贈呈者の反対って何?正しい意味を知ろう

贈呈者とは一体何なのか?この使い方が本当に正しいものなのか教えて欲しいといった口コミがかなり多くみられます。

 

それだけ、普段の生活にも溶け込んでいる贈呈はどんな場面で使うものなのか、贈呈者の反対って何という疑問も多いようです。

 

何か特別な式典などでも贈り物をするときがあります。

 

卒業生から在校生に向けた感謝の気持ちをあらわすために、遊具や書籍などを贈呈するというのはよくあります。

 

そして返答するときの反対語も確認してみましょう。

贈呈者の反対は何なのか?を知りたい人が多いらしい

世間一般にもこの意味を知りたいと思っている人たちが多いようですが、「贈呈者の反対」とは「受贈者」のことを指しています。

 

誰かに品物を贈るときに使う言葉が「贈呈」であり、それを代表して渡す人のことを贈呈者といいます。

 

また、その反対の言葉としては「その品物を受け取る」立場の人を代表して受贈者と言います。

 

贈呈者の反対は、受贈以外にも収受、落手、拝受などの意味もありますがどんな場合でも何か大切なものを受け取る側の意味を持ちます。

贈呈者の反対は受け取る意味

何でもそうですが、誰かにモノを贈るときなどに受け取る人を受贈者といいますし、これが贈呈者の反対の意味を持ちます。

 

とくに公式の場所ということですから卒業式などで用いられます。

 

贈呈者の反対が何なのか考えるまえに進呈という言い方もあるので覚えておいて欲しいものです。

 

こちらはもっと親しい方に向けて贈り物をするときに添える言葉です。

 

贈呈者の反対は、誰かから何かを贈られるということで受贈を用いることが正しい意味合いになります。

 

お祝いなどで何か頂いたときにお返事を差し上げますが、その時には贈呈者の反対の受贈者として、3日以内にはお返事を差し上げるのがある意味重要でもあります。

 

もしも偉い立場の人から何かを頂戴したら、拝領という言い方でお返事することもいいのではないかと意見があります。

 

贈呈者の反対の意味ではありませんが、確かに目上の人に対しての丁寧な言葉ですから、手紙などに書くときには拝領と書いても問題ないようです。

 

贈呈者の反対語は、受贈者という意味を理解できたら今度はその言葉を用いるのではなくて文面にするなどしなければいけません。

 

そこでは贈呈とのしに書くことはありますが受贈者だからというのはさして述べることではありません。

 

そのかわり、丁寧な言葉を用いて受贈者としてのお礼を述べてください。