書き方・手書き記事一覧

封書などに貼る宛名シールが普及してから久しくなります。パソコンなどで作成した文字は確かにキレイです。しかし、無機質な文字に慣れてくると、新鮮味を感じにくくなるかもしれません。このような背景もあり、あえて手書きのよさが注目されています。この記事では、100均商品も含め、手書きの宛名シールに関するお役立ち情報をまとめました。宛名シールにはどのようなものがある?普段、目にする宛名シールは横長で無地のもの...

ハガキや封筒などの宛名に郵便番号を記入するとき、面倒に感じる人も少なくないでしょう。郵便番号にはどのような役割があるのでしょうか。普段、あまり意識したことが少ないかもしれません。この記事では、手書きの郵便番号は機械で読み取っているのかも含め、気になる情報をまとめました。そもそも郵便番号制度導入の意義とは?現在、当たり前のように記入している郵便番号ですが、こちらの制度が導入されたのは1968年の話で...

IT機器の普及にともない、パソコンで文書作成をする機会も増えてきました。ワードなどの便利機能を使うと内容の修正も安易なため、重宝する人も少なくないでしょう。その一方で、従来からある手書きノートの存在も見逃せません。ノートをつくるとき、右上にある日付蘭の書き方に悩む人もいるでしょう。そこで、日付の書き方に決まりがあるのかを含め、使い勝手のよいノートづくりに役立つ情報をまとめました。素朴な疑問!ノート...

何らかの申請用紙に預貯金に関する情報を記入するとき、口座番号の桁数と用紙にある桁数が合わなくて悩んだ人もいるのではないでしょうか。口座振込を行うときも、同じようなケースが考えられます。この記事では、金融機関の口座番号を記入する際のポイントとして、右詰めと左詰めのどちらが正しいのかも含めてお話ししていきます。現在の口座番号は7桁に統一されている給料受取や公共料金支払などに預貯金口座を使うときは、金融...

長い人生の間には、重要書類を提出する機会が何度かあります。書類の提出の頻度や書き方は個々によって異なります。なかには、年1回提出する書類もあるでしょう。この記事では、それらのなかから「医療費控除」に関する書類を中心に、書き方も含めてまとめました。年1回提出する書類はこんなにもある役所などに提出する書類には「出生届」や「婚姻届」のように人生の節目と関わるものがあります。一方、年1回など提出機会が多い...

何らかの申請書類を作成するとき、年月日生(年 月 日生)の記入を求められるのはよくある話です。その場合、年の前を「和暦」と「西暦」のどちらにするかによって、年月日生の書き方が変わってきます。年を「00」「01」など下2桁だけ記入した場合、正確に伝わらないことも少なくないでしょう。この記事では、各書類の年月日生の書き方に関して、年の前は「和暦」と「西暦」のどちらで書くのが正しいかについてまとめました...