何もしていないのに突然、携帯に豆電球マークが!これって何?どうしたら消せるの

何気なくSNSを見ている、動画をぼーっと観ているなど暇つぶしには携帯が便利ですよね。

 

しかし、ふと携帯の画面を見ると、なんだか豆電球マークのようなものが出ている!なんてことはありませんか。

携帯のバックライトがOFFになっているから豆電球マークが出る

画面の上に見られる豆電球マーク…。

 

さっきまでは確かに無かったはずなのに、もしかして無意識下で変なボタンを触ってしまったのではと思われる方も多いのではないでしょうか。

 

携帯は写真が撮れたりインターネットを見られたりと便利ですが、その分ウイルス感染や詐欺などの危険もあります。

 

誰でも変なマークが出ていると不安になります。消したくてもどこを触ったか分からなければ、どうしようもありません。

 

しかし、実はこの豆電球マークは、バックライトがOFFになっているから表示されただけなのです。

 

バックライトとは、携帯の液晶画面を明るく照らしてくれるライトのことです。

 

液晶の裏側に内蔵されているものです。

 

通常、私たちが携帯を持って、何かしら利用していると外面は明るく光っています。

 

メールをしている時や電話をかけている時、動画を観ている時などを思い出してください。

 

これはバックライトが作動しているからです。

携帯の液晶画面はそれ単体では光を放ちません。

 

そこでバックライトを取り付けることで、液晶の後ろ側から光を放ち、画面が見えるようになっています。

 

バックライトは付いている携帯機種もあればない機種もあります。

 

液晶の代わりに有機ELディスプレイなどを採用したものは、バックライトが付いていません。

 

携帯を触っている時に知らずにバックライトをOFFにする設定に触れてしまうことがあります。

 

そのため、豆電球マークが液晶画面にあらわれたのです。

携帯の豆電球マークを消すには、バックライトをONにしよう

携帯の豆電球マークを消すためには、バックライトをOFFからONにすることが必要です。

 

今のままでは画面が暗くて見にくいので、設定を変えましょう。

 

携帯の機種によりバックライトの設定変更は異なりますが、大体はホーム画面のアプリの「設定」から「画面表示」→「バックライト」とタップしていけばOKです。

 

バックライトがOFFになっているのを確認して、OFFに変更しましょう。

 

また、この時にバックライトの自動点灯時間の設定もできます。

 

「常時点灯」になっている場合は、電源が付いているとずっとバックライトが作動しているということです。

 

バッテリーの消耗が激しくなるので、消灯時間を短くしたほうが良いでしょう。