贈呈用の花束の相場や色

贈呈用の花束はいろいろな場面で利用されています。

 

その場合、相場や色などについてマナーや決まり事はあるのでしょうか。

 

またどのような場面で利用されるのでしょう。

贈呈用花束について

贈呈用の花束を渡す場面はいろいろあります。

 

例えば結婚式での新郎新婦からそれぞれの親に渡すなど、結婚式ではよく行われているのではないでしょうか。

 

また転勤や退職などのときに社内から贈呈する場合もあります。

 

贈呈だけでなく進呈、献上など、どれも人にものを差し上げるといったような意味がありますが、それぞれ微妙に意味は違うのです。

 

特にルールや決め事などはありませんが進呈の場合は軽い気持ちで贈るといったイメージがあり、贈呈の方がしっかりした意味があって贈るというイメージがあるのです。

 

献上となると下の立場が上の立場の人に贈るというものですが、贈呈の場合は理由によってはどちらもあり得ます。

色について

贈呈用の花束に使用する花の色は特に決まりはありません。

 

しかしあまり悲しいときに使用するものではないので、お悔やみのときのような色は避けたいものです。

 

贈呈をするにはそれなりの意味があるので、それによって色を意識するのもいいのではないでしょうか。

 

例えばファッション関係の贈呈用花束なら、流行の色合いのものや、オシャレ感の強い色がおすすめです。

 

また退職場合なら、渡す相手の年齢や性別に合わせて、例えば中高年の男性ならブルー系を中心とした爽やかなものもおすすめです。

 

逆に寿多職の若い女性であれば、ピンクやイエローなど明るい色のものがいいかもしれません。

 

また敬老の日に祖父母に対する贈呈用であれば、ちょっとシックな色合いがいいのではないでしょうか。

相場について

贈呈用の花束の場合、使用する目的によって相場があります。

 

世間的な相場であるか、渡す側の相場であるかはそれぞれとなります。

 

例えば個人的に敬老の日に祖父母に贈呈するなら、渡す側の相場で1000円でも1万円でも問題ありません。

 

逆に退社の贈呈用であれば、例えば100人の職場で1000円の花束というのは相場から行くとアンバランスとなります。

 

このように贈呈用花束の相場は有って無いようなものですが、バランスが大切でもあると言えそうです。

 

贈呈用の花束の場合は、やはり渡す側のお祝いや感謝、ねぎらいなどの気持ちがあり、もらう方はとても嬉しいものなので、色や相場も頭に入れて考えるべきではないでしょうか。