短期大学記事一覧

短期大学に進学する場合、授業カリキュラムや卒業するのに必要な単位数・卒業所要単位について正確に知っていなければならないでしょう。4年生の大学とまではならないまでも、2年制・3年制の短期大学でもかなりの単位数になることは間違いありません。短期大学の修得単位数について学校を卒業するためには、文部省が定める課程を修得する必要があります。例えば、大学ならば4年間で124単位以上と定められていますし、看護学...

短期大学は各職業の専門知識・技術を専門に修得する場所でもあることから、卒業後の就職が決して不利ではないと考えることができます。一方で、4年生の大学よりブランド力で劣るため、大手企業への就職には不利だという見方もあります。実際のところはどうなのか、その点を確認してみましょう。短大生の就職は不利か?短期大学生の中には、就職活動の大詰めになっても内定が決まらないとか、内定が得られないまま卒業するといった...

仕事をしていると、「もっとこの分野を専門的に学んでおくべきだった」という後悔をすることがあります。自分の将来をさらに豊かなものにするため、収入面で一段高いポジションを目指すために、20代後半から30代の社会人の中には時間の都合をつけ、専門スキルを修得したいと考える人がたくさんいます。ですが普通の人は、「30代になって大学や短期大学に通っている人は少ないかもしれない」と尻込みするかもしれません。では...

短期大学の入試試験には、大学受験と同じようにAO入試が利用されています。このAO入試は、いわゆる一般受験のタイプのように学力重視ではありません。相性が合えば落ちる心配が少ないこと、また推薦ではないため、合格しても入学する・しないが自由という特徴があります。そんなAO入試では、競争率が高くない短期大学であれば落ちる人がいないという話がよく聞かれます。実際のところはどうなのか、落ちる人が多いのかどうか...

大学・短期大学で学ぶ際に重要なのが単位です。単位を落とすことで留年してしまったという話を耳にしたことがある人なら、もしも自分が同じ状態になってしまったら…と心配になることでしょう。しっかりと勉強して出席をし、テストや課題もこなせているなら問題はありませんが、それでも予期せぬトラブルが起きてしまうことはあります。そこで、短期大学で単位を落とすとどうなるのかについて見ていきます。これから進学する人、入...

短期大学を卒業すると、短期大学士となります。これにより最終学歴が短大卒になるのですが、この最終学歴によって企業に採用された際の初任給が変わるのです。そこで気になってくるのが、短大卒の場合と4年制大学卒業者とでは、初任給にどれだけの差が出てくるのかです。学歴によって初任給に差が出るなら、自分は進学をどのようにするべきなのかという考え方にも影響が出てきます。ここでは短大卒と大卒の違いについて比較してい...

大学生は遊ぶ時間があると言われていますが、短期大学の場合はどうなのでしょうか。もちろん大学でも学科などによってはとても忙しいこともありますが、短期大学や専門学校よりは余裕はあります。それでは、短期大学と専門学校を比較するとどうなるのかが気になるところです。金銭的な事情から、4年制大学ではなく短大や専門学校を選ぶ人の場合、アルバイトをして生活費を稼ぐ余裕があるのかは重要なポイントになります。そこで、...

短期大学は、4年制大学と比べてもタイトなスケジュールです。しっかりと勉強し、テストや課題をこなさなければいけませんが、そこで気になってくるのが就職活動の開始時期です。どのタイミングで始めるべきなのか、ライバルに差を付けられないためにもいつからが良いのかなど、短期大学の就職活動のタイミングが気になる人向けに解説していくので、ぜひ参考にしてください。短期大学の就職活動はいつからスタートするのか短期大学...

就職の際などには履歴書を書くことになりますが、あらためて書こうと思った際に、自分の学歴がどのようになっているのかで迷うこともあります。自分ではこうだと思っていたけど実際には違ったというケースもあるので、1度しっかりと確認しておくと良いでしょう。特に、短期大学校卒の人の中には、最終学歴がどうなっているのかと迷ってしまう人もいます。そんな時に参考にできる内容となっているので、ぜひチェックしてみてくださ...

短期大学へ入学した人が進む道は、そのまま卒業するだけではありません。そこから大学編入をして4年制大学へと進むこともできます。もちろんそう簡単にできることではありませんが、さらに注意したいポイントとして、忙しいという問題があります。短期大学から大学編入することに興味はあるけど、どれだけ忙しいのか不安だという人は、ぜひ参考にしてみてください。ケースバイケースなところはありますが、これからの進路を決める...

短期大学から4年制大学への編入をすることは、誰でもできるわけではありません。編入資格を持ち、その上で試験を受けて合格する必要があります。この編入方法にもいくつかの種類があり、その中の1つが指定校推薦です。通常の試験よりも条件面では厳しいところはありますが、それ故のメリットもあります。指定校は限られた枠ですが、目指す価値のある制度です。短期大学からの編入をしたいと考えているなら、ぜひこの試験について...

履歴書を書く時には色々なことに注意しなければなりませんが、気をつけているつもりでもうっかりミスをしてしまうことはあります。例えば、通信制の短期大学を卒業した場合は、履歴書へどのように書けば良いのでしょうか。いざ書こうと思ったら書き方について迷ってしまう人は多いのです。そんな疑問を持っている人のために、履歴書の書き方についてまとめていくので、ぜひ活用してください。そもそも通信制の短期大学は学歴になる...

面接時の言葉遣いは、普段使い慣れていないことから間違ってしまう人も多くいます。それぞれどういう意味なのか、何を対象にどの場面で使う言葉なのかが分かっていないと、自分で口にしてもふわふわした印象を受けることがあります。実際に面接の練習をしていても、このような問題に悩まされている人もいるのではないでしょうか。そこでポイントにしたいのは、短期大学面接時の大学に対する呼び方です。「御校」で良いのか、本当は...

短期大学の面接試験に臨む場合、どのような服装、身だしなみに気を付けたらいいかと心配になる人は多いでしょう。面接の練習をどれだけ頑張っても身だしなみがだらしなくては面接官に悪い印象を与えてしまいますので気を付けなければなりません。服装はもちろん髪型や持ち物などトータルで気を遣い、面接を好印象で終えられるよう努めていってください。短期大学の面接の服装は制服が基本面接試験に臨む際の服装ですが、現役での受...

99%は落ちないと言われている短期大学の指定校推薦ですが、面接の内容によっては落ちることもあります。100%誰でも受かるということではありませんから甘く考えてはいけません。基本的なポイントを押さえておけば問題はないものの、基本として見落としていることもあるかもしれませんから、改めて面接においてどのようなことに気を付けていったらいいのか学びなおしておきましょう。短期大学の面接で落ちる原因No1は試験...

短期大学を受験する場合、志望動機や面接において大学側を何と呼んだら良いのか困ってしまうことは多いです。貴学、貴校など表現の仕方は様々ありますが、一体どれを使うのが正しいのか、正しい使い方を紹介していきます。短期大学の面接では貴校ではなく貴学を使うのが正解大学側を表現する言葉の一つに貴学がありますが、これは辞書を引くと大学に対して用いられることが多い言葉と出てくるので、短期大学を受験する際に使用する...