丁寧語記事一覧

「お元気ですか」と言う言葉を目上の方に使う方も多いですが、そもそも「お元気ですか」は丁寧語かどうか悩んでいる方も多いと思います。より丁寧な言い方をするとどのような言い方になるかと合わせてご説明します。お元気ですかは丁寧語か?「お元気ですか」は一見言葉におが付いていますので丁寧語かと思われがちですが、時と場合によっては丁寧語かどうか微妙な使い方になります。丁寧な言い方にするためには「お元気でしょうか...

ゴミという言葉はそのまま使うと少しきつい言い方に聞こえてしまうシーンもあります。ゴミを丁寧語に言い換えるときに何て言えば良いか悩んだときには、このような言い方をするとマイルドに聞こえて良いでしょう。ゴミの丁寧語ゴミを丁寧語として使う際には廃棄物や塵芥という言い方がおすすめです。特に廃棄物の場合は普段から使う事も多いですので、レポートの際にゴミという単語を出す時に利用されることも多いでしょう。廃棄物...

値段を尋ねる際に使われるいくらという言葉ですが、いくらですかとそのまま使うと角が立つ場合があります。目上の方などに使う際には、特に使い方を間違えないようにお値段を聞く際にはいくらの丁寧な言い方が何か知っておくと安心です。いくらの丁寧語は何?いくらか相手に尋ねる際にはお〜という形式が使いやすいでしょう。「おいくらでしょうか?」というように使うだけでも丁寧語になります。お店で買い物をする際など、こちら...

ですます調の丁寧語に対し丁寧語の対義語は何があるのかご存じでしょうか。文章として使う際にも知っておきたい丁寧語の対義語は何と言われるのか、また丁寧語の対義語の特徴と合わせてご説明します。丁寧語の対義語は何?丁寧語の対義語は一般的に常体語と言われており、文章や口語表現としても使いやすい表現方法です。普段の生活ではこの常体語を使っている方が多くいわゆるオフのシーンで使われることも特徴です。丁寧語の対義...

兄弟の話をする時などにお兄さん、弟さんというような使い方をする事もありますが、これは丁寧語としては不十分です。目上の方に対する場合は特に何かと失礼になる場合もありますので、正しい丁寧語の使い方を知っておきましょう。弟や兄の丁寧語は何?フォーマルな場でも何かと使われる言い方として「ご令弟様」や「ご令兄様」という使われ方があります。古典的な言い方ですと「弟君様」や「兄君様」のような言い方もありますが、...

丁寧語の一種である「御」の字ですが正しく使わないと返って失礼になる事もあります。「御」の正しい使い方をマスターしておくだけでも丁寧語の使い方は格段に良くなるでしょう。また「御」の字そのものが不要な場合もありますので合わせて知っておくことが大切です。御の正しい使い方は?丁寧語として知られる「御」ですが、何でもかんでも使えば丁寧語になるというわけではありません。場合によっても不要かどうかが変わりますが...

奢るという言葉を丁寧語にすると奢って頂きました、奢らせて頂きますというような言い方になります。決して間違えではありませんが目上の方に対してはこのような使い方をすると何かと角が立ちにくいでしょう。相手に奢ってもらう場合の丁寧語の使い方目上の方に奢って頂く場合の丁寧語として何かと便利なのが「ご馳走」という言い方です。奢るという言葉を使って丁寧語を使うと奢って頂くというような使い方になりますが、こちらは...

ビジネスにおいてクライアントやお客様に2〜3日前のことでご連絡やお礼を伝える時などに2日前ないし3日前は〜というような使い方をするのはあまり好ましくありません。丁寧語として使う際にはこのような使い方をすると良いでしょう。2日前、3日前の丁寧語は?2日前や3日前の出来事を丁寧語に変換する場合、「2日前」であれば「一昨日(おととい)」、「3日前」であれば「一昨昨日(さきおととい)」という使い方が丁寧語...

おかずという単語は一見、御の字がついてるから丁寧語かと思われがちですが、御をつければそのまま丁寧語になるかというとそんなことはありません。おかずを丁寧語にするとどの様な表現方法になるのかご説明します。おかずは丁寧語か?おかずは漢字にすると御数や御菜というように御が既につけられていますので丁寧語に分類されます。副食物のことを指す単語ですので丁寧語としてそのまま使っても問題はないでしょう。丁寧語かどう...

おっちょこちょいという言い方は一見可愛らしい言い方ではありますが丁寧語として使うにはあまり好ましくありません。おっちょこちょいを丁寧語として使いたい時にはこのような言い方をすると良いでしょう。おっちょこちょいの丁寧語は?おっちょこちょいの言葉を丁寧語にすると慌て者やせっかちなと言うように性格面を指す単語もあれば、行動などに対しては早合点するや先走るというような言い方があります。自身の性格面や行動面...

1人目の丁寧語は何というのでしょうか。また、その使い方も知っておきたいものです。今回は例文を挙げながら、わかりやすくご紹介します。参考になさって、ビジネスシーンや日常生活で役立ててください。会話やメールに使えます。丁寧語は敬語の一種になる丁寧語とは一種の敬語です。尊敬語や謙譲語と並び、敬語の三大敬語の中の一つです。話し手が聞き手に対して敬意を表す使い方をします。現代語では「ですます」があり、古語で...

丁寧語はビジネスや日常生活において、大事な3つの敬語表現の中の1つになっています。どんな時に使えるか、例文を示してご紹介しましょう。社会生活を営む上で役に立つことは間違いないです。この記事を参考になさって今後に役立ててください。3つの基本的な敬語とは3つの基本的な敬語は尊敬語と謙譲語と丁寧語です。今回は主に一番良く使う丁寧語についてご紹介しましょう。尊敬語は相手を敬い、その行動などを表現する敬語で...

3ヶ月前の丁寧語の表現はどのようになるのでしょうか。また、どんな使い方をすればよいのか例文を用いてご紹介します。表現に迷っている方や疑問に思っている方は良い参考になるはずです。日常生活やビジネスシーンなどで幅広く活用しましょう。3ヶ月前を丁寧語で表現する3ヶ月前を丁寧語で表現したい場合、「過日」とすると無難でしょう。読み方は「かじつ」です。過日とは、その字のとおりに過ぎ去った日を意味しています。つ...

おじいちゃん、おばあちゃんを丁寧語で表現すると、どんな言い方になるのでしょうか。ご自身の祖父母を指す場合、一般的な老人場合の両方で考えてみましょう。使い方に迷っている人は参考になさってください。おじいさん、おばあさんという表現がおじいちゃん、おばあちゃんの丁寧語おじいちゃん、おばあちゃんを丁寧語で表現すると「おじいさん」、「おばあさん」です。因みに尊敬語にするとおじいさま、おばあさまになり、謙譲語...

おでんは多くの人に好まれている料理です。おでんの「お」は、丁寧語のように何か意味があるものでしょうか。今回はおでんの歴史とともに丁寧語についても説明します。ちょっとした豆知識として活用してください。おでんの歴史おでんを好きな人は多いですが、おでんが1000年も前からある料理だったことを知る人はあまりいないでしょう。今回はその歴史からご紹介します。拍子木型に切った豆腐を竹串にさして焼いた田楽が語源で...

お絵かきという言葉は、「お」がついているので丁寧語に思われがちですが幼児語になります。他に言い方はあるのか調べてみました。丁寧語を使った例文もいくつか考えてあります。今後の人との会話の際に役立ててください。お絵かきは幼児語絵を描くことをお絵かきと表現することはよくあります。意味は遊びで絵を描くことや、絵を描くことです。お絵かきは名詞絵かき接頭辞「お」がついたものですが、特に丁寧語とはなってなく幼児...

目上の人との会話は敬語を正しく使えるかという不安があるため緊張をするものです。たとえば、上司など目上の人から何かを頼まれた際にはどのような言い方をすることが望ましいのでしょうか。お願いされた、という言葉は丁寧語として適切なのでしょうか。お願いされたというのは正しくない丁寧語上司から仕事を頼まれたときに「お願いされた」という言い方をすることがありますが、これは間違えている丁寧語です。お願いされたとい...

会話やメールなどで「ご友人」という丁寧語の使い方があります。この言葉の使い方は間違えやすいので、正しい使い方や他の使い方について調べてみます。疑問に感じている人は参考になさってください。気軽に使っていた人も、この機会に正しい意味を理解しておきましょう。ご友人とは他称特にビジネスシーンでよく使うメールで、混同しやすいのが自称と他称です。友人という言葉を例にとってみましょう。自称とは自分の友人のことを...

病気を丁寧に言うと「ご病気」で丁寧語の表現になります。上司が病気になった場合に起こりえることを考えてみましょう。また、お見舞いメールの例も挙げるので参考になさってください。知っておくとコミュニケーションに役立ちます。病気に接頭辞「ご」を付けた丁寧な表現ご病気という言葉は病気に接頭辞「ご」をつけた丁寧な表現です。丁寧語にも似た美化語といわれます。接頭辞は接頭語ともいわれ、「お」をつけることもあります...

自分の会社のことを、友達同士や家族で話す時は気にしないけれど、ビジネスシーンなどにおいて丁寧に言わなければならない時に何と言えば良いのか。どんなときも焦らずにいられる使い方を説明します。そもそも丁寧語って?丁寧語とはなんでしょうか?と言われると説明は簡単です。丁寧に話す言葉のことです。ですます調というとわかりやすいですね。敬語じゃないの?と思った方もいらっしゃるでしょう。丁寧語は敬語の中の1つです...

たとえば、おソースやおトイレのようにカタカナの言葉に「お」をつける丁寧語の表現は正しいものでしょうか。話し言葉で付ける場合もあるかと思いますが、正しい表現かどうかは迷うところです。気になる人も多いでしょう。調べてみたので参考になさってください。話し言葉でカタカナ言葉に「お」をつけることはあるか私たちの生活でカタカナの言葉は多くあります。どんな言葉があるかというと、たとえばトイレやテーブルなどもあり...

日本語は難しい言語といわれます。その理由の一つに丁寧語の難しさがあるのです。たとえば「お上着」という言い方のように不自然な響きになる言葉があります。今回はそのような言葉をどのように変換したらよいか考えてみましょう。お上着は丁寧語としてはおかしいお上着は何だかおかしな響きの言葉です。言葉に出して言ってみても言いにくいでしょう。書き言葉として目で見ても違和感があります。お上着は使わない丁寧語です。何で...

どうぞという言葉は良く使いますが、丁寧語になるかどうか疑問と思う人は多いでしょう。今回はどうぞという言葉が丁寧語であるのかどうか、どんな使い方ができるかについて考えてみたいと思います。ビジネスシーンや日常生活の参考になさってください。丁寧語の表現になるが単独では使わないどうぞという言葉は丁寧語の副詞です。そのため単独では使いません。単独で使うと失礼な感じになるので気を付けたいものです。副詞は文の中...

様々な事情により、会社を辞めるという選択をすることもあるでしょう。その場合の丁寧語の表現を考えてみます。事情でやめる場合でも、お世話になった会社には失礼ではない言葉を使いたいものです。退社の予定のある人は参考になさって活用してください。会社を辞めるという言葉の丁寧語会社を辞めるという言葉の丁寧語は、「会社を辞めます」という言い方になります。シンプルな言い方なので覚えやすいでしょう。やめるという言葉...

応対するという言葉は主にビジネスシーンで良く使います。対応すると間違えやすいのでその違いをご紹介します。寧語と使い方についても詳しくご紹介しましょう。知っておくとさまざまなシーンで活用できて便利です。例文を参考になさってご自身の場合と照らし合わせてもてください。応対するの意味応対するとは受け答えするという意味です。人と人の間で交わされる行為といえます。もう少し詳しく説明しますと、たとえばビジネスシ...

「置く」という言葉は日々良く使います。丁寧語や使い方を調べてみました。使い方例としては例文をご紹介します。日々の生活やビジネスシーンで幅広く活用できるでしょう。この機会に正しい使い方をマスターしてみませんか。置くの意味まずは置くという言葉の意味を理解します。知っているけれどもうまく説明できない場合も多いでしょう。実は置くの意味はあまりにも多くあるので、代表的な意味のみをご紹介します。良く使う意味は...

最近、丁寧語を使っているつもりでも使えていない方が増えています。自分ではそんなつもりはないのにできていないと恥ずかしい思いをするかもしれません。丁寧語での言い回しなどを説明します。丁寧語は敬語のうちの一種類丁寧語とは敬語の中の一種類です。敬語とは話す相手に対し敬意をもつ、また、へりくだるなどの気持ちを表すために使う言葉です。大きく分けると尊敬語、謙譲語、丁寧語に分類されていましたが、2017年に丁...

丁寧語と美化語の違いはわかりにくいものです。迷っている人も多いのではないでしょうか。今回は例文をご紹介しながら、その違いが何であるのか検証していきます。言葉を巧みに正しく使えるようになりたい人は参考になさってください。丁寧語とは丁寧語は代表的な三つの敬語の中の一つです。因みに代表的な敬語は尊敬語、謙譲語があります。助動詞のです、ます、ございますを使います。丁寧に上品に表現する言葉といってよいでしょ...

合格するの丁寧語と使い方について調べてみました。たとえば、お子様が志望校に合格となればうれしいものです。お世話になった先生方や身内に知らせたいものでしょう。その際はどんな言葉で表現すればよいのか考えてみましょう。合格するの丁寧語合格するの丁寧語は「合格します」や「合格しました」です。受験して学校に合格した場合にも使えますし、就職試験や資格試験に合格した場合にも使える丁寧な表現でしょう。お子様の場合...

ビジネスシーンなどで相手の意図することが良くわからない場合があります。そういった意味が分からないということを、丁寧語で相手に失礼のないように表現したいものです。今回は表現の仕方や使い方を考えてみましょう。意味が分からない時はどうすれば良いかたとえばビジネスシーンで、先輩や上司から仕事に関しての説明を受けているとします。その時に意味の分からないことを言われたらどうすればよいものでしょうか。意味が分か...

「言い値でいいです」という言葉を聞いたことがありますか?一般的な商取引ではあまり聞かれない言葉ですが、個人間の取引や個人講演などの出演料などでは「言い値」という言葉が使われることが多いようです。丁寧語では、どのような言い方になるのでしょうか。取引などで丁寧な言い方をするかしないかで、その後も継続して取引できるかどうかが決まることがありますから、この言葉の丁寧語を理解しておくのは適切だと言えます。「...

イベントの幹事を任されて会費や料金を集める際には、相手に失礼がないように、できるだけ丁寧な言い方でお願いしたいものです。特に、自分よりも目上の人から集金しなければいけない場合には、特に気を遣うのではないでしょうか。集金という言葉を丁寧に言う場合には、どんな表現をするのが正解なのでしょうか?「ご集金」は間違いではないこの言葉に丁寧な意味を持たせるための「ご」をつけて「ご集金」にする事で、敬語的な表現...

目上の人や普段お世話になっている人に対して、何かを断らなければいけないとき、言い方が難しいでしょう。はっきりと断りつつ、相手への配慮も忘れてはいけません。そのためには、なるべく丁寧な言い方を意識することが大切です。具体的な断りのシチュエーションとしては、商品やサービスの購入を見送るといったシーンが挙げられます。そこで今回は、「購入しない」の丁寧な言い方や、断る際に注意すべきポイントなどを解説します...

普段からよく耳にする「誕生日」という言葉。目上の人に対してお祝いのメッセージを送る際、他の言葉に言い換えるべきなのか、迷ったことはありませんか?上司などをお祝いする時、文章の内容で悩む方もいるでしょう。そこで今回は、誕生日の別の言い方や、上司・先輩へメッセージを送る際のポイントなどを解説します。「誕生日」に別の丁寧な言い方はある?丁寧な言い方としては、「誕辰(たんしん)」や「生辰(せいしん)」が挙...

中年という言葉を聞いたとき、どのようなイメージを持ちますか?とらえ方は人それぞれですが、好ましい印象を持たない人もいるでしょう。そのため、フォーマルシーンやビジネスシーンなどで、なるべく使いたくないと感じる方もいるかと思います。また、何歳くらいの人が含まれる言葉なのか、疑問に思う可能性もあります。そこで今回は、中年の意味や具体的な年齢、他の丁寧な言い方などを解説します。そもそも中年とは何歳のことを...

「ちゃんと」は、普段からたくさんの方が使っている言葉でしょう。「ちゃんと○○する」など、さまざまな場面で使える便利な単語です。家族や友人との会話やメッセージのやりとりなどで使用しても、もちろん問題はありません。しかし、ビジネスシーンやフォーマルシーンには適していません。くだけた印象があるため、特に目上の人や社外の人には使うべきではないでしょう。無闇に言うと失礼にあたる可能性があるため、注意してくだ...

夏休みと聞くと、子どものころや学生時代を思い出す方は少なくないでしょう。学校の休みというイメージがあるのではないでしょうか。しかし、多くの企業にも夏の長期休暇はあります。では、ビジネスシーンなどで夏休みを表現したいとき、どんな言葉を選ぶべきなのでしょうか。今回は、夏休みの丁寧な言い方や、夏休みを知らせる際の例文、注意すべきポイントなどを解説します。お知らせメールや、掲示物などを作成する際の参考にし...

認識という言葉を丁寧に表現したい時、言い方が分からなくて困った経験はありませんか?特に、仕事では堅い言葉を使う必要があります。そこで今回は、丁寧な言い方や例文などを解説します。「ご認識」は正しくない?認識の丁寧な言い方として、「ご認識」を思い浮かべる方もいるでしょう。ビジネスシーンでも一般的に用いられることがあります。「ご認識の通り、○○です」といった使い方ができます。ただし、この表現に対して、誤...

誰かに値下げをお願いする時、言葉遣いで迷う方は多いでしょう。要望は伝えながら、失礼にならないように加減する必要があります。そこで今回は、値下げの丁寧な表現方法や例文、注意点などを解説します。「値下げ」の丁寧な言い方を解説商品やサービスを値下げしてほしい時には、丁寧な言い方が欠かせません。直接的な表現で「値下げしてください」と言うと、ストレートすぎますし失礼にあたります。価格を下げてもらうということ...

前日夜更かししてしまった、体調が悪くて寝付けなかったなどの理由で、寝坊する可能性は誰しもあります。もちろん遅刻すべきではありませんが、万が一寝過ごした場合は早急に連絡する必要があります。そこで今回は、連絡する時のポイントや、書類を書く際の丁寧な言い方などを解説します。寝坊の丁寧な言い方とは?会社や学校、大切な約束などを寝坊で遅刻してしまった時、すぐに連絡する必要があります。たとえば、上司に電話で連...

上司との世間話や面接などで、一人暮らしをしているかどうか聞かれることがあります。急に尋ねられた場合、丁寧な言い方が分からず困ってしまう方もいるでしょう。そこで今回は、どうすれば丁寧な印象になるのかというポイントや、具体的な会話例などを解説します。また、話の流れから住所を尋ねる必要性が出てきた場合の聞き方もご紹介します。一人暮らしを他の言葉で言い換えると?単純な言い換え方としては、「一人住まい」や「...

会社関係の集まりやプライベートでの同窓会など、何らかの会に誘われることがあります。しかし、日程が合わなかったり参加したくなかったりすると、断りの連絡を入れなければなりません。なるべく相手を不快にさせないよう、丁寧な言い方を知っておくことが大切です。そこで今回は、不参加の丁寧な言い方や注意点などをご紹介します。不参加の丁寧な言い方はある?目上の人からの誘いなどを断る時、丁寧な言い方を意識する必要があ...

「拭く」という言葉は、日常生活でよく使う一般的な単語です。机を拭く、汚れを拭く、水を拭くなどの表現ができて、難しい単語ではありません。しかし、上司やお客さんなどと会話する際、言い方で迷う方もいるのではないでしょうか。より丁寧な言い方はあるのか、他の単語で代用できないのかといった疑問を持つ可能性があります。そこで今回は、似た意味を持つ単語や具体的な例文などをご紹介します。「拭く」はどんな丁寧な言い方...

苦手なことや自信のないことについて、「私は○○が下手です」と伝えたい時、言い方で迷う方もいるでしょう。あまりにもストレートな表現だと、適さないシチュエーションもあります。そこで今回は、下手の丁寧な言い方をいくつかご紹介します。社外の人などに伝える際は、言葉選びに気を遣いましょう。「下手」を丁寧な言い方で表現するには?下手なことを表現したい時、直接的な言葉には抵抗を持つ方もいるでしょう。そこで、同じ...

知り合いが小説やエッセイを出版した時など、誰かから本をプレゼントしてもらうケースがあります。その場合、お礼を伝える方がほとんどでしょう。そこで疑問に思うのが、本に対する丁寧な言い方です。今回は、いくつかの言い方や注意点などを解説します。本を他の言葉で言い換える時どんな単語がある?他の言葉で表現したい場合、さまざまな単語があります。たとえば、書籍や書物、図書や書史などが挙げられます。著書や著作、著作...

初対面の人と会う時や電話する時は、相手の名前を知る必要があります。苗字や名前を尋ねる際、言葉遣いで迷う方は少なくないでしょう。初対面で印象が悪くならないよう、十分に注意することが大切です。そこで今回は、苗字の言い換え方や名前の尋ね方などを解説します。丁寧な言い方をマスターして、スムーズに相手の名前を聞き出しましょう。苗字はどのように言い換えられる?目上の人に苗字を尋ねる時や書類に書く際など、丁寧な...

「メリハリをつける」などの表現は、日常生活でもよく耳にします。使いやすい便利な言葉だと思っている方は多いでしょう。しかし、堅い場面で言うことに、抵抗を持つ方もいるかと思います。そんな時は、もう少し丁寧な言い方に言い換える必要があります。そこで今回は、メリハリと同じような意味を持つ言葉や例文などをご紹介します。メリハリの意味や成り立ちとは?漢字では「減り張り」と書きます。緩んだ状態と張った状態のこと...

日常生活の中では、相手に失礼がないようにできるだけ丁寧な言い方をしたいものです。「持ち物」という言葉は、相手が持っているものを尋ねる際や、こちらから何をもってけば良いかを聞く際には普段何気なく使っています。この言葉には、もっと丁寧な言い方はあるのでしょうか?もしもあるとしたら、どのようなシーンで使ったらよいのでしょうか?持ち物の丁寧な言い方「持ち物」という言葉は、「持ってくるもの」とか「持っていく...

部長や専務、社長など、ビジネスシーンにおいてはさまざまな役職があります。目の前の相手に話しかける場合なら、「田中部長」「佐藤社長」のように、名前にポジション名を付けて呼ぶのが適切です。しかし、本人に対して呼びかける以外のシーンでも、特定の人をポジションで呼ぶことは少なくありませんし、場合によってはその人の役を質問したいこともあります。この場合、どのように聞けば丁寧な言い方になるのでしょうか?「役職...

ビジネスシーンにおいては、社外から人が来社することが少なくありません。「来客」は、「客が来る」という意味で使いますが、この単語を丁寧な敬語表現にすると、どのような言い方ができるのでしょうか?敬意を表す「ご」という言葉を頭につけて「ご来客」としても良いのでしょうか?「来客」に「お」や「ご」はつけない単語の頭に「お」や「ご」を付けると、丁寧な言い方になることは少なくありません。しかし、何でも「お」とか...

企業にとっては、外部からやってくる人はすべて「お客様」という扱いになります。しかし業界や施設の種類によっては、足を運ぶ人を全て「お客様」と呼ばないこともあります。例えば介護施設においては、利用する人は「お客様」であることに間違いはないわけですが、「利用者」という呼び方をすることが多いものです。この場合には、丁寧な言い方として「ご利用者様」としたほうが良いのでしょうか?それとも、別の言い方があるので...

目上の人から電話がかかってきた時に不在の場合、相手が留守番電話を残すことがあります。後から「メッセージを聞きました」と伝えたい時、相手に失礼にならないように丁寧な言い方をするには、どのような敬語表現ができるのでしょうか?「留守番電話」に「お」や「ご」はつけない目上の人に対する丁寧な言い方には、単語の頭に「お」や「ご」を付けるという方法があります。しかし、留守電に「お」をつけてお留守電としたり、「御...

レッスンを受けてその料金を支払う場合、また受け取る場合には、相手に対して失礼にならないような丁寧な言い方をしたいものです。月謝のように頭に「お」を付けて「御月謝」とする事はできるのでしょうか?それとも、別の丁寧な言い方があるのでしょうか?頭に「お」はつけないレッスン料という単語は、頭に「お」や「ご」を付けて丁寧な表現方法にすることはできません。そのため、丁寧な言い方をするのなら、この単語自身を敬語...

学校に通う生徒のことは、学生とか生徒と呼ばれています。学校教育法や省令によると、呼び方にもいくつかの区分があり、このうち「学生」というのは、高校を卒業した人が通う高等教育の生徒をしまします。大学に通っていたり、専門学校に通っている生徒などが該当します。しかし多くの場合には、中学校や高校などでも、教育機関に在籍している人なら、広く該当することもあり、こうでなければいけないという明確な線引きはされてい...

その企業や組織に所属していない人は、相手がどんなに偉い立場にいる人でも、その企業にとっては部外者という扱いになります。「部」というのは、部活とか内部という言葉から連想できるように、一つの集団やグループ、組織のことを表します。そこに属さない人という意味で、部の外にいる人、つまり部外者となるわけです。この言葉自体には、丁寧な意味もなければ、相手に対して失礼に当たる意味が含まれているわけではありません。...

教育機関には、サッカー部や吹奏楽部などの部がありますし、社会人になっても社内でクラブやサークルなどが設置されていたり、企業とは関係なく参加したい人が楽しめる無料・有料の部などもあります。こうしたクラブ活動をすることを「部活」と呼びますが、丁寧な言い方で呼びたい時にはどのような呼び方をしたらよいのでしょうか?ビジネスマナーとしては「貴部」が正解部活とは、部という団体の活動です。社内に設置されたクラブ...

社外の人に執筆依頼をする際には、相手に失礼がないように、細かい部分までしっかり気を配りたいものです。単語を丁寧な言い方にする際には、言葉によっては頭の部分に「お」や「ご」を付けることができますが、「原稿」という単語にも「お」や「ご」を付けることはできるのでしょうか?もしもできない場合には、どのようなフレーズや言い方にするのが丁寧なのでしょうか?「原稿」に「お」や「ご」はつけない基本的に、「原稿」と...

わざわざ相手に伝えるほどではない用事は、どんな仕事にもあるものです。それに、仕事とはあまり関係がない私用については、社外の人に詳しく説明する必要がありません。その場合には、雑用とか雑務という言葉を使うのが適切でしょう。細々とした用事や書類の整理、相手に明確にする必要がない用事や言いたくない場合、また仕事とは関係ない私事などを相手にできるだけ丁寧な言い方で伝えたい場合には、どんな言い方が良いのでしょ...

手書きの文字に自信がない人は、少なくありません。近年ではパソコンやスマホなどのデジタル形式でのコミュニケーションが増えましたが、それでもたまに手書きで相手にメモを渡したり受け取ったりすることはあるものです。そんな時、自身の字が汚いことを相手に対して詫びたい時には、どのような表現方法が丁寧な言い方なのでしょうか?「汚文字」と表現するのが一般的「字が汚い」という直接的な表現をするよりは、汚文字という単...

ビジネスシーンにおいては、相手から連絡先を聞く機会が少なからずあるものです。特に目上の人に対して住所を聞きたい時には、相手に対して失礼がない聞き方をしなければいけません。どんな聞き方をするのが丁寧な言い方なのでしょうか?尊敬語か謙譲語か目上の人の連絡先を聞く際には、相手が住んでいる場所という点から尊敬語を使ったほうが良いのか、それとも、教えてくださいという点で謙譲語を使うべきなのか、悩んでしまうと...

普段の生活の中で私たちが良く使う言葉の一つに「ずっと」があります。相手に対して失礼な印象を与える言葉ではないものの、カジュアルな雰囲気があるため、ビジネスシーンにおいては、もう少し丁寧な言い方にしたいものです。この言葉を丁寧な言い方にすると、どんな言い方が良いのでしょうか?意味によって類義語は変わる「ずっと」という言葉は、日常生活の中ではさまざまな使われ方をしています。「とても」という意味で「とて...

大学などの教育機関では、より専門的なテーマに関する講義や議論を行う少人数のゼミ(Seminar)がカリキュラムとして設置されています。企業や機関、施設の中にも、ある特定の専門的な目的でそうしたグループを設置していることがあるかもしれません。相手のゼミを丁寧な言い方で呼ぶ場合には、どんな呼び方をするのが適切なのでしょうか?文章なら「貴ゼミ」が適切メールや書類などの文章の中においては、「貴ゼミ」とする...

「絶対」という言葉には、いくつかの意味があります。主に強く否定する時に使う言葉ですが、否定したい時だけでなく、強い意志を表明したい時に使うこともあります。また、何を強く肯定したり否定するかという対象については、自身の気持ちを強く表現する際に使われることもあれば、自身の動作でもなく相手の動作でもなく、第三者の立場から無条件に肯定したり否定する際にも使われます。この言葉を丁寧な言い方にするとしたら、ど...

アルバイトをして受け取るお給料は、支払う側も受け取る側も「アルバイト代」と呼ぶことが多いものです。しかし正しい言葉の使い方という点では、アルバイトに対して支払う代金という意味があります。支払う側と受け取る側とでは、異なった呼び方をしたほうが良いのか、気になる人は多いでしょう。また、丁寧な言い方をするにはどんな呼び方があるのでしょうか?基本的には受け取る側も支払う側も「アルバイト代」でOK日本語の正...

誰かを指して何かを述べる時、その人の呼び方に困ることがあります。一般的に言われている呼称であっても、手紙などの改まった内容では、何となくそのまま言うのがためらわれることがあるからです。その一つに、「部下」という言葉があります。通常そのまま使いますが、手紙の宛先人についてそのまま書くと、少しダイレクト過ぎる気がするという方もいるでしょう。そこで、どんな丁寧な言い方があるかを考えてみましょう。「部下」...

様々なワークスタイルがあり、それぞれに名称が付いているので、意味を混同しますし、正式にどう呼んだら良いのか、迷ってしまうことがあります。たとえば、「パート」という働き方は多くの業界でとても一般的で、こうした従業員の方々の働きなしには営業が成り立たないというところは多いです。このような雇用で働いている従業員の方について、改まった手紙を書いたり、文書内で言及したりする場合、どんな呼び方をしたら良いので...

長い文章となるレポートを作成したり、コンテンツが豊富なWEBサイトを作ったりすると、1ページでは終わらず複数に分けて内容をまとめることになります。そんな時に、次のパートに内容が続くことを示すための言葉を挿入しなければなりません。通常であれば「次のページをご覧ください」といった形になるわけですが、もう少し丁寧な言い方ができないものでしょうか?言い換えができる候補を考えてみましょう。次ページの丁寧な言...

それぞれの業界や職種によって、特有の専門用語や異なる言葉の使い分けというものがあって、外部の人からは分かりづらいこともあります。その一つの例として、「ベタ打ち」があります。文章をテキスト入力する際に使われる用語で、データ入力の仕事や文章作成の仕事の仕様書などで指示されることも多いです。これは、そもそもどんな意味で使われるのでしょうか?他にどんな言い換えができるか、丁寧な言い方があるのかについても考...

多くの人にとって欠かせないお店と言えば「100均」です。いくつかの企業が、全国でたくさんの店舗を展開しています。店舗数が多いだけではなく、それぞれのお店で異なる商品を提供していて、安く質の高いものが買えるようになっているのが特徴です。話の中でこうしたお店について「100均」と言っても、当然誰もが理解できるはずです。しかし、これをビジネス文書などに書くとなると、他の丁寧な言い方ができないかと思うかも...