休職・復職記事一覧

休職のまま退職をすることになった場合、挨拶をすべきか否かはケースバイケースです。休職をした理由がポジティブな場合は挨拶をするのに抵抗がないはずです。しかし人間関係や仕事内容などが理由の場合はもう関係を断ち切りたいと思うでしょう。それぞれのケースについてどう対応をすべきか見ていきましょう。ポジティブな書き方まず休職した理由がポジティブなもので、退職をする場合はしっかり挨拶をしておいた方がよいでしょう...

長く働いていると、産休や療養など様々な理由で休職となる事もあるかと思います。今回は、その際の簡単なマナーとお渡しする菓子折りの選び方などをご紹介していきたいと思います。休職前にやるべきこと休職前にやるべき事として重要なことは周囲への挨拶です。休職に入る日が決まった時点で、事前にメールなどでいつから休職するのか、引き継ぎの仕方やその担当、復職の目処などをお知らせする必要があります。取引先など社外にも...

休職のまま退職をすることは決して珍しくはありません。この場合、当然ながらそのまま荷物が残っているはずです。荷物整理をしないといけないものの、取りに行くべきか送ってもらうべきかといったどうするべきかについて詳しく解説していきます。気まずい感情について人間関係から休職のまま退職をすることになった場合、荷物整理をして下さいと言われたとしても行きたくないという気持ちがあるでしょう。どうするべきかに迷ったと...

休職したいときに、会社にどう伝えたら良いのか迷う人もいるでしょう。対面では伝えづらい場合に、電話で意思を伝えても良いのか、その際の伝え方として注意すべきことは何かをまとめました。適切な伝え方で上司や会社の理解を得て、療養に集中しましょう。会社を休職したいとき会社を休職したい時は、まずは家族や直属の上司に相談しましょう。上司に相談せずに、いきなり人事部や上長に申し出るのはおすすめできません。同じ職場...

労働者が業務を継続するのが難しいときに、長期に渡り会社を休む休職です。とは言え、精神的なストレス、怪我の経過など、休職中にも退職を余儀なくされる事は全くない訳ではありません。今回は休職中に退職届を出す際の日付や期間についてご説明していきたいと思います。民法上は14日前であれば問題はない退職届を出す際、会社によっては1か月前や会社のルールが存在する場合があります。ですが、通常は退職から14日前から退...

正社員の場合は可能であるものの、派遣社員の場合は1ヶ月程度の休職をした後に復帰できるかは当事者からすれば死活問題になるでしょう。正社員と派遣社員では立ち位置が異なり、休職におけるルールに関しての違いもあります。何が違うのかをしっかり把握していきましょう。制度の利用基本的に派遣社員は休職制度を利用することができません。そもそも人員が足りない場合は人員を補充するシステムであり、休職をするのであれば、別...

過去に休職をしていたという事実はできる限りはなくしておきたいと思う方が大半です。ポジティブな理由であるのならまだしも、ネガティブな理由である場合も少なくありません。過去に休職をしていた事実が公務員試験にどう影響するかを詳しく解説していきます。これから公務員試験を受けようと思う方は参考にしてみてください。合否に関する問題休職の事実が公務員試験の合否に関係するわけではなく、採用されないのではと思う必要...

上司や同僚、後輩や社外の方など休職から復帰した挨拶メールに対し、どういった返信の書き方をすればよいか理解しているでしょうか。せっかくの船出を応援する返信の書き方をすべきであるものの、何が原因で復職したかも加味しないといけません。さまざまなケースによって異なる返信の書き方について覚えていきましょう。原因にもよる休職から復帰した挨拶メールに対しての返信の書き方は何が休職の原因であったかによって変えてい...

休職期間が終わってこれから職場に復帰するといった場合に、まず年賀状で復職に至ったことを伝えるのがひとつの方法です。絶対に休職後に年賀状を出さないといけないわけではないものの、少なくとも直属の上司などの自分に近い方には出しておいた方がよいかもしれません。どういった書き方をすればよいかについて詳しく解説していきます。お詫びの気持ちが大切休職後の年賀状の書き方はそれほど難しく考える必要はありません。まず...

休職願を提出する際に、封筒に入れるべきか、また誰宛に出すべきかで悩んだことはありませんか。会社を長期間離れる前に、手続きなどのやるべき事をしっかりと終えて休養に集中できる環境を整えていきましょう。休職願を提出する手順会社を長期間休職するときは、休職願または休職届を提出する必要があります。人事部が管轄していることが多いので、問い合わせをしてみましょう。専用のフォーマットなどがない場合は、過去の例など...

休職と有給休暇は似て非なるものです。法的に有給休暇は身体及び精神的に休養するために与えられる休暇のことで、休職は私傷病となるため会社側が給与をお支払いするという対応は必要ありません。となると有給休暇を使う必要があると思うものの、使いたくないのが本音であるはずです。この場合どういった対処方法があるのかを見ていきましょう。各種手続きについて休職中に有給休暇を使いたくない場合、まず確認しておくべきは自社...

不慮の事故や病気や怪我、休職が必要になるパターンは様々です。通常は6ヵ月から、雇用期間によって変わって来るものですが、新卒の場合はどうなるのでしょうか。自分の会社は新卒は休職できないと聞いた、本当かどうか解らないと思います。今回は休職できない状況も含めてご説明していきたいと思います。休職ってどんなものではまず休職とはどういったものなのでしょうか。休職とは労働者が何らかの都合で業務ができない状況にな...

留学のためにバイトを休職したいと考えたことはありませんか。その際、休職することは可能なのか、またどんな手順が必要なのかを理解し、安心して留学ができるように準備を整えましょう。バイトに休職制度はあるか休職とは、会社と雇用関係を継続したまま長期的に仕事を休むことを意味します。正社員とアルバイトに法律上の区別はありませんので、休職を申し出ることは可能です。ただし、会社によって申請可能な理由や期間、手当て...

休職中に会社から電話がきた時にどうするか迷う人もいるでしょう。突然の会社からの電話に慌てないように、電話応対をどうするか準備しておきましょう。また休職中に今後の方針も決めておくと良いです。休職とはどのような制度か休職とは、雇用を継続したまま一定期間の休暇を取れる制度です。休職中も会社に在籍することになりますが、有給休暇とは異なり、給料は支払われない状態となります。しかし雇用関係は続いているため、人...

就職活動のためにバイトを休職するかどうか迷うこともあるでしょう。そもそも休職できるものなのか、またバイトをすることは就職活動にどう影響するのかをまとめてみました。後悔しない学生生活を送るために参考にしてみてください。バイトに休職制度はあるか休職とは、自己都合により長期的に仕事を休むことを意味します。正社員と法律上の区別はありませんので、休職を申し出ることは可能です。ただし、あくまで自己都合とみなさ...

社会人であっても、大学院へ進むことはできます。専門的な知識を得るためにこのような進学の道を考えている社会人は意外と多いのです。一般的には休職するか退職して進学ということになりますが、その場合それぞれにどのような問題があるのでしょう。社会人になった後の進学大学を卒業して社会人となった後、やはりもう一度しっかりと勉強をやり直してみたいと思っている人は少なからずいるものです。社会人でありながら大学院への...

教員はその激務から1週間の勤務時間が通常よりも多いことが殆どです。その為、心身ともに疲弊していまい、中にはうつ病を患ってしまう先生や、精神疾患、過労から休職する教員も少なくありません。教員になって1年目でそのギャップについていけなくなってしまった場合、1年目ならクビにされるか不安もあります。今回は教員の休職についてご説明していきたいと思います。1年目で休職を理由にクビにされるかどうかこの教員の1年...

病気や怪我での休職後、復職の際にはお詫びやお礼も兼ねて、お菓子を持参する事も多いかと思います。会社で特に習慣になっていなかったとしても、自身の気持ちとして渡したい、それでは渡すタイミングはいつ頃が良いのでしょうか。復職の際にお菓子を渡すタイミングについてご説明していきたいと思います。復職初日は菓子折りをもって復職の初日です。どういった環境で仕事をしているかにもよりますが、復職初日の出勤のタイミング...

長い休職期間の後、心身共にしっかりと療養出来、あとは復職するという所まで来ました。自身が空けてしまった仕事の穴をフォローしてくれたスタッフや上司に菓子折りを持参したいと思いますが、その値段の相場というのは一体どの程度なのでしょうか。また、どういった菓子折りが適切なのでしょうか。値段の相場と適した菓子折りについてご説明して行きたいと思います。復職時の菓子折りの値段として適切なのは復職の際に菓子折りを...