了を機に正規雇用を目指したいから、身につけたスキルをもとに専門職に就きたいからといったポジティブな理由もあります。また、結婚、出産、引っ越しなどの理由でやめる方もいます。親の介護や自分の...

派遣社員として働く場合、派遣先での評価が派遣元に伝わるのでしょうか。また、評価の高かった優秀な前任者と比較されてストレスを感じる場合にはどうすればいいでしょうか1.派遣先での評価は派遣元に伝わるのか?労働者派遣法によると、派遣元は派遣社員の賃金が適正かどうかを1年に1回評価しなければならないことになっています。また、派遣先もその仕事ぶりについて情報を提供する義務があります。派遣元は社員の仕事の様子...

自分の退職後に後任者から電話がかかってきて、業務のことを質問されるということがあります。退職後に頻繁に電話がかかって来て迷惑している場合、どのように対処するのが最善でしょうか。1.後任者が電話をかけてくる理由引継ぎをしているはずなのに、後任者が前任者に電話をかけて質問してくるのは、わからないことを上司に聞いたが上司もわからない、あるいは引継ぎで不明な点が後から判明したため確認したいという場合でしょ...

医学生や前期研修医、あるいは医療関係者が病院見学を希望するケースがあります。見学するには事前に申し込みをする必要がありますが、見学を申し込む際のメールの書き方、注意点などを押さえておきましょう。病院見学のお願いメールの書き方まず、忘れずに件名を書きます。宛て名は、病院名、部署名、担当者名の順に書いていきます。それから、本文の最初で突然の連絡を詫びた後に、自己紹介をします。学生であれば「○○大学□□...

会社に営業の電話がかかってきて、その際に担当者名を聞かれることがあります。名前を教えたくない場合には、どのように対処すればいいでしょうか。担当者名を聞かれた時の対処法電話で「御社の○○関係の担当をしている方のお名前を教えていただけますか」と聞かれることがあります。その場合には、まず用件を聞きます。用件を聞くのは、取引先からなのか、営業の電話なのかを判断するためです。用件を聞いた後、営業電話だとわか...

担当者に電話がかかってきたものの、本人が忙しくて出られない時に「手が離せないため」と言うのは相手に失礼なのでしょうか。また、会議中に電話があった場合に「会議中のため」と言うのはどうでしょうか。それぞれの場合の適切な対応を考えます。担当者が電話に出られない時に「手が離せない」と言うのは避けるべき担当者が忙しくて自ら応対できない時に、「手が離せない」と伝えると失礼だと感じる人が多いです。このように言わ...

生命保険は、残された家族のその後の生活を守るためにもとても重要な保険です。じっくり検討して自分たちにぴったりな保険に入ったという方も多いことでしょう。また、信頼のおける担当者だったことが決め手だったというケースも少なくありません。しかし、保険は担当者が変わることがよくあります。生命保険の担当者が変わる理由担当者を見込んで生命保険に加入したといった場合、その後もずっと継続して担当してほしいと思うもの...

得意先から担当者を変えてほしいと言われるのはそれほど珍しいことではないでしょう。納期に間に合わなかったり重要な会議に遅刻したりと、人間なら誰しもがその可能性があります。できれば変えたくないといった場合はどんな対処方法があるのでしょうか。得意先から担当者を変えてほしいと言われても得意先がカンカンに怒ってしまうようなミスがあった場合でも、ほとんどは本人が一番事の重大さを自覚しているものです。そのため、...

返信が必要な書類に返信封筒が同封されていることがありますが、そのまま送り返してはマナー違反となるので気を付けたいものです。返信先の宛先に注意点があり、「担当者行」となっている場合は「行」を訂正する必要があります。担当者行の訂正方法は?返信用封筒を同封する際には、先方が住所や宛名をわざわざ記載しなくても良いようにあらかじめ記入しておくのがスマートです。しかし、宛先は自分となることから、「担当者行」と...

保険などに入った際に担当者がかわることがありますが、この時の漢字表記は「担当者が変わる」と「担当者が代わる」のどちらが正しいのでしょうか。正しくは「担当者が代わる」漢字表記は、いくつもある同じ読みの中からその意味にふさわしいものが該当します。「担当者がかわる」というのは、生命保険などに加入して担当者がかわった場合などに使われ、「代わる」というのが正しい漢字表記です。「代わる」は、今までの人とは異な...

例えば転職後などに前任者が引き継ぎしてくれないというのはよくあることです。引継ぎする方は十分に教えたと思っていることもありますし、引き継ぐ方はこれではまったく十分とはいえないと感じていることもあるでしょう。では、このようなことになる原因は何なのでしょうか。前任者からの引き継ぎがうまくいかない原因業務の引継ぎが必要になるのは、前任者が退職や異動する時でしょう。年度替わりなどは特に多いですし、結婚や出...

新しい仕事に付いた時、前任者がしっかりとやり方を整えてくれていると仕事はスムーズにスタートできます。しかし、どちらかといえばそのようなケースは稀なのではないでしょうか。残念ながら、前任者の尻拭いをしなければならないことは珍しくないでしょう。前任者の尻拭いはいつか終わる仕事を引き継いだ途端に不具合が発覚するというのはよく聞く話です。前任者が異動しても連絡を取れる場合は解決してもらえることもあります。...

仕事を引き継いだ時などに、前任者があまりにも優秀だと肩身の狭い思いをすることがあります。引き継ぎの作業をしていても、なかなか覚えられないことにあきれられてしまうことがあるかもしれません。そんな時にはどう対処すれば乗り越えられるのでしょうか。前任者が優秀で引き継ぎし切れないことも自分よりも明らかに前任者が優秀だと、引き継ぎに時間がかかってしまい、すべてを網羅できないこともあります。前任者にしてみれば...

新しく会社に入った時には、誰しもが頑張ろうと新鮮な気持ちでいるものです。しかし、前任者がいた場合などは、とかく比べられて嫌な思いをすることもあるでしょう。仕事ができるのはその会社でのキャリアが違うのですから致し方ないとしても、前任者が明るい人だった、などと言われてしまったらどうすれば良いのでしょうか。明るい性格は天性のものよく言われることですが、性格が明るい、暗いというのは天性のものといえます。も...

社会に出ると理不尽な目にあうことが少なくありませんが、そのせいで謝罪しなければならなくなるのはやはり辛いものです。例えば、前任者のミスを丸ごと自分のせいにされて謝罪する羽目になるということがあります。前任者のミスを押し付けられるなんて他人のミスで自分が怒られるというだけでも相当なストレスになるものです。これに加えて、取引先などに謝罪に赴かなければならないということも会社に所属していると時々あります...

新しく入った職場で前任者と比べられるというのはよくあることです。前の人の方が仕事が早かった、気が利いていて職場の雰囲気がとても良かったなど、周囲から言われて悩んでしまう人は少なくありません。前任者と比べられるのは辛い職場で前任者と比べられるのはとても辛いことです。これは、例えば男性ばかりの中に紅一点だった場合などによくあることかもしれません。仕事の仕方や処理のスピードなどは、入ってすぐという時点で...

会社では、新規に始まった仕事でない限り、前任者から仕事内容の引き継ぎをするというのが一般的です。しかし、時には引き継ぎなしというケースがあります。前任者から仕事を引き継ぐということは仕事を前の人から引き継ぐ時には、営業であれば顧客についての細かな情報を教えてもらうことがありますし、事務作業なら仕事の段取りなどを教えてもらうことになります。これにより、担当者が変わっても会社全体の流れが滞ってしまうと...