発送・送付記事一覧

商品を注文した際にショップから届くお知らせメールには、「発送日のお知らせ」という文言が記載されていることがあります。「発送日」に類義語や反対語はあるのでしょうか。類義語、反対語(対義語)とは?「類義語」とは、言葉の形は異なるものの、意味が似ている言葉のことを言います。たとえば、「言う」と「話す」は意味が似ています。こういった言葉同士を「類義語」と言います。「反対語」とは、ある言葉の反対の意味をあら...

昨今ではテレワークなどが普及してきたこともあり、ネット注文をする機会がより一層増えたのではないでしょうか。「いつ届くかな?」とワクワクしながら待ったり、「そろそろ届くはずなんだけどなあ…」と不安になったり、という場面も多くなったことでしょう。そんなときは、ショップ上の注文履歴から商品の発送状況を確認できます。ショップ上に表示されるステータスの意味を知っておくと、トラブルがあったときもスムーズに対処...

テレワークが普及し、フリマアプリの利用が当たり前になった中で、オンラインショップを利用して買い物をする人が増えています。ショップも利用者も増加した分、配送トラブルやクレームもよく聞かれます。オンラインショップで商品を購入した後、注文履歴にはまず「発送準備中」と表示されることが多いでしょう。しかし、「発送準備中」と表示されたまま長い間いっこうに次の段階に進まず、やきもきした経験のある人も多いのではな...

「送付不要です」など、必要がない場合に相手にあらかじめ伝えておくことは、親切で効率的です。しかし、「送付不要です」だけでは素っ気ない印象になってしまったり、場合によっては不快に感じさせてしまったりすることもあるので、注意が必要です。丁寧な印象を与えるにはどう伝えるのが正解なのでしょうか?「送付不要です」を丁寧な表現に言い換えるには?「送付不要です」は「送付していただかなくて結構です」という表現に言...

送付期限とは、郵便物等を発送する期限です。期限には発送日が期限以内であれば到着日は期限を過ぎてもいい消印有効や、期限日までに相手の元に届けないといけない必着があります。指示がある場合はそれに従えばいいですが、ない場合は判断が難しいこともあります。消印有効と必着の具体的な違い消印有効は、指定された期日当日の日付で消印が押してあるものは全て有効となります。窓口で出す場合はすぐに処理されますが、郵便ポス...

お客様等と書面のやり取りをすることがあります。その時必要書類だけではなく送付状を同封することが多いです。これは会社や自分の顔と同じ役割を果たすため間違った文章を書いてしまうと恥ずかしい思いをしますので、書き方に気を付けなければなりません。また、締め文を一筆入れるだけでも相手の印象は変わります。送付状のマナー送付状のようなビジネス文書でのマナーは、配置を間違えないことです。タイトルは中央に、その右下...

「送付」という言葉は、ビジネス場面では特に多く口にするワードです。しかし、よく使うとはいえ正しい使い方をしている人は少ないです。「送付」には使う場面や、場合によって言い換えをすることもあり、正しく使えるようになれば、ビジネスマンとしても一歩成長できます。「送付」の意味「送付」は送り届ける、送り渡すという意味です。送るだけでなく、相手にしっかり届けるという印象を与えるためビジネスシーンではよく出てく...

退職者宛にも送付状を送る場面はいくつかあります。業務的な内容から挨拶まで多岐に渡り、相手の立場やその場面に応じた正しい書き方をしなければなりません。退職者であれ、元は従業員です。丁寧な言葉をもらうと嬉しい気持ちになるため事務的な内容であっても一言感謝の気持ちを伝える文を添える気遣いを持つことが大切です。退職者に渡す必要のある書類退職者宛に送付するものは、源泉徴収票、雇用保険被保険者証、離職票、健康...

履歴書を書く時や送付状を送る際、「貴社」や「御社」という表現を使うことが多いです。しかし、就職希望先が学校法人などの法人関連で、会社でない場合は呼び方が変わります。そのため「貴社」ではなく「貴校」を使うことが一般的ですが、学校法人の場合は法人のため「貴法人」と呼ぶべきなのか、それとも学校だから「貴校」と呼ぶべきか迷う場面があります。どれを使ってもいいというわけではなく、適切な言葉を選ばなければ残念...

返信用封筒は様々な場面で使われます。資料請求をしたとき、企業等に内定した時、契約書を交わす時、確定申告の時などです。資料請求などの場合は、相手が一旦負担してその後振込などで送料を支払う場合があります。しかし相手が顧客や取引先などである場合は、一筋縄ではいきません。相手から返信用封筒がないと指摘を受けた場合、もしくは自分で気がついた場合はすぐに対処しましょう。送付状の書き方と封筒の入れ忘れに気付いた...

返信用封筒は、書面での双方のやり取りをする際に使われます。必ずしも相手側に封筒と切手があるとは限りません。そのため、返送してほしい書類があるとき、相手に封筒や切手代を負担してもらわなければならず手間をかけさせてしまいます。返信用封筒は相手にコストがかからないようにという意味で使われるようになりました。また、返信用封筒の差出人が直接宛名を書くため、誤送を防ぐこともできます。返信用封筒を出す時に気にな...

自宅にいながら買い物ができ、重い荷物も運んでもらえる便利なオンラインショッピング。とはいえ、オンラインショッピングや配送業者とのやり取りで、意味の誤解をしてしまうことも多々ありますね。たとえば、そのうちの1つに「発送」という言葉があります。言葉の意味や類語、言い換えに使える言葉などを知ることで、不必要なトラブルにならないように備えましょう。発送日は到着日?これは、ネットショップを経営する人の間やオ...

オンラインで商品を注文したあとには、通常お店から「発送手配完了」のメールが届きます。ところが、お店から送られたはずのメールが届かないトラブルに見舞われることがあります。どのような原因でそうなるのか、またどのように対処すればよいのか知っていれば、もしもの時に安心ですし、落ち着いて対応することができます。メールが届かない理由お店からの発送手配完了のメールは、商品の発送を知らせるメールで、商品がいつ発送...

ときおり耳にする言葉に、「商品の発送をもってかえさせていただきます」というものがあります。何となく、商品を送ってくれるのかな、という想像はできますが、「もって」とか「かえさせていただきます」という言葉が理解を難しくしています。では、この文章にはどのような意味が含まれているのでしょうか。また、「もって」や「かえさせていただきます」は漢字でどう書くのでしょうか。文章全体の意味「発送をもってかえさせてい...

荷物を送る時に、ちょうどいいサイズの箱を見つけることができなくて、箱が2つになってしまったということはありませんか。2つの箱をそのままのバラバラな状態で送ろうとすると、もちろん送料が2つ分かかることになります。運送会社によっては複数口で割引してくれるところもあるとはいえ、2つでは大幅な値引きは期待出来ません。となると、どうにかして2つの箱をまとめて送りたいところです。複数の箱を結束するのはOK?1...

オンラインで商品を購入すると、いつ商品が届くのか心配になることがあります。お店からは確認のメールが送られてくることがほとんどですが、荷物を発送済みのメールが来てからしばらく音沙汰がないと、本当にちゃんと到着するのか、詐欺にひっかかったのでは、と不安に感じる人も少なくありません。一般的に、荷物は発送済みから何日で届くのでしょうか。発送済みの意味とはまずは、「発送済み」というステータスの意味について確...

商品を注文してから到着までにはいくつかのプロセスがあります。プロセスが順調に切り替わっていくと安心ですが、注文の状態(ステータス)が「発送準備中」のまま変化がないと不安になることも。発送準備中とは「発送準備中」とは、文字通りインターネットで商品を購入してから、配送業者に発送するまでのお店側の準備期間のことです。ネットで注文が確定すると、お店側で検品作業や、商品を揃えるためのピッキング作業がなされま...

オンラインのオークションやフリマアプリで商品を落札、購入したあとに発送通知がこないという経験をすることがあります。発送通知がこない原因にはどのようなことが考えられるでしょうか。また、もし発送通知がないときはどうしたらいいのでしょうか。発送通知がこない原因発送通知がこないというトラブルが発生する原因は、大きく分けて2つ挙げることができます。まず1つ目はお店側もしくは出品者が単純に荷物をまだ発送してい...

上司に代わってメールや文書を送るように言われ、書き方や作法が分からず困ってしまうことがあります。上司に代わってメールを送る際にミスをしてしまった場合、その責任は自分だけでなく上司にも及んでしまうため、十分に注意して作成したいものです。送付状とは何?代理メールを送る時には、必ず送付状と呼ばれる文書をつけなければいけません。送付状とは、取引先等に文書を送付する際に、その送りたいメインの文書に添付する文...