請求書記事一覧

取引を行う際に請求書を発行することはよくあることではありますが、様々なイレギュラーも発生します。今回は請求書が2枚にわたる場合に合計金額をどちらに記入すると良いかについてや、受け取り側の事を考えた見やすい書き方、渡し方について紹介いたします。合計金額はどっちに記入してもいい 結論から先にお伝えすると、請求書が2枚にわたる場合に合計金額を記入するのはどっちの請求書であっても問題はないということになり...

取引先と仕事をした時に必要になるのが請求書です。その中には請求日を記入する必要があります。請求日に関しては各取引先と「10日」や「25日」、「末日」などと取り決めます。では例えば請求書を発行する請求日が日曜日や祝日などの休日だった場合、日付はどうすればよいでしょうか?その点に関してこちらのページでは説明します。請求書に請求日が必要そもそも取引先と仕事をした時に、体裁を整えた請求書を発行しなければ、...

業界を問わず、仕事の報酬を受け取るためには請求書の作成が必要です。建築業界でも同じことがいえます。会社勤めの方なら請求書は会社が用意してくれますが、独立した一人親方の場合はそうもいきません。建築業界には「人工」という言葉があり、請求書にもルールに乗っ取った書式で記載すれば、取引先に不安を与えることなく、スムーズに請求業務が行えます。こちらのページでは建築業界ならではの請求書の書き方を説明します。人...

請求書は仕事をしていくと必ず必要になってくるものです。しかし、どこで売ってるのかは意外と知らない人も多いのではないでしょうか。余計な手間を省くためにも、売ってる場所を知っておきましょう。どこで買えるのか知っておく請求書を売ってる場所は限定されていて、専門のお店などではないと購入できないと思っている人は多くいます。実際、領収書が売っているようなスーパーやコンビニなどで、請求書が販売されておらず驚いた...

現金での支払いが主流だった日本でも、現金以外にもクレジットカードやスマホ決済など支払い方法の多様化が進んでいます。飲食店を利用する時も同じく、支払い方法は多様化していますが支払いのタイミングは多くの人が飲食をした後、すぐに支払いをします。しかし、中には定期的に決まった飲食店を利用する会社もあります。そのような会社にはまとめて支払いをしてもらう事も可能です。そういった場合に、飲食店は正しい書き方で請...

病院で診察を受け会計をする際に、必ず請求書兼領収書を発行されますよね。この請求書兼領収書にはどんな使い道があるかご存知でしょうか。何が記載されていて、どんなときに必要なのかなどを知っているとこの請求書兼領収書が役立つ時がくることを簡単にお話したいと思います。請求書兼領収書でわかること病院から交付されるこの請求書兼領収書とは、簡単に言えば診療に対する請求書とそれをきちんと支払ったことを示す領収書が一...

請求書はビジネスシーンで必ず必要となるため、渡し方などをしっかりと知っておくのは社会人としてとても重要です。間違った方法で渡してしまうと相手に失礼となってしまうケースも多いので、注意しなくてはいけません。請求書の渡し方を知っておく意味近年ではパソコンが普及してきた事もあり、請求書についてもメールで送信するといったケースも多くなっています。ただ、渡し方のルールがあるかどうかを分かっていないと、渡し方...

家のリフォームは人生の中でもとても大きな決断です。長年住んだ家が新築同然のきれいな家になると考えるだけでも楽しいですよね。しかし、リフォームは家がきれいになってそれで終わりではありません。一般的には工事完了後に、リフォーム会社から請求書が届いてその支払いをもって完了します。しかし、中には完了後いつになっても請求書が来ないこともあります。その時の対処方法をリフォームの流れや理由を把握した上で考えまし...

仕事をする上で、日々取引先や個人の方と請求書のやり取りを行われていると思います。しかし、残念な事ですが中には請求先の方が急に亡くなってしまう事もあります。そんな場合亡くなった方へは請求書を送れません。では誰宛に送れば良いのでしょうか?また、その場合は文面は通常通りで良いのでしょうか?その点に関して説明したいと思います。支払責任人が死亡した時には相続が発生します。相続はお金や家などの資産を引き継ぐと...

サービスや商品提供前に事前にお預かりするお金のことを前受金と言いますが、こちらは請求書の書き方をどの様にすれば良いのでしょうか?前受金がある場合の請求書の書き方についてご説明します。前受金も含めて1枚の請求書にまとめる前受金は事前に支払ってもらうお金ですが、請求書は1枚にまとめるのが一般的です。請求額は全体のお金から差し引き請求額を記入し、明細に全体の金額とお預り金として明細を記載します。例えば商...

ビジネスにおいて請求書はとても重要な役割を持っています。そして同時に、取引先との信頼関係を築きそれを維持するためにも必要な位置にあるのです。遅れや記入漏れ、送付状を添えていないなどはマナー違反となります。ではその正しい書き方についてまとめてみました。領収書との違い会社にある様々なビジネス書類の中でも代表的なものは請求書と領収書でしょう。この両者の大きな違いは支払いを求める立場か、支払うという立場か...

請求書を発行する際に複数枚になる場合、2枚目以降の用紙には会社の角印を押すべきなのでしょうか?会社によっても異なりますが、大抵の場合2枚目以降の請求書はこのように対処する所が多いでしょう。1枚目に角印を押して綴じ込みすればOK請求書が複数枚にわたる場合は、大抵の場合1枚目に会社の角印を押せば2枚目以降はヒモ閉じやホチキス止めをすれば問題ありません。1枚目の住所の部分に角印を押し、他のページと同じタ...

仕事の発注書を受け取った際に「請求書は翌月初3営業日以内弊社必着」など書かれている場合、請求書の発行はいつまでに行えばいいのでしょうか?意味を事前に確認してトラブルが起きないようにしましょう。翌月初3営業日はどういう意味?発注書などに記載されている「翌月初3営業日」という単語は、「翌月初めの営業日3日」という意味です。例えば「締め月の翌月初3営業日以内弊社必着」と言う場合で、先方の締め月が5月末日...

請求書の発行後に先方都合で値引き交渉をされた場合。内容次第では再発行をしないといけませんがどの様に対処すれば良いのでしょうか?請求書発行後に値引き交渉された際の対処法をご紹介します。値引き交渉の内訳を要確認実は請求書発行後に値引き交渉をされるケースというのは珍しくありません。請求内容を突然変えて欲しいと言われても困惑される方も多いでしょう。悪質な会社の場合、いわれなき理由で値引き交渉されることもあ...

請求書等を取引先に送る時には、書き方はもちろん、折り方にもマナーがありますので注意が必要です。取引相手に失礼にならないよう、正しい折り方を身に着けておきましょう。ここでは、用紙サイズの疑問とA5サイズで作成した請求書の折り方について説明します。請求書の用紙サイズについての疑問請求書を作成する際、大きさはどのように決めていますか?会社で用意されている用紙やテンプレートを使用していて、サイズについて意...

請求書を送る段階になって、茶封筒で送って取引先に失礼にならないか、白い封筒にするべきか悩んだ経験はありませんか?封筒の種類は豊富にあり、どの封筒を選べばよいかわからないという方の為に、請求書を送る時の封筒選びについて紹介します。茶封筒が使われる場面茶封筒を使う場面には、納品書や請求書、会社の書類関係等が考えられます。書類関係や資料関係を入れる等、若干カジュアルな印象も受けます。A4・B5・A5・B...

ビジネスシーンで書類を作成する際には、必ず日付を記入しなければいけません。例えば請求書の日付を記入する時、西暦・元号のどちらを使っていますか?請求書等仕事関係の書類作成時にいつも迷うという方の為に、請求書の日付表記について解説します。なぜ2種類の表記が混在するのか日本で元号を使用するようになったのは1000年以上も前、「大化」が制定されて以来「令和」に至るまで用いられています。それ程長い歴史がある...

塗装業を経営しており、自身の会社ではなく他者の会社の応援に呼ばれて仕事を行ったという場合。請求書の書き方はどのようにすれば良いのでしょうか?書き方の注意点やポイントをご説明します。応援の場合も塗装工でOK塗装業を営んでおり同業他社の応援として仕事をした場合。名称の項目欄の請求書の書き方は塗装工で問題ありません。普段は工事後その場で費用をもらっているという場合も、応援の際には別途請求書発行が必要なこ...

パソコン初心者の方で、個人事業主の方などがいます。そんな方にとっては、できるだけ請求書の作成時でもコストを抑えたいと考えることでしょう。いろんなテンプレートがサイト上にありますが、どういった選び方をすればいいのでしょうか。いろんなテンプレートが公開されている個人事業主の方などで、請求書を作成しなければならないこともあることでしょう。しかし中にはどんな形式にしたらいいのか迷ってしまう方もいることでし...

アルバイトを長く続けるうえで気になるのが請求書の書き方です。アルバイト代の場合、請求書の書き方はどのような形になるのでしょうか。請求書の書き方や書式について、源泉徴収の仕組みを含めて詳しく見ていきましょう。アルバイト代でも請求書は必要?書式とルールを解説!アルバイトでは正社員のように会社側に源泉徴収の義務がないため、一定以上の給料を得ている場合は請求書を提出して給料と所得税の部分を分離する必要があ...

フリーランスとして仕事を受注したり、反対に案件を発注したりする場合に重要となるのが請求書と納品書です。ビジネスでは請求書と納品書を頻繁に照合することによって納品数や日付、報酬金額などを明示することができます。書類の照合方法とそれぞれの違いについて見ていきましょう。請求書と納品書の違いは?照合方法は簡単!請求書と納品書はどちらもビジネスで必須となる書類ですが、その役割についてはそれぞれに異なっていま...

起業して売り上げが発生した場合、必ず書かなければいけないのが「請求書」ですが、自分が会社に勤めている頃は営業事務や経理が作成してくれた請求書を自分で作らなくてはいけないとなると、戸惑ってしまう人も多いようです。請求書作成の基礎知識と押さえておくべきポイントを学んでおきましょう。押さえておきたい請求書作成のルール請求書には法律で規定されるような書き方の決まりはありません。請求書を作成するにあたって重...