展示・展示会記事一覧

美術館や博物館等へ行くと、入り口から出口までの行き方が示されています。この示し方を展示室の巡回形式と言いますが、この言葉を聞いたことはありますか?展示室の巡回形式にはちゃんと意味があり、種類も1ではありません。ここでは、あまり知られていない展示室の巡回形式の意味や種類を紹介します。展示室の巡回形式の種類展示室の巡回形式とは、博物館や美術館を含め何らかの展示が行われる展示室における導線の形式を指す言...

展示場の来訪者へ来て下さったことへのお礼を伝える為にはお礼状を書くことが大切です。ただし失礼な書き方をしてしまうとせっかく来て下さった方へ申し訳ありませんので、最低限抑えておくべきポイントをご説明します。展示場へ来訪者へお礼を伝える所から展示場への来訪者へお礼状を書く際にはまず、来場して下さったお礼を伝える所から始める。展示場への来訪者にわざわざ足を運んでもらったことへのお礼を伝える為、「先日はお...

展示を見る時の正しい言い方がわからず困惑している方も少なくありません。展示を見るでも言葉として間違えではありませんが、より聞き心地が良い言い方は何なのでしょうか。展示を見るの言い換えをご紹介します。展示を見るは見学という言い換えがベスト展示会に行くなど普通の展示を見る際には見学という言葉を使うのがベストです。「〜へ見学に行きます」というような言い換えができます。こちらはプライベートでもビジネスでも...

展示会やお店で見本として展示されている冷蔵庫は展示品として販売されていますが、実際の所どうなのでしょうか?展示品として扱われていた冷蔵庫のメリットデメリットや、使い心地などをご説明します。展示品の冷蔵庫はどうなのか?展示品として扱われていた冷蔵庫は実際どうなのか気になっている方は少なくありません。商品によっても異なりますが、大抵の場合普通に使える冷蔵庫ばかりです。時たま展示されていた際のシールが張...

電化製品売り場などで頻繁に見かける「展示品限り」という言葉ですが、こちらはどういう意味なのでしょうか?意味を間違えると購入してから後悔する可能性がありますので、言葉の意味をよく理解しておきましょう。展示品限りの意味展示品限りは言葉の通り、「展示されている品物のみ」という意味になります。大抵の商品は展示品とは別に箱入りの商品などがありますが、商品の在庫がなく展示されている商品しか店頭で販売できないと...

美術館の展示室は一般的に無窓の状態が多いのが特徴です。自然採光を取り入れずに展示物だけで光を取り入れる理由は何なのか。自然採光を取っている美術館はあるのかもあわせてご説明します。美術館の展示室は無窓が一般的か?美術館の展示室には絵画や彫刻など様々な作品が飾られています。美術館の展示室にもよりますが貴重な作品を飾っている所も多く、いずれの作品も日光に弱い傾向にあります。そのため一般的には展示室は無窓...

展示会のDMの設置場所に悩んでいる主催者の方必見。展示会のDMはこのような場所に置かせてもらえるでしょう。探し方や置いてもらう為のポイント、ちょっとしたコツをご説明します。過去の展示会の関係者に送ってみる展示会のDMの設置場所の探し方の1つが、展示会で出会ったことがある関係者や実際に来訪して下さった方に送る方法です。設置先が多ければ多いほど来訪者が増えますので、興味を持ってもらえそうな方や関係者で...

同じ意味の言葉として使われる事がある掲示と展示ですが、こちらはそれぞれ全く違った言葉です。掲示と展示の違いはどんなものなのか、それぞれの違いや正しい意味についてご説明します。展示と掲示にはどんな違いがある?展示と掲示は一文字感じが違うだけですが似て非なる言葉です。掲示は紙などに書いて内容を人々に見せる事、展示は彫刻や絵画など美術品や作品などを人々に見せることを意味します。見せる内容がそれぞれ全く違...

展示会などをみに行く際には「展示を見る」なのか「展示を観る」なのか悩んでしまう方は少なくありません。それぞれの正しい使い方や使う時のポイント、それぞれの意味についてご説明します。展示を見る?展示を観る?展示会などをみに行く際にはどちらのみるを使えば良いのかと言うと、基本的には展示を観るを使います。こちらを選ぶことでより深く、よりじっくりと眺めるという意味があります。展示会などで作品を眺める際にはこ...

ギターの展示品が安く売られていたので購入しようと検討しているものの、本当に買っても大丈夫なのか心配というあなた。展示品のギターを購入する際には、ちょっとしたポイントをチェックしておきましょう。ギターは展示品でも大丈夫?展示品のギターを購入しても大丈夫かどうか心配になって居る方は珍しくありません。結論から言うと、大丈夫かどうかはギターによっても異なります。商品によってはキズが酷く演奏に支障が出るよう...

ショールームに飾っている展示車は最初から展示されている訳ではなく何らかの方法で搬入されています。どうやって搬入しているか不思議な方もいるかと思いますが、決して珍しい方法ではなく、こうやって搬入されています。ショールームにある展示車はどうやって搬入している?ショールームに飾られている展示車はどうやって搬入しているのか不思議に思う方も多いでしょう。当然ですが人が入るような入口から入ることは出来ません。...

展示車が新車として販売されていることはあるかどうか心配に思っている方は少なくありません。自分が知らないだけで展示車を販売されていたらどうしようと不安な方は、まずはこれらのポイントをチェックすると良いでしょう。展示車が新車として販売されていることはあるか?展示車が新車として販売されていることは残念ながらあります。そんなことあるかと思っていた結果、納車された車をよく見たら傷だらけだったというケースも少...

様々な業種で展示会が開催されますが、会社や企業から招待を受けることもあります。その際に知っておきたいマナーというものがあります。特にアパレル関連の場合には、どの点に注意をしておくべきなのでしょうか。ナチュラルなファッションで構わない展示会の中でも特に派手でおしゃれなイメージが強いのがアパレル関係です。多くの方が悩んでしまうのが服装でしょう。展示会会場に参加する人はヘアやファッションも完璧にしている...

豪華な指輪やネックレスなど、様々な宝石が並んでいる展示会では、出席に際して服装で悩む方も多いものです。見学する立場、また出展者としてどのようなファッションをしたらいいのでしょうか。これについて説明したいと思います。見に行く際に豪華な服装はOK?NG?業界関係者の方で、展示会に見学に行くように指示されることがあります。一人で行く場合、また上司と行く場合とでは若干服装でOKな部分、またNGな部分が異な...

展示会でお会いした方と名刺交換をする事は珍しくありません。そこから営業の電話がかかってくるようなこともあります。しつこい勧誘の連絡が来たときにはどうすればいいのか、展示会に関する営業の断り方をご説明します。しばらくは時間が無いことを伝える何度も電話や直接などで展示会を通じた営業の連絡が来る場合のやんわりとした断り方として、「しばらくは多忙のため時間が取れそうにない」というような返し方があります。は...

暑い夏場はスーツにネクタイは、暑苦しくてつらいものです。特に、日本の夏は暑さが厳しく各企業でクルービズを取り入れています。しかし、仕事の関係で取引企業の展示会を見学する時に、ラフなイメージの強いクールビズで訪れて大丈夫か、またどのような服装が望ましいのかお話しします。そもそもクールビズってなに地球温暖化対策の1つとして、2005年に導入された制度です。涼しい服装で過ごすことで冷房の設定温度を28度...

展示会で服を購入した際、お金の支払はいつになるのでしょうか?その場で支払わないといけないのか、それともまた後日になるのか、間違えてしまうと恥をかいてしまいますので一般的な例を事前に確認しておきましょう。基本は後日お金のお支払いシーズンより前の展示会で洋服を購入する場合は大抵の場合後日のお支払いになります。シーズン前の本格的な販売前に行われる洋服の展示会では、新作お披露目会のように行われていることが...

展示会にチラシを持参する際に必要な枚数はどのくらいになるのでしょうか?持ち込みするぎてしまうと後が大変になってしまいますので、必ず必要枚数を持参しましょう。大体の目安枚数についてご説明します。展示会でのチラシ必要枚数はどのくらい?展示会においてチラシの必要枚数は企業によっても異なりますが、大体来場者数の1割前後を目安としておくと充分でしょう。こちらは中小企業の展示会の場合、優秀な企業が受け取っても...

就職活動の際に、各企業で自社の魅力を大学生の皆さんに伝えるために展示会やセミナーが開催されています。ところで、展示会などを訪れる大学生の服装で採用担当者に好感度大のOKスタイルと、NGな服装はあるのでしょうか。展示会に参加する目的はなに就職活動の下準備として、各社や各業種の展示会への参加する大学生の皆さんが多いですが、その目的はなんでしょうか。企業の業績や今後の課題を知る場であり、大学生達が入社後...

展覧会のお誘いのDMを作成する際に、ただ日時や場所だけを記載するのでは味気ない物です。DMを受け取ったお相手が心地良く行きたいと思えるように一言書き加えると良いでしょう。案内所へのおすすめな書き方をご紹介します。先方が目上や顧客の場合展覧会のDMを送るお相手が目上の方や顧客の方の場合は特に、丁寧な一言を書き加えることが大切です。例えば「ご多忙の所恐れ入りますが宜しければご来臨下さいますと幸いです」...