ハガキ・切手記事一覧

手紙といえば、一般的にはハガキを利用する人が多いのではないでしょうか。しかしハガキにも種類があり、用途によっては無地のハガキが必要となる事もあります。ではそういった種類のハガキが売ってる場所はどこなのでしょうか。ハガキが売ってる場所はどこ?無地のハガキに限らず、ハガキが必要となった時に売ってる場所は意外と多くあります。代表的な場所としては郵便局ですが、それ以外にも100均やホームセンターなど、私た...

はがきを出す時には、自分の住所と相手の住所を書いて出すことが一般的です。書くことが当たり前だというイメージがありますが、実際に自分の住所を書かないで出すとどうなるのか気になる人も居るのではないでしょうか。今回はその件をテーマにご紹介します。ちゃんと届くの?はがきに自分の住所を書かないと、相手に届かないと思っている人も中には居るかもしれません。しかし実際のところどうなるかといえば、書かなくても相手に...

個人情報を保護する目的で使われる目隠しシールは、自宅に届く葉書などで目にする事も多いですが、どちらかといえば企業が大量に使用するイメージがありますが、個人で仕事をしている方も情報保護する目的で利用したいと考える事もあるのではないでしょうか。でもどこで手に入るのか、値段は高いのでは?という不安と疑問が出てきます。しかし、葉書用の目隠しシールは100円ショップでも販売しています。他のメーカーでも目的や...

お寺に対してはがきを出すこともあるでしょう。その際に困るのが宛名をどうするかという問題です。特に御中を使うのか、様をつけるのかで悩む人が多い傾向にあるのでどちらにしたらよいのかを含めてご紹介していきます。お寺への宛先は御中?様お寺へはがきを出すときに宛名をどう書くかという疑問に対してですが、一般的な書き方と同様で大丈夫です。基本的に団体や法人組織に対してであれば御中で大丈夫なので、お寺に対しても宛...

はがきで自分宛の宛名にして出すこともあるでしょう。そんな時に何と書いて出したらいいか分からない人も多いのではないでしょうか。正しい書き方をマスターして色んなシーンに対応できるようになりましょう。自分宛のはがきを出す機会自分宛のはがきを出す時というのは、一般的に出欠席を確認する時です。その機会といえば、多いのが結婚式の招待状を出すときなどでしょう。出席してほしい人に対して往復はがきで手紙を出します。...

年賀状やあいさつなどにはがきを書こうとした際に、どれくらいの行はどれくらいの大きさで文字を書けばよいのか悩んだことはありませんか?行の大きさを気にしすぎてしまった結果、はがき全体のバランスが悪くなってしまうことも少なくありません。ある程度の目安を知っておけば、はがきの受取人も気持ちよく読めるような仕上がりになります。基本的な行の大きさや、はがきの書き方のコツを押さえましょう。宛名での住所はどのよう...

封筒に切手を貼るときに舐めるという人も多いですが、衛生面を考えると水を使って貼ることをお勧めします。ただ正しい貼り方を知っておかないと、作業がきれいに行われません。そこで簡単な方法をご紹介します。皿を使った方法は自宅用に最適切手の裏面にはのりがついているので、水分を与えることで粘着力が復活します。そのため、適量を裏面の全体につけることがまずは大切です。均等に付ける方法として、皿の中に水を入れた貼り...

様々な事情で切手を相手に送るということがあるでしょう。その場合は封筒に切手在中と書くべきか考えてみます。その他に送る際に知っておいた方が良いことをお伝えします。切手の郵送を検討している方には良い参考になるでしょう。どんな場合に切手を送る?切手を郵便で送るので考えられるのは、たとえばオークションのサイトなどで切手を出品して売れた時です。相手の家に送付しなければいけません。その他に切手マニアで、遠くに...