値段記事一覧

習慣で牛乳を飲む人は少なくありません。毎日飲むものとなると、やはり少しでも適正な値段で購入できるよう、努めていくことは大切です。自分がいつも飲んでいる牛乳は、世間の相場と比較してどれくらいに位置するものなのか、ぜひ考えてみてください。牛乳パック1リットルの値段スーパーやコンビニ、ドラッグストアに行けば様々な種類の牛乳パックが陳列されていますが、値段はそれぞれの商品によって大きく異なります。1リット...

日本語は文法が難しいといわれます。日本語を学ぶ海外の人は、日本語は語彙が多いためその用法に戸惑ってしまうこともあるようです。教科書通りに言葉を選んだのに、どうして間違っていると指摘されるのか納得できないという声も。なかでも「なぜ値段が高いの反対は安いなのか」という疑問が晴れない人もみられます。ここでは、値段が高いの反対の言葉について、詳しく掘り下げていきます。高いの反対は低い通常の対義語として「高...

買い物に出向いた先で、「10%オフ」「4割引」などと目立つシールが貼られていることがあります。いわゆるおつとめ品などと呼ばれる、値引きを知らせるシールです。困るのが「割引後の値段がわからない」といったところではないでしょうか。ここでは、割引率と、提示された値段から、値引き額を知るための計算方法についてまとめました。10%オフの計算方法買い物先などでよく目にするのが「10%オフ」という文字。どのよう...

スーパーマーケットの広告を比較してから買い物に出かける人もいることでしょう。そこで、内容量が異なる同じ商品を見つけた時に、どちらが安いのか見極めるのが一般的です。ここでは、100グラム当たりの値段を調べる計算方法をまとめました。この計算方法を知ることで、賢い買い物ができるようになります。小学校の算数レベルの方法なので、簡単に計算できます。100グラム当たりの値段を知りたいときA店では豚肉800グラ...

領収証や手形を見ると「¥1,000−」というように値段を示す数字の後にハイフンが打たれていることがあります。何気なくやり過ごすことが多いのですが、いざ正式な領収証を発行する側に立った時、書き方が悪いと注意を受けてしまうこともあります。では、この値段を表す数字の後に打つハイフンはどのような意味があるのでしょうか。そのほか、あわせて覚えておきたい数字の料金表記のルールについてまとめています。値段の後に...

品定めをしているときに「値段はピンキリだから」といわれることがあります。値段の比較をする場合や、程度を表す言葉であることは想像がつくのですが、その詳しい意味に関して説明できないことも。この記事では「ピンキリの値段」に関してその意味と用法などをまとめています。「ピンキリ」という言葉の意味「ピンキリの値段」などと言われる言葉ですが、正確には「ピンからキリまで」という用い方をします。厳密にいうと「○○の...

なにげなく見ている「¥」マーク。値段を示すことはわかっているけれど、これ以上のことはわからないということも。ここでは、値段を示すマークの名前とその語源などを紹介します。海外の通貨に関するマークなどもあわせて取り上げました。値段を示す「¥」マークの名前はレシートや広告などを見ると値段の欄に記載されている「¥」の印。一般的には「エンマーク」という名前で呼ばれています。値段を示す記号で、日本円であること...

パソコンに限らず、家電量販店や専門店で家電を購入する際は、値下げを意識した値段交渉を行うことがほとんどです。家電量販店側も値引きをすることが多く、結果次第では値段を下げる以外に、付属品がセットになるといった特典が受けられる場合もあります。では、パソコンの購入時の値段交渉のコツはあるのでしょうか。値引きのための駆け引きは必要でしょうか。パソコンの値段交渉の下準備まずは、自分が欲しい機種を検討しましょ...

ビジネスなどの面で、商談を行う場合「値段・単価」を教えてほしい場面に直面することがあります。フランクに「値段を教えて」といえば、伝わる言葉ですが、相手と自分の立場を考えると、敬語を使う必要があります。こんなとき、どのような敬語表現をすればスマートに相手に伝えることができるでしょうか。いくつかの表現から考えていきましょう。「お値段を教えてください」という敬語は適当ではない敬語表現で物の価値を教えてほ...

日本語には、漢字の読み方に関するルールがあります。特に漢字の「音読み」と「訓読み」を覚えなければ、文献を読むことが難しくなります。ここでは、小中学生の国語で学ぶ読み方のルールについて紹介します。「値段」という言葉から学ぶ、湯桶読みと重箱読みの例について取り上げます。国語の勉強を今一度おさらいしてみませんか?「音読み」「訓読み」とは音読みと訓読みの違いを知ることで、漢字の読み方がスムーズになることが...

駄菓子屋さんは、1回食べきりサイズのお菓子やくじ引きなど、たくさん商品を取り扱っています。スーパーマーケットであれば、POSシステムの導入でバーコードを読ませれば価格を知ることができますが、小規模の駄菓子屋はバーコードレジを導入しているところが少ないのが現状です。もちろん、駄菓子そのものにはバーコードがつけられています。では、駄菓子屋さんはどのような値段の覚え方を導入しているのでしょうか。駄菓子屋...

リサイクル意識が高まり、自分が何度か着用した衣服を古着屋に持参する人も増えてきました。今では、着古した服を売り古着屋で自分が気に入った服を買うという生活をする人も見られます。では、古着屋ではどのような値段の付け方をしているのでしょうか。また、自分が持ち込んだ服は、どのような観点から価値が見いだされるのでしょうか 。リサイクルショップと、古着中心のショップなどの違いなどもチェックしました。古着の買取...

大学は単位制で、規定数の取得で課程履修が認められます。在学期間である4年間で決められたカリキュラムを履修することが求められます。なおかつ、1年間で履修すべき科目において1つでも落としてしまった場合は、二年次以降のカリキュラムに進むことができません。留年することで、一年間の学費が無駄になってしまうことが考えられますが、1単位当たりの費用はどのくらいになるのでしょうか。また、「1コマ」といわれる授業当...

いわゆる「回らない寿司屋」である高級な寿司屋では、寿司によっては「時価」と表示されているネタがあります。よほどお金がある人は値段など気にならないでしょうが、多くの場合は時価の寿司がいくらなのか、気になる方も多いと思います。しかし、高級な寿司屋で時価の寿司の値段を聞くのは恥ずかしい気持ちがあったり、値段を聞くことがマナー違反と考える方もいらっしゃいます。なぜ値段が時価の寿司があるのかそもそも寿司の値...

この世の中には、ジュースやお茶などの飲料、しょうゆやみりんなどの調味料、洗濯用や食器用などの洗剤など、数えきれないほど液体の商品がたくさんあります。液体の商品を普段購入するときには、高い・安いはどのようにして判断すればよいでしょうか。メーカーによって液体の内容量も異なり、単純には値段の比較はできません。そのようなときに、簡単に計算して値段を比較する方法があるのをご存じですか。液体の商品はどのような...

買い物に出かけた時、セールが行われていると、たまに「破格な値段」という表現が使われていることがあります。セール商品に使用される言葉ですから、意味を推察すると「低い値段」というような意味になります。しかし、具体的にどのような意味なのか、押さえられている人は実は多くはないのではないでしょうか。「破格」は名詞・形容動詞「破格」という単語は、「格を破る」と言う様子を一単語で表した単語です。「格」とは、地位...

スマートフォンやケータイを使って、通話だけしているという人は少なくなってきました。ほとんどの人がメールやSNS、動画の閲覧やゲームなどでデータ通信を使っています。データ通信にかかる値段は、1KBあたりでいくらになるのでしょうか。スマホやケータイの通信量1KBあたりの値段スマホやケータイのデータ通信にかかる料金は、それぞれの携帯キャリアや契約しているプランによって異なります。100MBはKBに換算す...

昨今はどのような商品にもバーコードが付いているのが当たり前ですが、商品によっては下の数字をチェックすることで、本来の値段を知ることが可能です。日々の買い物を少しでもお得にするために、さりげなくチェックしてみてください。商品の値段が解るのは店内で貼られる後付けのみ賢く買い物をする際に参考になるバーコードの下の数字ですが、すべてのバーコードで商品の元の値段が解るというわけではありません。商品の元の値段...

パンフレットやちょっとした冊子用のイラスト制作は、プロはもちろん、アマチュア絵師にも有償で依頼を受けてもらうことが可能です。相場や納品までの流れを知り、素敵なイラストを描いてもらう参考にしてください。料金設定は作業量×時給での計算が基本有償イラスト制作の料金設定は絵師ごとに異なるものの、基本的には作業量×時給で計算することがほとんどです。完成にかかる時間に時給を掛けて計算されますが、時給の設定も絵...

お菓子作りはもちろん、料理に使うことで本格的なコクが出せる生クリーム。一般的なスーパーでも購入できる生クリームは、100ccあたりでどれくらいの値段なのでしょうか。生クリームの相場と値段の違いについて知っておくと、お菓子作りや料理をするときに役立ちます。生クリーム100ccあたりの値段一般的なスーパーなどで購入できる生クリームは、小さい牛乳パックのような容器に入って販売されています。市販のものでは...

インターネットの掲示板やSNSを中心に、「買い物で3K使った」「移動費に10Kかかった」というような表記が使われることがあります。話の流れから値段や金額であることはわかりますが、値段で使われるKという単位にはどのような意味があるのでしょうか。1K・3K・4Kは値段のこと?どういう意味?1K、3K、4Kというように、Kで表されるのは値段や金額のことで、1Kは1000円を意味します。よって、3Kは30...