パスポート記事一覧

パスポートで使う写真は、撮影に何かと気を使います。パスポート用の写真は国際的な決まり事があり、その決まりを守っていない場合、パスポートの申請に通らず撮影し直しとなったり、出入国審査で本人と認めてもらえなかったりする可能性があります。髪の毛で耳が見えない顔写真は申請に通るのでしょうか。耳が見えない写真は大丈夫?パスポートは国際的な規格が決められており、その規格の1つに「前髪などが顔にかかって、顔のパ...

世界で通用する身分証明書であるパスポート。パスポート写真は本人であることを証明するためのものですから、国際的な規格が決められており、その規格を守って撮影しなければいけません。では、パスポート写真の国際的な規格ではピアスやネックレスなどのアクセサリーの装着は認められているのでしょうか。ピアスを付けたままパスポート写真を撮影しても大丈夫?ファッションとして人気のピアス。お守りとして身につけている方もい...

せっかくパスポートの申請をしたのに受け取りに行かないとどうなるのでしょうか?また受領期限を過ぎてしまった場合にはどうなるのでしょうか?何らかの都合で期限内に取りに行けなくなるケースもあるだけに注意したいところです。申請と発行のタイムラグこれはパスポートを発行してもらう時の注意点のひとつでもありますが、パスポートセンターで申請したらすぐに発行してもらえるわけではなく、後日受け取る形になります。パスポ...

わたしたちにおなじみのパスポート、日本人ならみな同じ大きさのものを使っているわけですが、国際的に見てこの大きさは平均的なのでしょうか?国ごとに大きさは異なるのでしょうか?パスポートの変遷パスポートの大きさはB7(ISOサイズ。日本のJISとは異なります)、つまり縦12.5センチ、横8.8センチです。現在でこそ当たり前のように使われていますが、このサイズになったはそれほど古いことではなく1992年の...

パスポートはこれまでの歴史の中でデザインが変更されています。現在ではサイズも仕様も非常に優れており、「世界でもっとも優れたパスポート」ともいわれています。パスポートの歴史をたどる海外旅行に欠かせないパスポート、となれば海外旅行の歴史の分だけパスポートの歴史があるといっても過言ではありません。その過程の中で大きさはもちろん、デザインなどが変わったことも多く、それだけでも興味深い歴史になります。パスポ...

証明写真用の写真機で撮影した場合、シートで印刷されます。それをハサミで切り取ったうえでのりで貼り付けて提出する必要があるわけですが、申請する場所にハサミとのりは用意されているのでしょうか?ない場合には不都合が生じるのでしょうか?証明写真を必ず用意しよう!パスポートを作るうえでなくてはならないのが証明写真、つまり自分の写真です。身分証明書としても重要な役割を持つわけですから、しっかりとした写真を撮影...

パスポートの申請を受け付けているパスポートセンターの受付時間ギリギリに訪れても、問題なく申請できるのでしょうか?その際にはどんな注意点があるのでしょうか?パスポートセンターの受付時間についてパスポートの申請はパスポートセンターで行います。当然のことながら時間内に訪れて必要な手続きを済ませる必要が出てくるわけです。この受付の時間に関しては通常17時までのところが多く、日中に仕事がある人はなかなか訪れ...

パスポートを申請するときには住所に加えて「その他勤務先などの日中の連絡先」を記入する欄がありますが、これは記入する必要があるのでしょうか?パスポートの記入欄についてパスポートを申請する際には、住所氏名といった基本事項を記入する必要があります。パスポートは国内のみならず海外の渡航先においても身分証明書として機能するわけですから、当然正確な個人情報を入力する必要があるわけです。しかし、その中には記入に...

パスポートを見ると、身分証明のページに住所氏名や本人の写真とともに旅券番号が掲載されています。よく見るとそれが9桁でなりたっているのがわかりますが、9桁以外のパスポートも存在するのでしょうか?パスポートは身分証明書!海外旅行の際に欠かせないパスポートは、身分証明書としても使用することができます。日常生活における身分証明の機会に使うだけでなく、旅行先で万一身分証明が必要な時にも欠かせないものです。例...

パスポートの身分事項のページには自署欄があります。申請の際には自分で署名する必要があるわけですが、必ずフルネームで書かなければならないのでしょうか?日本人にとってはあまり気にならない部分ですが知っておきたいところです。パスポートの身分事項ページには自署欄がありますパスポートは身分証明書でもあり、万一海外に滞在中にトラブルに見舞われたときに呈示を求められることもありますし、現地の日本大使館に問い合わ...

パスポートの自署欄に名前を記入する際に点線をはみだしてしまうと、受理されなくなってしまうのでしょうか?アルファベットで記入するときなどに気になる部分です。パスポートのもっとも重要な部分パスポートには所持者の身分を証明するための身分事項のページがあります。ここにはパスポート番号、氏名、住所、性別、発行年月日、発行元などの基本情報が記載されています。さらに所持者本人が自署で名前を記入する欄があります。...

普段ワックスで髪を立てている人は、パスポートの写真の際にもワックスを使っても大丈夫なのでしょうか?パスポート申請時の写真に注意!パスポートは海外渡航時に本人であることを確認するための非常に重要な書類です。また国内外両方で身分証明書としての機能します。それだけに本人の写真が非常に大きな意味を持ってきます。近年では国内でも写真がついていない身分証明書が使えないケースも出てきており、提示したときにその身...

パスポートには旅券番号が記載されていますが、これは永続的なものではなく、パスポート番号は更新すると変わるのが大きな特徴です。運転免許証のような他の身分証明書や異なる部分パスポート番号は更新すると変わる、これはすでに何度か更新したことがある方にとってはおなじみの知識かもしれません。一方ではじめて更新する方にとってはパスポート番号は更新すると変わるのは、ちょっと意外で不便な印象を受けるかもしれません。...

パスポートの申請の際には写真の裏に名前を書いた方が良いとよく言われますが、これは必須なのでしょうか?書かないと何か困ったことが起こるのでしょうか?パスポート申請時の注意点パスポートを申請するときには、申請書のほかさまざまな必要書類が必要になります。これらをすべて揃えないと申請を受け付けてもらえないのです。海外旅行ともなると厳密な身分調査が必要になりますし、パスポートは渡航先における大切な身分証明書...

パスポートを新規発行してもらう場合には戸籍謄本を用意する必要があります。申請の際に申請書と一緒に提出するわけですが、届け出が認められたら返却してもらえるのでしょうか?パスポートの申請における戸籍謄本の扱いパスポートは日常生活における身分証明書として使えるだけでなく、海外旅行の渡航先においても自分の身分を証明する重要な種類となります。海外の場合には不法入国ではなく、日本国が発行したパスポートで正規に...

海外旅行に欠かせないパスポート。しかし発行してもらってから何年も経過するとついつい有効期限への意識が薄れてしまいがちです。せっかく旅行に行こうと思ったら有効期限が切れてしまっていた、といったケースもよく見られます。パスポートの有効期限は必ずチェックしよう!パスポートは5年、もしくは10年の有効期限が設定されています。若いころの5年の期限の場合は忘れずに更新手続きを行うケースも多いのですが、年齢を重...

パスポートの自署欄の本人署名は、間違いなく本人のものであることを証明する重要なサインでもあります。そんなサインを筆記体で書いていいのでしょうか。また、書いていいならどんな点に注意するべきなのでしょうか。自署欄は海外でのサインでもあるパスポートを申請する際には自署欄に自分の名前を記入する必要があります。この自署がそのままパスポートに転写されて正規のパスポートとして使用できるようになるわけです。そして...

パスポートの特徴の一つに、更新するたびにパスポート番号が変わる点があります。では更新手続きの際に発行の際に事前に知りたいと思ったらあらかじめ番号を教えてもらうことはできるのでしょうか?厄介なパスポート番号変更の問題パスポート番号を事前に知りたい。そんな話題が出てくる理由は、更新するたびにパスポート番号が変更されてしまうというパスポートならではの事情です。運転免許証のように一度決められた番号が何度更...

パスポートは、新規で発行手続きをする場合と、有効期限内に更新する場合とでは準備するものが異なってきます。すでにパスポートを持っている人はできるだけ有効期限内に更新しておきたいところです。有効期限が迫ったらできるだけ早く更新手続きを!パスポートは身分証明書としての面もあるため、手続きの際には本人であることを確認するためのさまざまな必要書類を用意することが求められます。ひとつでも欠けていれば、申請する...

大切なパスポートを保護したり、便利に携帯したりすることができるもの、それがパスポートケースです。一口にパスポートケースと言っても、そのデザインや機能、そして形にはさまざまなタイプがあります。そんなパスポートケースの売ってる場所は意外にも多く、身近なところでも簡単に探すことができます。種類自体もたくさんあるため、まずは、自分がほしいパスポートケースはどのようなものか、ある程度決定してから売ってる場所...

海外に出かけるためには必須のパスポートですが、申請から受け取りまである程度の期間が必要になります。余裕を持って申請することが1番ですが、中にはギリギリになってしまい、1日早く受け取りたいと考える方も多いことでしょう。その方法はなくはないですが、なかなか厳しいい条件がついてきてしまいます。受け取りにかかる期間をきちんと把握して、1日早くパスポートを受け取らなければならない事態にならないようにしましょ...

パスポートを発行するためには、多くの作業が必要になってきます。必要書類の中には普段あまり使用することのない戸籍謄本等の書類が含まれているため、きちんと計画立てて準備する必要があります。パスポートの申請に必要な書類についてパスポートの申請をするために必要な書類は、全部で5種類あります。1つ目は一般旅券発給申請書で、必要事項を記入した後、提出します。申請書の入手は、パスポート申請窓口に取りに行くか、イ...

パスポートを取得するには証明写真の提出が必須となります。パスポートの写真は履歴書などの証明写真と異なり、厳しい規定が定められており、写り方やサイズが小さい場合は撮り直しを要求される場合があります。パスポート写真に関する規定についてパスポート用の写真は撮影されてから6ヶ月以内のものを用意することが必要です。背景は白、もしくは淡い色の無地のものであり、カラーでも白黒でも問題はありません。正面を向いてい...

パスポート用の写真には、通常の証明写真とは異なり、細かい規定が定められています。場合によっては、パスポートセンターへの提出の段階で差し戻されてしまう場合があるため、注意が必要です。特に、前髪の長さが眉毛や目にかかっている方は、きちんと処理をして撮影しないと申請が通らず、撮り直しを要求される場合があります。パスポート写真の髪型についてパスポート写真の髪型について、外務省では「前髪などにより、目やその...

パスポート用の写真を用意するとき、どんな服装が正しいのか悩んでしまう方が多くいます。しかし、パスポート写真の服装に関する規定はそこまで厳しくありません。ある程度の自由はありますので、きちんと規定を把握して、服を選びましょう。また、学生の方が学生服を着用する際の注意点もまとめていますので、是非参考にしてみてください。パスポート用の写真に関する服装の規定はあるの?パスポート用の写真には細かい規定が定め...

パスポートの発行には、種類別にそれぞれ異なる金額のお金が発生します。お金を支払うタイミングが申請時なのか、受け取り時なのかによって、お金を用意するタイミングは異なってきます。発行するために必要なお金の金額を把握し、スムーズに申請が行えるように準備しましょう。パスポートの発行にかかるお金発行時に支払うお金は、パスポートの種類によって異なります。一般人用は10年間有効なものと5年間有効なものの2種類が...

日本から外国に入国するために必ず必要となってくるもの、それがパスポートです。日常的に使用するものではないですが、自分の身分を証明するときなどにも使えるとても大切なものです。パスポート本体の大きさや写真の大きさなどはきちんと細かく規定されており、それぞれ基準を満たしたものだけが発行されています。日本と外国のパスポート本体の大きさについてパスポートの大きさは125mm×88mmというように、国際的に統...