蛍光灯・豆電球記事一覧

通常、蛍光灯を購入する場合、寿命がきてしまってやや光が暗くなってから量販店などに行くケースが多いでしょう。または完全に電灯が消えてから購入する人もいます。中には、次回また購入するのが手間で予備として数本まとめて買う人もいます。しかし、予備に購入したことを忘れて、そのまま数年放置してしまったなんて人もいるかもしれません。捨てるのももったいないし、使いたいけれども未使用の蛍光灯はどのくらい寿命があるの...

中学の理科の授業で出てくるのが、豆電球を直列つなぎにした時と並列つなぎにした時に、どちらの光が強いかや、乾電池が長持ちするかです。受験にも出てきますから、きちんと覚えたいですよね。最近はテレビのクイズ番組にも理科の問題がよく出題されますから、仕組みについて再確認したいという人もいるでしょう。実は、豆電球は回路に1個をつないだ時と2個以上つないだときでは、光の強さや乾電池の長持ち具合は異なります。少...

天井にあるひも付きの蛍光灯。夜寝る時にひもを引っ張って、パチパチと順番に消していくと、最後に残るのが豆電球です。オレンジ色の淡い光を放っていて見ているとほっとしますね。しかし、この豆電球。何となく雰囲気で呼んでいたり、他の言葉で言い換えて呼んでいるケースが多いようなのです。豆電球の言い換え。1番多いのはナツメ球他の言葉で言い換えて呼んでいる人が1番多いのはどうやら「ナツメ球」のようです。ナツメ球と...

「豆電球がつかなくなった」「新たに豆電球を購入したい」「予備で購入しておきたい」などいろんな理由で家電量販店やホームセンターなどに豆電球を買いに行かれると思います。しかし、電球の他にも購入しなければならないものもあります。電球を回して取り付ける側の金属部分です。電球の先端部分についていますから一緒に購入しないとダメそうですね。この部分の名前が分からないとお店でスムーズに購入できません。一体どんな名...

何気なくSNSを見ている、動画をぼーっと観ているなど暇つぶしには携帯が便利ですよね。しかし、ふと携帯の画面を見ると、なんだか豆電球マークのようなものが出ている!なんてことはありませんか。携帯のバックライトがOFFになっているから豆電球マークが出る画面の上に見られる豆電球マーク…。さっきまでは確かに無かったはずなのに、もしかして無意識下で変なボタンを触ってしまったのではと思われる方も多いのではないで...

電球は、フィラメントに電気を流す白熱電球や発光ダイオードに電気を流すLED、蛍光管に電気を流す蛍光灯などの種類があります。一般的にLEDは長寿命といわれるものの、やはり永遠ではありません。では、電球が切れる理由は何なのでしょうか。電球が切れる理由例えば白熱電球は、タングステンフィラメントという電線に電流を流して光を発します。電流が流れると非常に高温になるわけですが、その結果、金属は蒸発して劣化し、...