勘定科目記事一覧

■明確な税法上の仕分けがなされていないSSL証明書SSL証明書はウェブを運営する企業やアフィリエイターにとっては、必須とも言えるツールです。もちろんセキュリティ証明書がなくてもサイト自体は運営できますが、やはりユーザーからの信頼を得るため、実際的なセキュリティ対策としてなくてはならないものとなっています。そのため、SSL証明書を新規で取得したり更新したりする場合、税法上経費としての算入が可能となり...

■ガソリン代はいろいろな勘定科目に入れることができる企業活動において、ガソリン代というのはかなり一般的な経費です。ほとんどの企業や個人事業者は、車両での移動をしますので、当然移動費用としてガソリンを消費することになります。また、建設会社なども重機を動かすことになりますので、燃料費がかかります。さらには、工場や倉庫での業務がある企業では、フォークリフトなどの車両を動かすためのガソリン代がかかることに...

各業界で同業者との差をつけるためには新たな製品やサービスの開発が欠かせません。とは言え従来にはなかった製品やサービスを提供するためには長い時間をかけ調査研究をし、試行錯誤を繰り返す必要があります。簡単に言えば「試作品」を何度も作って「これぞ!」と思える製品やサービスに到達しなければならないのです。このため、試作品作成に多額の費用が掛かる場合もあり、会計上どの勘定科目に分類されるのか、取り扱いに悩ん...

接待ゴルフに取引先を招いた場合、帳簿上に記録をつけるのに戸惑うのがそれぞれの費用の勘定科目です。基本的に勘定科目は接待・交際費になるわけですが、状況によりどの勘定科目として扱うかが分かれることもあります。できるだけ有利に扱うために、勘定科目上の仕訳はとても重要です。そこでどのように扱えばよいかをまとめてみました。接待ゴルフの勘定科目は接待・交際費接待ゴルフの場合、それに関わる費用の勘定科目はすべて...

勘定科目でA/Cという記号を使用することがあります。普段勘定科目を記録していてA/C表記を使用するケースというのはどれくらいあるのかは、記録する人によって異なります。脱サラをして起業する人が増えているので、確定申告に向けて帳簿付けを始めたという人も多いかもしれません。そこで勘定科目とA/Cの意味や豆知識をまとめてみました。A/Cの意味A/Cというのは英語のaccountという単語の略称です。acc...

自分の経験やスキルを生かして、個人で商売を始める人が多くなっています。その中でも、料理教室は自宅でもできるということで人気の高い仕事です。収入を得るということは、税金の支払いが出てくることを意味しますので、収益を得る方法と同時に税金についても学ぶ必要があります。料理教室を開く場合は、その場所代やガスを始めとする光熱費、そして材料費などの経費が発生します。こうした経費をどこまで計上できるのか、そして...

建設工事においてはたくさんの経費が発生します。中には、どの経費をどの勘定科目に入れたらいいか悩んでしまうものもあります。その一つが、現場でかかる電気代です。現場では、内部を明るくするための照明や暖房、冷房を使います。建設機械や工具も電気を使うものが多く、それなりの費用が発生します。細かく見ると、同じ電気代でも用途や発生している部分が異なりますので、それぞれ勘定科目を分けた方が良いか迷ってしまうこと...

企業で社宅を持っている場合、その社宅にかかる費用は基本的に経費として計上できます。社宅を運営するにあたっては、いろいろな細かな費用もかかってきて、中には勘定科目の分類が分かりづらいものもあります。たとえば、社員しか住んでいないところでも町内会費が徴収されることがあります。それほど大きな金額ではありませんが、記帳や税務申告をする際には、きちんと分けておく必要があります。どの勘定科目に分類できるのかを...

会社が管理する社宅にかかる費用というのは、細かく見ると税務処理が難しいものがたくさんあります。その一つが、電気代です。共有部分にかかる電気代であれば、シンプルに考えることができますが、社員用の部屋にかかる電気代は状況によって異なります。会社がすべて負担することもありますし、社員に後から支払ってもらい、とりあえず会社が立て替えるという方法を採っていることもあるからです。勘定科目の分類を理解する上で、...

アパートなどの不動産を経営している場合、賃借料を始めとする、そこから上がる収入の勘定科目の分類は比較的シンプルです。しかし、通常とは異なるタイプのお金が入った時には、勘定科目を別にして考えないといけません。その例となるのが賃借料の支払いがなされないなどで、違約金が発生する場合です。こうした違約金をどの勘定科目に入れるかに関しては、いろいろな状況が関係していますので、それぞれの条件をしっかりと確認す...

商品の仕入れルートの選択肢が広がっていますので、国内メーカーからだけでなく、海外から輸入するケースも多くなっています。個人輸入がしやすい状況となっていますので、企業だけでなく個人でも海外から仕入れをすることも増えています。それに伴って考えないといけないのが、通関料をどのように税務処理したらいいのかという点です。通関にかかる経費は租税公課に入るものもあり一見複雑そうですが、実は勘定科目分類は比較的シ...

通常の支払いを続けている分にはシンプルな税務処理も、予定外のことが生じると、複雑になってしまうことがあります。その一つの例が、電気代などの支払い関係でかかる延滞利息です。キャッシュフローが悪くなってしまって、電気代や通信費などの支払いが送られてしまうことはありえることです。また、何らかのミスで電気代の支払いが何か月かされていないということもありえます。特に、複数のテナントを抱えていたり、建設業を営...

取引先との接待で店舗でのアルコールを含む飲食をした後、運転代行サービスを利用することがあります。その場合、どのような形で勘定科目の仕訳をしたらいいのか迷ってしまうこともあります。いろいろな解釈ができますので、明確な仕訳の仕方が思いつかないこともあります。運転代行は、誰が対象となるのか、どんな目的でそのサービスが必要となったかで勘定科目の仕訳も変わってきますので、ポイントを押さえることが大事です。取...

従業員が業務中に使う、もしくは身に着ける物については経費として計上することができます。これには、作業に必要な道具や文房具以外にも、ユニフォームや作業靴も含まれます。そして、小さなアイテムではありますが、名札、ネームプレートも経費として計上することができます。ここでの問題は、従業員の名札はどの勘定科目に含めるかということです。従業員の数が多いと、名札の発注費だけでもそれなりの金額になりますし、ICチ...

新たに大型の工作機械や設備を導入したり、建物を建設したりする場合、地盤が適しているかを見る必要があります。そこで、実際の設置、建設作業を始める前に、ボーリングによる地質調査をすることが多いです。当然、この部分の費用がかかってきます。規模にもよりますが、少なくても数十万円の出費が発生することになります。安い出費ではありませんので、しっかりと記帳、税務処理をしておかないと面倒な事態になることもありえま...

イベントを開催するに当たっては、たくさんの経費がかかります。その中には、勘定科目が分かりやすいものもあれば、どこに入れたらいいか悩んでしまうものもあります。たとえば、弁当代もその一つです。イベントスタッフ向けの弁当もありますし、出演者向けのものもあります。そのため、提供する相手に応じて勘定科目を変えた方が良いのか、同じで構わないのかなど、細かく考えれば疑問点がたくさん出てきます。そこで、どんな点に...

企業で働いている人の雇用形態は様々です。正社員として働いているのであれば、その人たちにかかる経費の計上はシンプルです。しかし、インターンシップで来ている学生についての経費は一見すると複雑に見えます。たとえば、昼食代を会社が負担してあげる場合、どの勘定科目に入れたらいいかという疑問があります。いくつかのケースが考えられますので、それぞれのケースでの処理の仕方を見ることができます。インターンシップ学生...

カウンセリングは様々なシーンで実施されます。企業がメンタルヘルスケアを社員向けに行うために、臨床心理士などのエキスパートに依頼してカウンセリングをすることがあります。また、保険や経営についてのカウンセリングを、単発でその道のプロに依頼することもあるでしょう。こうしたカウンセリングも、業務の中で行えば当然経費として計上することができます。また、こうした機会に付随して発生する飲食費なども経費と見ること...

会社の経営というのは、いつも難しい判断を求められる厳しいものです。一般的なデータや分析、経験だけではどうしても判断が付かない問題というのもよく生じます。そこで、経営者の中には占いによって、ある程度の経営判断を立てるという人もいます。その場合に、占いにかかる鑑定料を経費として計上することができるのか、というのはかなり微妙なところです。その判断のためのポイントを押さえておくことが大事です。逆に占い師と...

事業をしている上で、必要となる物品の種類はかなり多いものです。たとえば、映画のDVDや音楽CDなども、いろいろな場所で使うことがあります。こうした映画DVDも用途によっては経費として計上できます。ただし、すべてのケースで経費として認められるわけではありませんので、注意する必要があります。そのため、どんな場合に経費として計上しても問題がないのか、経費であるならどの勘定科目に分類したらいいのかを確認す...

オフィスを管理するためには、実にたくさんの物品が必要となります。事務用品を始めとする業務に直接必要となるものとは別に、清掃用品も購入する必要があります。その中には、雑巾があります。清掃には欠かせないアイテムですし、消耗するものですので定期的に購入する必要があります。こうしたアイテムは、当然経費として計上することができます。考えなくてはならないのは、雑巾の支出はどの勘定科目に仕訳するかということです...

商品やサービスを提供する会社であれば、キャンセル料を受け取ることがあります。いろいろなケースでキャンセル料というものは出ますが、それぞれの内容で会計処理の仕方が異なります。そのため、どの勘定科目に入れて処理をしたらいいのかを確認しておくことが大事です。一口にキャンセル料と言っても、性格の異なるものがありますので、その違いごとに処理の方法を理解することが大事です。消費税が課税されるものかどうかについ...

福利厚生の一部として社員旅行を計画することは、企業の通常の行為の一つです。しかし、いろいろな事情で行けなくなってしまって、キャンセル料を支払う必要が出てくることもあります。元々社員旅行の勘定科目の処理というのは、判断に悩むところですので、これにキャンセル料という要素が加わるとさらに複雑になります。仕訳の仕方についての基本を確認して、無理のない処理をしましょう。また、社員旅行費を上手に処理して、損金...

会社の備品というのは、必ずしもすべてが業務に直接関係する物品というわけではありません。たとえば、商売繁盛や安全を祈願するために購入した神棚や招福グッズ、そしてだるまなどもあります。だるまなどは、会社に一つということではなく、部署ごとに置いているところもあり、それなりの費用がかかります。もちろん、社長がポケットマネーで購入したというのであれば良いのですが、会社のお金で購入した場合は勘定科目をどうする...

オフィスや工場などでは、空調設備を取り付けることが多いです。こうした設備は定期的なメンテナンスが必要となりますし、パーツや備品の交換、買い換えというのもよく出てきます。さらに、エアコンのリモコンだけか壊れてしまった、紛失してしまったということもあります。その購入費用は、当然経費として落とすことができますが、勘定科目の分類をどうするかというのはちょっとした悩みどころです。金額によっても異なりますので...

メンバーズカードには、様々なものがあります。他社が発行しているカードを導入したり、自社で作成して販売するなど、カードの取り扱い方も企業ごとに大きく異なります。こうしたメンバーズカードの作成にかかる費用は、勘定科目においてはどこにどう分類するのが適切なのでしょうか。メンバーズカードを導入する場合にはどうする?他社が発行しているメンバーズカードを導入している企業はたくさんあります。例えば、ETCカード...

フリーランスでピアノやバイオリンなどの音楽を教えている先生にとっては、生徒のために準備する楽譜代といっった出費がかかることがあります。また、音楽活動をしている人だと、楽譜代と合わせてスタジオ代とか楽器購入代などの費用が掛かることもあるでしょう。このうち、楽譜代に関しては勘定科目のどこに仕訳するのが良いのでしょうか。楽譜代は教材費での仕訳が一般的楽譜代には、先生が自分の勉強用として購入する楽譜にかか...

私達の社会には、たくさんのデータや情報が存在しています。企業にとっては、顧客の情報やビジネスに必要な情報を購入するということがありますが、その情報購入にかかった費用は勘定科目のどこに分類するのが良いのでしょうか。どんな情報をどんな目的で購入するかによって勘定科目が変わる企業が他社からデータを購入することは、珍しいことではありません。顧客の同意を得て別の機関や他社から信用情報を購入することもあれば、...

企業の中には、外部から講師を招いて講演やセミナー、研修などを行い、講師への謝礼や交通費、そして宿泊費などを支払うことがあります。これらの出費のうち、宿泊費はどの勘定項目へ分類するのが適切なのでしょうか。国税局のサイトに記載がある国税局のサイトを見ると、講師に支払う宿泊費や交通費に関しては、勘定科目では「すべて講師への報酬」に含まれるという記載があります。しかしこれは、企業が講師に対して交通費や宿泊...

飲食店のように、毎日の業務の中でたくさんのゴミが出るビジネスはたくさんあります。大きなものなら粗大ゴミとして業者に処分を依頼することが多いですし、調理をした後の廃棄物などは、ごみ袋を自社で購入して処分することが多いでしょう。このゴミ処分においては、勘定科目ではどのように仕訳をするのが良いのでしょうか。勘定科目が「雑費」が一般的飲食店では、毎日たくさんのゴミが出ます。可燃物や不燃物など、収集に出す際...

プリンターやパソコンなどのオフィス機器は、購入してずっと使い続けられるというものではありません。やはり寿命はありますし、故障などによって新しいものに買い替えるということもあるでしょう。その際には、古くなったプリンターやパソコンの廃棄することになりますが、勘定科目においては廃棄費用はどこに仕訳をするのが妥当なのでしょうか?まずは購入時の勘定科目をチェックしてみようプリンターの廃棄費用を勘定科目のどこ...

オフィスの移転時など、法人では取引先へ挨拶回りをする機会が少なくありません。多くの場合、挨拶回りの際にはタオルのようなちょっとした粗品を持参しますが、こうした粗品の購入にかかる費用は、勘定科目においてはどのように分類するのが適切なのでしょうか。国税庁における定義取引先に挨拶回りをする際にタオルを持参するということは、交際費なのかなと考える経理担当者は少なくありません。しかし、持参するタオルはお中元...

クールビズが大流行するほど連日猛暑になることが多い日本の夏ですが、そうした環境で一日中働く社員を抱える企業にとっては、熱中症対策としてたくさんの経費が掛かります。熱中症対策にどのようなものを購入するかは企業によって異なりますが、目的が熱中症対策とはっきりしているような出費の勘定科目は、どのように取り扱うのが良いのでしょうか。熱中症対策は社員の健康維持に必要な対策具体的にどんな熱中症対策をしているの...

業務でミシン糸の購入が必要になった場合、購入にかかる費用は勘定科目のどこに分類するのが適切なのでしょうか?ミシン糸は1個当たりのコストはそれほど高くないアイテムですが、経費で落としたいということはあるでしょう。その場合、特定の科目に仕訳しなければいけないのでしょうか?ミシン糸は雑費?それとも消耗品?ミシン糸のようにコストがそれほど高くならないアイテムの購入費用は、企業によって取り扱いや勘定科目の違...

飲食店にとっては、お客様が利用する皿やグラスなどの食器以外に、調理の際に使用する鍋も業務を行う上で必要不可欠なアイテムです。こうした食器や調理器具の購入費用は、勘定科目ではどのように分類するのが良いのでしょうか?単価が10万円以下なら勘定科目は「消耗品」が妥当飲食店が調理器具として鍋を購入することはよくあることです。その際に、どの勘定科目に仕訳をすれば良いのかと、頭を悩ます飲食店の個人事業主も多い...

オフィスに冷凍庫があれば、水を凍らせて社内で氷を作ることが可能です。従業員が休憩時間に氷を使うぐらいなら、この程度で十分な量を確保できるでしょうし、勘定科目を気にする必要もないでしょう。しかし業界や法人の業種によっては、氷を購入しなければいけないケースもあります。その際には、購入費用を勘定科目のどこに分類するのが妥当なのでしょうか。勘定科目を決めるには、氷を使う目的や用途が必要業務に氷が必要だとい...

ホームセンターは、一般消費者にとって日常生活の中で必要なアイテムを購入できるショップというだけではなく、法人にとってもちょっとした材料を購入する際に役立ちます。ホームセンターでそういった材料を購入した場合、その費用は勘定科目のどこに仕訳をするのが適切なのでしょうか。購入した目的によって勘定科目は異なるホームセンターで販売されているものは広範囲に及びます。また、何をどんな目的で購入したのかという点に...

会社の駐車場や敷地に砕石を撒いたり、コンクリートで舗装するといったことは珍しくありません。こうしたメンテナンス的なことは無料で自治体がやってくれるというわけではないので、当然ですが法人に費用がかかります。砕石代や砂利の購入費用、コンクリート舗装などにかかった費用は、勘定科目では何に分類するのが適切なのでしょうか。選択肢はいくつかある砕石代の勘定科目については、出費としていくらかかったのか、その金額...

業務に必要な木材を必要なサイズに切断してもらった際の木材カット代は、勘定科目の何に分類するのが妥当なのでしょうか?木材をホームセンターなどで購入したり、業者に発注する際には購入費用がかかります。しかし、購入費用とは別に木材カット代の費用がかかるケースがあり、その場合には勘定科目の仕訳で悩んでしまうことが少なくありません。木材カット代は木材を加工したという考え方が妥当木材カット代は、木材を購入する際...

社員がセミナーに参加する際には、セミナーの参加費用だけでなく、交通費や昼食代、懇親会への出席費用など、さまざまな関連費用がかかります。その中でも、懇親会への参加費用は、勘定科目のどこに仕訳をするのが適切なのでしょうか。セミナーと懇親会は別懇親会は、セミナーや研修などが終わった後に行われるのが一般的です。そのため、勘定科目の仕訳も同じ項目でまとめてしまうのが良いと考える企業の経理担当者は少なくありま...

米を取り扱う農業関連の法人では、米袋を購入する機会があります。米袋は中にお米を入れるための袋で、販売する商品というわけでもなければ、それを使って何かを作るための材料というわけでもありません。この米袋の購入費用は、勘定科目ではどこに分類するのが適切なのでしょうか。米袋は包装資材米袋は、商品や製品を分けたり取り扱い安くするための包装資材と考えることができます。米袋だけではなく、その他の箱や袋などを購入...

クリニックなどの医療機関、また、美容院やスパなどのサービス業の施設にある受付待合室には、老眼鏡や新聞、雑誌などが置かれていることが多々あります。その中で、受付待合室用に購入した老眼鏡の場合、その購入費用は勘定科目のどこに分類するのが適切なのでしょうか。サービス費vs消耗品受付待合室用の老眼鏡は、社員が利用するために購入したものでもなければ、個人ユースで購入したものでもありません。顧客に対して提供す...

法人の中には、ロッカー代という費用がかかるケースが少なくありません。例えば、従業員が出張に行った時にコインロッカーを使用した場合には、そのロッカー代は経費となるわけですが、勘定科目の何に分類するのが妥当なのでしょうか。また、月極などでコンテナをレンタルしている場合などの費用は、勘定科目のどこに仕訳をするのが良いのでしょうか。ロッカー代が単発的な費用なら勘定科目は「雑費」ロッカー代といっても、その費...

図面を取り扱う法人の中には、図面が古くなってしまったことによって、新たに図面作成が必要になるケースがあります。この場合、図面作成費用は勘定科目の何に仕訳をするのが適切なのでしょうか?金額が高くなりやすい費用、だから迷いやすい図面作成費用は、どんな図面を作成するのかによって金額は多種多様ですが、数万円〜数百万円といった、まとまった金額の経費になってしまうことが少なくありません。少額の出費なら勘定科目...

建物や設備には必ず図面が伴います。普通は、建設時や設備の導入時に設計費と施工費と共に請求され、図面購入だけを別にすることはありません。しかし、設備設置や建築からある程度年数が経ち、図面が古くなっていると図面購入のみをすることがあります。こうした場合は、建物取得費用とは別に考える必要が出てきますので、勘定科目の仕訳も異なります。こうしたケースでは、どんな勘定科目算入ができ、どんな注意点があるのかを事...

建物のリフォームや修繕、改築などにかかる支出は、勘定科目の仕訳に悩む分野です。建物にかかる費用というのは、資産計上の必要性が出てくることもありますので、その境目の判断が難しいところとなってきます。たとえば、階段の手すりといった備品を後付けで工事する場合、その費用をどの勘定科目に入れたらいいかを理解しておく必要があります。特に作業場や事務所などの建物の場合は、定期的にメンテナンスをする必要があります...

オフィスなどの内装工事や設備増設などを行うと、一つの工事でもいくつもの内訳が付くことがあります。勘定科目の仕訳では、内容によって分類が必要となることもありますので、こうした内訳は大変助かります。一方で、内訳の中には勘定科目の仕訳に困ってしまうものもあります。その典型と言えるのが雑工事と呼ばれるものです。要は分類するのが難しい作業をひとくくりにしたものです。工事業者が分けていないくらいですから、勘定...

会社で倉庫を持っている場合、製品整理や運搬のために様々な器具や備品を使います。金額の高いものもありますし、少額で定期的に購入するものもあります。それぞれで勘定科目の仕訳が違うこともありますので、はっきりと違いを把握して適切に処理できるようにしましょう。その一つの例がパレットトラックです。ある程度大きなものや、パケットの扱い数量が多い場合は必需品とも言えるものです。複数台購入したり、交換したりするこ...

商品を販売する業種、特に小売業では販売に使うための備品がいくつもあります。その代表例がレジです。売上処理にも欠かせなない物品ですので、定期的に交換したり買い増ししたりするケースも多く見られます。レジの勘定科目は条件によって分類の仕方が異なりますので、正しく処理する必要があります。単に勘定科目の仕訳を知るだけでなく、減価償却や耐用年数についての知識も必要となりますので注意が必要です。どんな点を押さえ...

美容室をオープンしたいという人は、ドライヤーを始めとして業務のためにたくさんの備品や設備を購入する必要があります。それぞれに異なる勘定科目の仕訳が求められることもあるので、会計の方法を知っていないと大変です。また、すでに美容室を持っている人でも、定期的に備品を交換したり買い増したりすることもありますので、勘定科目の仕訳の方法を知っておいた方が良いでしょう。ある程度の基本を知っていれば、それほど難し...

事業をしていると、取引先や顧客、関係者との間で、商品やサービスの取引がなくても金銭の動きが生じることがあります。その例としては、損害賠償金や補償金、そして一般的に迷惑料と呼ばれるものがあります。特に迷惑料は、業界によっては、正規の金銭取引ではないもののよく生じるものです。正規のお金のやり取りではないため、どのような勘定科目処理をしたらいいか迷ってしまうものです。そこで、シーン別にどのように勘定科目...

融資支払いの遅れなどに伴って、遅延損害金の支払いが生じることもあります。その場合も一種の支出となりますので、会計上帳簿に記載する必要があります。また、事業形態によっては遅延損害も損金処理することができますので、税の軽減に利用できます。一方で個人事業主の場合は、法人とは異なる処理が必要となります。正確な税務上の処理をするために、勘定科目の仕訳を正しく行うと共に、こうした違いについても確認しておく必要...

仕事をしていく上では、何らかの資格が必須になることがあります。必須とまでいかなくても、資格があれば行える業務が広がったり、信頼をより得られたりすることはよくあります。そのため、個人事業主が資格取得をして仕事に役立てるというのは、ビジネス上よくあることです。ここで問題なのは、個人事業主が資格取得にかけた費用は、経費として計上することができるのかという点です。そして、もし経費として認められるのであれば...

従業員に対する研修や訓練というのは、企業の人材力を高めるために不可欠なことです。そのためにある程度の費用をかけるとしても、十分な価値があるものと言えます。これは、既存社員だけでなく、すぐに入社してくる就職内定者にも言えることです。むしろ、新社会人としてビジネスの現場に初めて入ってくる内定者に、積極的に通信教育などを通して研修を施し、すぐに現場で通用するよう助けることは重要です。そこで、内定者に通信...

確定申告では、どのような種類の経費をどれだけ払ったのかという内容に基づいて申告を行います。支払った経費がどの項目(勘定科目)に分類されるかを見定め、振り分けることになりますが、「勘定科目」とは何か、わからないという方もいらっしゃるでしょう。確定申告では「勘定科目」の種類を理解しておく必要があります。勘定科目とは何か?個人事業主が確定申告を行うために最低限必要となるのは、どれだけの売り上げがあって、...

商売で看板を設置する場合、法律に従って申請が必要になる場合があります。看板設置にはどのような手続きが必要でしょうか。また、看板設置に関する費用の勘定科目も重要なポイントとなってきます。看板設置に必要な申請手続きについて看板設置を行う場合、設置する看板の大きさや設置する場所に応じて、「屋外広告物法」「建築確認」「道路交通法」などの各種法令に基づいた申請が必要になります。特に、屋外広告物は法律以外にも...

網戸の修理をするときに一度取り外しをして再度取付するときに発生する費用を経費にするとき、どの勘定科目で申請すれば良いか迷います。特に初めて確定申告をする人は、たくさんある勘定科目から何を選べば良いか迷ってしまうからこそ、どれを選択して申請すれば良いかを事前に勉強しておく必要があります。考え方を知る結論を言うと網戸を取付る際の勘定科目は修繕費に該当します。勘定科目の修繕費とは建物などの固定資産に分類...

勘定科目とは、会社への経営に必要な損益、つまりお金の動きを誰が見ても分かりやすく記録する為に必要となる分類項目です。会社のお金を管理する立場の人にとっては、会社の透明性や今後の発展の為、勘定科目という言葉を目にする機会は多いでしょう。しかし、勘定科目の項目は数多く、「このお金は何処に分類されるの?」と悩んでしまう人もいるでしょう。例えば、出庫料とは勘定科目のどれに分類されるのでしょう。出庫料は勘定...

簿記の世界では聞きなれない言葉が勘定科目などでいろいろと出てきて、しかも紛らわしい言葉がしばしば出てきます。例えば今回紹介する旅費と旅費交通費の違いがどこにあって、どのような場面で使えばいいかわからないという人もいるでしょう。簿記上、旅費と旅費交通費には違いがいくつかありますので、簿記処理する際には注意しましょう。旅費と旅費交通費とでは範囲が異なる簿記の中で旅費と旅費交通費とでは、経費の中でもどこ...

家計簿には、迷ってしまいそうな費用項目がたくさんあります。その中でも、友達と一緒に遊んで使ったお金の仕訳先は、簡単そうで意外と難しいものです。友達と遊んだものはすべて交際費として仕分けると、毎月かかる交際費の金額がとても多くなりますし、交際費の中でも具体的に何に使ったのかを把握しづらくなるでしょう。友達と遊んで使ったお金は、本当に交際費に分類して良いのでしょうか?交際費の定義を知ろう家計簿は、誰か...

簿記についての知識がある人なら、飲み会にかかった費用を家計簿のどこに仕分けるのが良いのか、それほど迷うことはないでしょう。家計簿の項目や、飲み会の考えると、交際費に仕分けるのが良さそうですが、具体的には飲み会費用はどのように仕分けたら良いのでしょうか?飲み会の費用は交際費家計簿の仕訳では、飲み会にかかった費用は交際費に仕訳るのが適当でしょう。家計簿の仕訳項目にはいろいろなものがあり、交際費以外にも...

基本的に、賃貸物件の家賃は前払いのシステムとなっています。引き落とし日は不動産管理業者ごとに若干の違いはありますが、例えば9月分を支払う場合には、多くの場合には8月31日など前月末となり、支払いの際にはは9月1日分から30日分を前払いします。この前払いという仕組みは、簿記においてはどのように仕訳たら良いのでしょうか?簿記では家賃前払いの扱いはどうする?個人が借りている賃貸物件なら、特に簿記の仕訳を...

会社の敷地に駐車場を持っていて、社員やお客様が自動車で来る時に利用する場合、敷地内の安全確保をすることはとても重要です。また、運送業やタクシー業などの自動車を使った業務を行っている会社も、やはり倉庫付近や駐車場などに安全対策を施すことは必須と言えます。いろいろな対策がありますが、よく行われるのはカーブミラーやポールの設置です。視界を確保し、進入禁止のゾーンを明確にするのに役立つからです。こうした設...

企業が観葉植物をレンタルするなどしてオフィスに設置するケースは多く見られます。職場環境の改善に役立つからです。また、お客様を迎える店舗では、店内の雰囲気を良くするために、やはり観葉植物のレンタルサービスを利用するところも多く見られます。一般的なサービスで企業向けのものが多いです。当然、こうした費用も経費として計上することができますので、適切な勘定科目に入れて正確な記帳をしましょう。観葉植物のレンタ...

オフィスや店舗の見た目を良くするために、室内に植木を購入して設置するのはよくあることです。また、会社オフィスを自前で持っているのであれば、外部に植栽をするのは企業イメージを保つためにも必要なことです。こうした植物にかかる経費は、少額の費用で済むこともあれば、大規模な植栽工事となることもあります。そのため、しっかりと記帳方法を覚えておくことは、指摘されることのない処理をするために重要です。植木の購入...

企業やお店の宣伝のために看板は欠かせない物品と言えます。サイズが小さく簡単に取りつけられるものであれば費用は少額で済みますが、大きなものだと業者に依頼して工事をしてもらわないといけません。そのため、看板が不要になったり架け替えをしたりする時には、それなりの費用が発生します。明確にどの勘定科目に入れるべきかを確認しておくことで、ミスのない処理ができます。まずは看板設置の経費をどの勘定科目にしていたか...

企業にしても個人事業者にしても、何らかのPCソフトを使って業務を行うのは普通になっています。本来業務そのものでは使用しないとしても、労務や会計などでパソコンを使った処理をすることは多いので、当然そのための購入費用や保守料がかかってきます。特に、多くのメーカーではクラウドタイプのシステムを開発していますので、定期的に費用が発生することも多くなっています。同じネット上のサービスでも、提供の方法や内容、...

会社として営業車や事業用自動車を保有している場合、いろいろな異なる支出が発生します。ガソリン代はもちろんのこと、日々の維持管理に必要な出費も多いものです。その中には、洗車代も含まれます。特定のガソリンスタンドなどでガソリンを入れている場合、そこでプリペイドカードを購入して洗車を一緒にするというケースも多いはずです。その際にかかるプリペイドカード購入費用がどの勘定科目に入るのかをチェックしてみましょ...

不動産オーナーであれば、住人の退去時と入居時にはいろいろな作業が生じるために、支出が多くなります。特に、入居時のハウスクリーニング代というのは頻度が高いですし、まとめて計算するとそれなりに高額になります。そのため、正確に会計処理をしておくことが求められます。こうした清掃作業は入居率を上げるためにも欠かせないものですので、必要業務と言うことができ、問題なく損金計上できます。問題は、どの勘定科目に入れ...

自社で何らかの商品を製造していたり、輸入したものをラベリングし直して販売したりする場合、ラベルを貼ることは欠かせない作業となります。商品によっては表示義務が生じるものもありますし、製品名を記したり、宣伝用のマークを入れたりするからです。こうしたラベルは多くの場合、専門の会社に発注しますので、支出が別に生じます。この費用に関しての損金処理の仕方を確認して、正しい勘定科目に入れられるようにしましょう。...

飲食店を経営しているのであれば、仕入れにはかなりたくさんの物品が関係してきます。食材は当然のこととして、調理に使うラップやゴミ袋などもありますし、紙コップなども購入します。その中にはストローも含まれます。ドリンクを提供するお店であればかなりの数となりますので、明確に勘定科目を設定しておく必要があります。飲食店でなくても、従業員が休憩中に使えるようにということで、オフィスにストローを置いているところ...

記帳や税務処理を行うにあたっては、会計用語を覚えておく必要があります。会計や税務についてのみ使われる言葉もありますし、一般的に使われている意味とは異なる意味を持っているものもあります。そのため、正確にそれぞれの用語を覚えておかないと、混同したり、記載違いをしてしまったりすることがあります。特に似たような言葉には注意が必要です。たとえば、「費目」「勘定科目」そして「予算科目」というのはどれも支出の分...

会計処理をする際に、どの勘定科目に入れたら良いのか、迷ってしまうことは多々あるものです。特に、似たような分類がある場合に、両者の違いがどこにあるのかという点を考えてしまうのです。その一例として、「外注費」と「外注加工費」というものがあります。どちらも、外部の業者に何らかの作業を依頼して支払う費用であることには違いがありません。しかし、両者を分けるものは何か、そもそも違いはあるのかという点になると、...

飲食店の支出というのは、かなり広範囲に及びます。飲食業は小規模経営が多いですし、個人事業ということもあります。そのため、会計を専門に行うスタッフを雇えないことも多いので、オーナーなどが頑張って記帳を行っている傾向が強く見られます。それだけに間違いも生じやすいです。しっかりと勘定科目の仕訳を確認して、わかりやすい記帳を心がけたいものです。たとえば、メニュー表を制作する時に、その費用はどこに入れたら良...

普段そうそう購入しない品目については、いざ取引実績があると、どういった会計処理をすれば良いのか、困ってしまうことがあります。その一つの例として、額縁を挙げることができます。書道を生業としているとか、美術品に関連した業務をしているのならまだしも、多くの企業は額縁を買うことは多くありません。こうしたケースにも迷うことがないように、しっかりと勘定科目に入れる方法を覚えておきましょう。オフィスに飾る目的で...

事務仕事をするに当たっては、プリンターなどで文書を印刷するのは必須と言っても良いほど、頻度の高い作業です。当然、それに伴ってプリンターに関係する費用が発生します。その中には、インクカートリッジの交換費用があります。定期的に発生する支出ですし、それなりの額がかかることもありますので、社内で明確な経理ルールを設けると同時に、記帳の際の勘定科目をはっきりとさせておいた方が安心です。プリンターのインクカー...

業務を行うにあたって、何らかの事故を防ぐための安全設備を設置することは職場環境を改善するために役に立ちます。たとえば、パトライトは作業者や周囲の人に注意を促すために効果的な手段となります。倉庫で大型の自動車やフォークリフトなどが通行する場所に取り付けたり、機械を作動させる時に警告を出すように設置したりします。こうした設備は当然経費として計上できるわけですが、どの勘定科目で仕訳をしたら良いのか迷うと...

事務所を快適な環境とするためには、細々としたアイテムを購入して使用することが多くなります。日常的に使うトイレットペーパーなどの物品もありますし、芳香剤といった商品もあります。金額は小さいとはいえ、定期的に出費がある品ですので、記帳をする回数も多くなります。間違いなく勘定科目に計上できるよう、あらかじめ明確に理解しておくようにしましょう。事務所の芳香剤を計上する勘定科目事務所で芳香剤を使用する場合は...

自動車を扱う事業では、取引の内容によって様々な公的な手続きをする必要があります。そして、ほとんどの場合、それぞれの手続きをする際に手数料や収入印紙代などがかかってきます。そのため、支出の中でもそれなりの割合を占めることになります。当然、個々の手続きにかかる出費については、適切な勘定科目に振り分けて記帳しないといけません。たとえば、市役所に行って仮ナンバーを取った時には、その費用をどの勘定科目に入れ...

個人事業主として仕事をしているとしても、法人として事業を行っているとしても、正確に会計処理をして税務申告をしないと、税務署から指摘を受けたり税務調査が入ったりとトラブルの元となります。それぞれの業種によって、会計処理の仕方が違いますし、申告方法も異なることがあります。特に農業の場合は専用の申告書が設けられていますので、しっかりと知識を取り入れて正しい処理の仕方を採る必要があります。培土など、農業な...

事務所や店舗では、いろいろな電化製品を使用します。家電の種類によっては、家電リサイクル法によって再利用が義務付けられているものもあります。テレビや冷蔵庫、そして業務に使う冷蔵庫などが含まれます。こうした種類の製品については、自分たちで勝手に処理することはできず、専門の業者に引き取ってもらうか持ち込む必要があります。その際には、リサイクル料や家電運搬料がかかります。この場合、勘定科目はどうなるのかを...

商品を仕入れて販売する小売業や卸売り業などは、在庫が余ってしまうと処分せざるを得なくなることがあります。保管スペースを確保してコストを削減する必要がありますし、無駄な在庫を抱えても意味がないからです。また、食品や薬品を扱う事業においても、賞味期限もしくは使用期限が過ぎてしまうと売れなくなりますので、棚卸などのタイミングで商品を廃棄することになります。当然廃棄処分にした場合には、何らかの会計上の処理...

業務を行うに当たって機械類が必要になる業種はいくつもあります。こうした機械類は定期的にオイルを交換するなど、きちんとメンテナンスをします。こうした費用は業務上頻繁に出ていくものですので、的確な勘定科目を定めて、そこに算入し続けていくことが大事です。そのため、ここではチェーンソーのオイル代を取り上げ、どのように会計処理をしたら良いのかを考えることができます。いくつかの方法がありますので、それぞれの企...

在庫品や工具などを保管するスペースを確保するために、レンタル倉庫やトランクルームを利用しているケースは多く見られます。企業だけでなく個人事業主や農家などもあり、様々な目的で利用されています。自前で倉庫を用意するよりもコストが低いですし、節税効果もありますので上手に使うことでいくつものメリットが生まれます。こうしたメリットをより良く生かすためにも、勘定科目の仕訳など会計処理は的確に行うようにしましょ...

業務そのものや会計作業のために、業務用ソフトを利用している会社や個人事業主は多くいます。ソフトを新たに導入する時には、ソフトそのものの購入費用とは別にインストールの作業費用がかかることがあります。特に複雑な業務ソフトや労務管理ソフトなどは、知識がない人だと導入に苦労するものです。そのため、開発会社などにインストールまでを依頼するケースが多く見られます。この場合、ソフトそのものの費用とは別の経費とな...

新品で購入するよりも初期費用が低く、気軽に導入できることから、様々な物品におけるリース取引がなされています。自動車や複合機が特に多いですが、防犯カメラといった機器についてもサービスが提供されています。企業にとっては便利ですが、会計上の処理をする時に複雑に見えることがあります。そこで、具体的にどの勘定科目に入れるべきかなど、処理の方法をあらかじめ知っておくことは重要です。防犯カメラをリースで利用する...

書類の保管スペースや、製品の在庫管理のために棚を始めとする什器は必須のアイテムと言えます。ほぼすべての企業において購入するものですので、どのように会計上の処理をすべきか経験を通して知っているはずです。しかし、一口に棚の設置と言っても、異なる種類のものがあり、それによって勘定科目が変わってくることがあります。適切な処理をしないと、指導を受けることもありますので、しっかりと論理的な考え方ができるように...

農家であれば植物の種は、飲食店の食材に相当する必須の仕入れ品となります。常に購入しますし、その額も大きくなることがあります。そのため、会計処理の仕方を正確に覚えておき、いつも的確な勘定科目の仕訳ができるようにしておきたいものです。また、農家でなくても植物を栽培するケースが増えています。たとえば、飲食店が自家栽培した野菜を使って調理をするといった例があります。こうしたケースでは、どのように記帳したら...

伝票の起票方法は、どんなお金の動きをするのかによって柔軟に対応しなければならないときがあります。その結果次第では、仕訳結果が異なることもあるので注意してください。簿記の中でも特徴的なものとして、分解方式と集約方式があります。それぞれの違いについてしっかり確認しておきましょう。簿記の分解方式では伝票をどう扱うのか簿記における分解方式のポイントは、その名前の通り、分解するところにあります。お金の取引を...

満期保有目的債券を所有した場合、流動負債となるのでしょうか?これは、資産と負債の定義が関係します。満期保有目的債券とはどんなものなのでしょうか?満期保有目的債券とは、満期日まで保有する意思をもって保有する社債やそのほかの債券をいいます。満期保有目的債券を保有中はその利息を受け取ることができ、満期日を迎えると額面金額と利息が返ってきます。社債は額面金額よりディスカウントされて発行されることもあり、そ...

満期保有目的有価証券の満期日が1年以内となったとして、満期保有目的有価証券にワンイヤールールは適応になるのでしょうか?満期保有目的有価証券って何?有価証券とは、株券や国債、社債、投資信託などがあり、財産としての価値のあるものです。国や企業の資金を集めるために利用されています。満期保有目的有価証券は、満期日まで保有する条件で発行される証券です。ワンイヤールールとは?貸借対照表(B/S)上では、流動資...

簿記勘定科目を体系的に分類する中で、よく出てくる用語に「関係会社出資金」と「関係会社株式」があります。よく似た用語ですが、この二つの用語の意味は何でしょうか。また、違いはあるのでしょうか。関係会社出資金とは 関係会社出資金とは、関係会社に対する出資金を、その他の出資金と区別して管理するための勘定科目です。財務諸表ならびに企業会計についての規則によると、関係会社出資金は他の出資金と区別して表示するよ...

ビジネス用語であり、簿記でも出てくる「関係会社株式」と「子会社株式」という用語ですが、正確な使い分けがされていない場合が多く見受けられます。この二つの項目にはどのような違いがあるのでしょうか。また、関係する用語としてよく耳にする「関連会社・関係会社・子会社」はどのように使い分ければいいのでしょうか。簿記における関係会社株式の扱いについてまずは「関係会社株式」という科目についてですが、一般的に関係会...

支店を持っている企業の場合、本店と支店との間で内部取引をすることもあるでしょう。このような場合、本店勘定と支店勘定を用いて会計処理をするのが一般的です。本店勘定と支店勘定とは?本店勘定とは、支店側の会計帳簿に設置するものです。本店と支店の取引を行う際に、支店が本店に対して債権が債務が発生することもあるでしょう。本店勘定とは、これを処理するために用いられる勘定項目です。一方支店勘定とは、本店側の会計...

令和2年7月1日からスーパーやコンビニなどのレジ袋が全国一斉で有料化されたことで、会社の会計処理がひと手間増えてしまったことでしょう。たとえ5円・10円の購入費だとしても、きちんと仕分けして会計簿に記帳していかなければなりません。そこで会計担当の方が迷いがちなのが、『有料レジ袋の勘定科目と分類の仕方』ではないでしょうか?有料レジ袋の購入費の分類・勘定科目とは有料レジ袋の購入費は会計処理上で消費税区...

確定申告を行う際、様々な経費を勘定ごとに分ける必要があります。中には振込手数料など、通信費なのか消耗品費なのか判別しがたいというものも多く、仕訳に悩む人も多いのではないでしょうか。振込手数料は通信費?商品の購入などで銀行振り込みを利用した場合、「振込手数料」が発生します。この手数料はどの勘定に仕分けるかで悩む人が多いのですが、これは「支払手数料」として扱いましょう。振り込みにかかった合計金額から、...

経費の勘定科目の中に、「通信費」と「発送費」があります。この二つについて、実は厳密な区別は定められていないため、簿記の試験などで困惑する人も少なくありません。通信費と発送費の共通点通信費と発送費には、「他業者にものを送る、または受け取る際にかかった費用」という共通点があります。郵便物であれば、貼付した切手やハガキ代金などが対象です。また、宅配サービス業者などを利用した場合、その送料が該当します。郵...

自動車やバイクのタイヤは、経年劣化や乗ることで摩耗する消耗品です。そのため、定期的に交換が必要です。社用車のタイヤを交換する際には、かかった費用を勘定科目で経理処理しなければいけません。どんな項目にするのが正解なのでしょうか?タイヤ交換の理由によって異なる勘定科目の処理方法タイヤ交換においてはかかる費用がそれほど大きくないので、雑費として処理するのが簡単だと考える人は少なくありません。しかし、あれ...

マニフェストとは、産業廃棄物の排出事業者が、廃棄物の流れを把握するために使用する管理伝票のことです。産廃業者へ処理を委託する際には、マニフェストを交付しなければいけないと、法律で義務付けられています。この伝票の購入費用、またサービスの利用費用に関して、勘定科目でどこに処理するのが妥当なのでしょうか?マニフェスト代は基本的に事務用品費でOK産廃業者へ交付するための伝票は、無料でダウンロードできるもの...

法人が利用している社用車は、車のメンテナンスの一つであるオイル交換をしたら、その費用は勘定科目に分類しなければいけません。それは、個人事業主でも同じです。もしも個人事業主が車のオイル交換をした場合には、かかった費用は勘定科目でどこに仕分けたら良いのでしょうか?オイル交換の勘定科目は消耗品費がベスト個人事業主なのか法人なのかに限らず、ビジネス目的で使っている車のオイル交換にかかる費用は、消耗品費とい...

個人事業主や法人の企業が、オフィス内に美味しいミネラルウォーターのサーバーを設置して利用する際、消耗品となる水を購入するということで、その水の購入にかかる費用は消耗品費と処理することが多いでしょう。しかし、勘定科目には、消耗品費とは別に、水利費というものがあります。これはどんな費用で、どんな特徴があるのでしょうか?水利費とは?水利費とは、川から水を引く水路を建設する際にかかる費用や、その費用を支払...

飲食店を営んでいると、定期的な店内のパワークリーニングが必要となります。DIYの清掃だけでは十分にグリスを除去できず、グリスがどんどん蓄積してしまうものです。そうした事態を防ぐために、業者を呼んでプロの清掃を行ってもらうことが多いのです。グリストラップを含めたこうした清掃費用は、勘定科目においてはどのように処理するのが良いのでしょうか?飲食店のグリストラップの勘定科目グリストラップを勘定科目でどの...

会社の敷地内にある植木は、定期的に業者を呼んで剪定してもらう必要があります。植木の剪定にかかる費用は、もちろんケースバイケースですが、意外と高額な出費になりやすいものです。1回の作業で数十万円かかることもあるため、勘定科目での仕訳についても慎重になってしまうことでしょう。この植木の剪定にかかる費用は、勘定科目ではどのように処理するのが良いのでしょうか?製造原価がかかっているかどうか?会社の敷地に植...

勘定科目とは、主に管理会計で使用される、「科目が固定されていないお金の取引をまとめる見出し」です。財務会計では科目は固定されていますが、社内報告などの管理会計では、行われた取引内容によって科目は自由に設定できます。勘定科目自体も幾つかの分類に分けられますが、特に損益計算書に記載される勘定科目は「収益」と「費用」に分けられます。このうち「費用」では、仕入れや給料だけでなく、水道光熱費や修繕費、施設管...

預り金とは勘定科目上、「従業員などが負担するお金を、企業・会社が一時的に預かる」際に使用する科目です。一般的なイメージでは、会社経由で国に支払われる源泉所得税や社会保険料が当てはまります。従業員がじかに納める国への税金を、企業が天引きという形で給与から「預かり」、全従業員分をまとめて国へと納付します。預り金はまた、科目上の分類は「負債(流動負債)になります。あくまで一時的に預かるもので、決済期限ま...

事業を始めて会社を経営している人、副業を始めて確定申告を行う人、職場などで経理や事務作業をやらなければならないという人、組織に所属している人は、勘定科目とは何かをしっかりと理解しなくてはいけません。勘定科目の概要そもそも勘定科目とは、会社などの日々の取引による資産や負債などの増減ついて、事業の取引を記録するのに必要な分類項目の名称を言います。勘定科目は、自分では無い人が帳簿に取引を記載してもわかる...

職種によっては、業務上でアロマオイルを使用することがあるでしょう。特に個人でエステサロンを経営していると、マッサージなどに利用するため、購入頻度は高いでしょう。そこで気になるのが、アロマオイルはどの勘定科目に当てはまるのかということです。確定申告を行う際に、勘定科目で迷う人は多いでしょう。忙しい申告前に焦らないよう、事前に確認しておくのがおすすめです。アロマオイルの勘定科目の付け方エステサロンなど...

社内向けにさまざまなことを知らせる社内報は、会社にとって重要な小冊子です。経営方針や各部署からの連絡、企業文化などを掲載することで、社員同士の団結感やモチベーションがアップするでしょう。時には外部の人にも配布して、会社の雰囲気などを伝えるという役割も持っています。そんな社内報ですが、制作にはもちろん費用がかかります。そこで、帳簿付けを行う際に、どの勘定科目に当てはまるのかで迷うケースがあるでしょう...

事業で使用するために、ベッドや布団などの寝具を購入することがあります。確定申告を自分で行う必要がある方の場合、寝具の購入後に「寝具の勘定科目は何になるのか」ということが気になるでしょう。寝具がどの勘定科目に該当するのかというのは、使用する場所や用途などによって異なります。全ての場合で同じになるとは限らないため、慎重に判断しなければいけません。購入した寝具はどの勘定科目に入れる?寝具を購入する目的は...

法人はもちろん、最近は個人事業主であれば、青色申告でも白色申告でもどちらも帳簿付けをするようになっています。そして事業に関する物を購入した場合も、きちんと仕訳して帳簿付けをしなければなりません。購入から到着まで問題ない場合はいいのですが、仮に不良品や自己都合での返品、それにかかる返品送料など、イレギュラーが発生した場合でも仕分けをしておかなければなりません。仕訳は税金や売り上げなどに影響する重要な...

知り合いがお店をオープンしたり改装したりしたときや、取引先が新しい事務所を開設したときなどに、お祝いを贈ります。このようなお祝いでかかった費用は、事業経費の対象になるのでしょうか。また経費として計上する場合の勘定科目は、何にすればいいのでしょうか。ご祝儀が経費となるための条件、勘定科目、お金を贈る際の注意点についてまとめました。お金でなく花などの品物を贈る場合についても解説しています。祝い金が経費...

企業の経理担当にとって必要不可欠なのが「勘定科目」に関する知識です。一口に勘定科目と言ってもその種類は多く、振り分けるためのルールも曖昧だったり企業によっても違ったり…覚えるにも一苦労します。「どれを使えばいいの?」と迷うことも日常茶飯事なのではないでしょうか。勘定科目とは?簿記で使われる分類項目のことです。仕訳をしたり帳簿に記入したりする際に、項目を決めて記載することで、お金の出入りが分かりやす...

日常生活において給湯器はとても重要な役割を果たしますし、なくては生きていくことができません。365日24時間使うものなので、使っているうちに壊れてしまうこともあるでしょう。会社で給湯器を使っている方は、確定申告時に経費として交換費用を算入することができますが、その際の勘定科目は何になるのでしょうか。給湯器の交換費用の勘定科目は二種類給湯器を交換することになれば、必然的に費用がかかります。交換する場...